中尾輝投手

久々に中尾投手のネタでも

C73A4354
EOS 7DmarkⅡ×EF 300mmf2.8Ⅱ
プロ入りしてから投げているところをいまだに一度も見れてないのですが、今年はキャンプで離脱してしまったみたいですね。しっかり完治させて、また1軍でバリバリ投げて欲しいですね。

 



投球における『キレ』について

ここ1、2年の中で目撃した"快投"と呼べるようなピッチングに共通しているポイントとして「ファールフライで仕留めるシーンがやたらと多かった事」が挙げられるのですか、これについて調べたところ、ストレートが好調であればあるほどファールでカウントを稼ぎやすく、中でもバックネット裏や逆方向のベース付近(右打者なら一塁ファールフライ、左打者なら三塁)へのファールフライで打ち取れている状況というのは絶好調の証だそうです。そういった類のファールというのはバットが球の下を叩いている為に発生するそうで、打者の予想以上に球が『キレ』ているからこその現象だと言えます。アマ球界の好投手を語るに当たって球速面ばかりが取りざたされていますが、『キレ』への着目こそが実戦力への評価に繋がるような気がします。

中尾輝投手(名古屋経済大学→ヤクルトスワローズ)の愛知東邦大学戦(2016年9月10日)、木原大地投手(東海学園大学)
の愛知産業大学戦(2017年6月4日)でのピッチングが正にそんな感じのものでした。

732A0036

732A4015

プロ志望届提出選手(愛知大学野球連盟)

C73A9824
中尾輝投手(名古屋経済大学)
MAX151km/h。いまだ底を見せない本格派左腕。コーナーワーク主体ですがカーブ、スプリット系の習得にも意欲的に取り組む。
先発としては二桁勝利、セットアッパーとしては勝利の方程式入りが見込める大物。 

732A9400
眞野聖也投手(名古屋経済大学)
溜めのあるモーションから角度のあるストレートと曲がり落ちるスライダーを繰り出す本格派。


732A9592
小林弘郁投手(愛知東邦大学)
抑えの効いた快速球をコーナーに投げ分けるサウスポー。
メンタル面の振れ方に課題を残すも好調時は攻撃的なテンポで相手打線を自分の土俵に引きずり上げる。

C73A7577
近藤凌太投手(愛知工業大学)
縦回転のカーブを操る武田翔太に瓜二つの本格派右腕。
球のパワー、スピードは名経大・中尾投手と肩を並べる。MAX150km/h。 


732A4980
田中優佑投手(名古屋商科大学)
ムチのようにしなる長いリーチから繰り出す快速球で三振を奪う本格派右腕。
縦振りの長所を生かした逆クロスへの制球力が高く、右打者のインコース胸元を突く。
独立リーグ入りという事なら安江嘉純(愛知学泉大→金沢ミリオンスターズ)クラスの活躍も見込める存在。


732A2297
西川拓馬投手(愛知大学)
大府高校時代からプロにマークされていた本格派寄りの右腕。
 

732A0061
安藤優作外野手(愛知大学)
追い込まれてからのノーステップ打法を取り入れる等、意欲的な打撃スタイルに取り組むスラッガー。
今季リーグ戦では盗塁王争いに加わり俊足ぶりをアピール。
 

732A0004
中島佑斗投手(愛知学泉大学)
筒香嘉智を意識した打撃スタイルの見極め系スラッガー。上の世界では投手に再転向という噂。

独立リーグ(BCリーグ)入り有力。 

732A9990
伊藤弘夢外野手(愛知学泉大学)
昨秋の3部リーグ優勝決定戦では試合を決めるスリーランをかっ飛ばし、号泣しながらダイヤモンドを一周した姿が印象的でした。
今季の愛知大学戦(二戦目)では3打点をマークし勝利に貢献。横浜高校出身。

732A8724
山口隆投手(東海学園大学)
僚友、竹中大智と共に二枚看板を形成していた事もある技巧派サイドスロー。独立リーグ志望。

C73A9965
大藏彰人投手(愛知学院大学)
困難を乗り越えて今秋復活。全国大会での登板経験もある長身右腕。
打者の胸元へ緩い変化球を果敢に投げ込む度胸満点の投球を見せることも。

後藤庸輔投手(名古屋経済大)の登板試合も観戦した事があるのですが不覚にも写真を撮り忘れていました。独立リーグ(BCリーグ)志望との事です。

ラストインパクト

C73A2013

C73A2005

C73A1814

中尾輝投手の大学最終先発登板試合が終わりました。
8回を投げて3失点を喫しましたが奪った三振は12(11だったかも)を数え、
詰めかけたNPBスカウト陣に対するアピールとしては申し分のない内容だったと言える気がします。
今季は12球団全てのスカウトが視察に訪れましたが、果たして何処の球団から指名される事になるのでしょうか?
春季に課題とされていたスタミナ、クイックモーションのスピード等を短期間で克服して見せる等、
結果にムラこそありましたが、充実の大学最終シーズンになったのではないでしょうか。
上の世界に進んでも、その歩みを止めず成長し続けていけるのではないかという気がします。
運命のドラフト会議まであと数日となりましたが個人的な見解としましてはドラフト2位の可能性も充分あり得ると思っています。

同朋大戦(9/17)

732A0658

732A0685

732A0569

732A0723

732A0623

ピッチャーマウンドから視界に入る位置にNPBスカウトが10数人立ち並ぶという、まるで圧迫面接かのような試合となった前節で過去最高レベルのピッチングを見せた中尾投手。
今節は同朋大との対戦になりましたが先週に続いて10人前後のNPBスカウトが視察、ソフトバンク・ロッテ・楽天その他数球団が試合会場に訪れていました。

正攻法では打ち崩せないと踏んだのか同朋大打線が序盤から執拗にセーフティバントを仕掛け来た為、
異質な感じの展開になってしまい、見ていても集中力を保つのが厳しい感じの試合になりました。
結果としては1失点完投勝利、グラウンド整備終了後辺りからギアが上がり体感140km/h後半のスピードが出ていそうな球を連発し試合の中盤から終盤にかけて三振を量産しました。
今季はコーナーワークで押し切るだけでは無く、追い込んでからスプリット(フォーク?)で三振を奪うシーンもチラホラ見るような気がします。
目線を上げる緩い球でファーストストライクを取って、落ちる球で仕留めるといった感じのピッチングスタイルが確立できるようになると今以上に幅のある投球ができるのかな、という感じがします。
あとは春季に比べてスタミナがついて馬力も上がった印象を受けるのですが、馬力がついたせいか与四球数も若干増えてきたところがあります(と言っても一試合に2、3ぐらいですが)。

秋季リーグも残すところ5試合となり先発投手として投球する姿が見れるのもあとわずかとなりました。
実際、プロ側からどのぐらいの評価を得ているのか未だに詳細が出てきませんが、
絶対値で言えば名古屋大時代の七原優介投手と五分かそれ以上というレベルまで来ている気がします。
あとは相対的に見てどのぐらいの位置づけなのかというところでしょう。
色々勝手な事を言いましたがドラフトどうのは抜きにしてあと2回の先発登板を楽しみにしたいですね。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード