久保田淳希投手

プロスペクト(後編)


前回の記事→プロスペクト(前編)

前回は一塁側からのアングルでしたが今回はネット裏からのアングルです。
(1年生当時のフォームなので今とは少し変わっているかも知れません)

連続写真ではありません。フェーズ毎のカットを出来るだけ集めました。
今回は写真一枚ごとにフォームのポイントを羅列してみました。

732A5004
【右膝が胸まで上がる】
【重心移動を強くする動き(右の骨盤の割り)】

732A5010
【グラブから早めに左腕を抜く(ハンズセパレーション)】
【軸足の膝が曲がり始める】

732A5011
【右手の小指を上に向けて肩の開きを抑える】
【体でボールを隠す】
【ヒップファースト&パワーポジション】


732A5016
【骨盤が後傾する 】
【右脚を回しながらステップ】

732A4997
【軸足(左脚)の膝が内へ入り始める(内旋)】

732A5012
【右肘を肩の位置まで上げる】

732A5017
【両側肩甲骨が閉じられ始める(内転)】
【体側に沿ってボールが移動する】
【骨盤が前傾する】
【軸足が伸びる(伸展)】


732A4998
【トップ(左腕が頭の裏に収まる)】
【胸が張られる】
【右足の踵から着地】

732A5013
【右の肩甲骨を閉じる動き(内転)で上体を引き込む】
【左肘が鋭角の形で振られる(外旋)(回外)】 
【接地した右脚が右の股関節へ押し戻される】


732A5006
【右の股関節がやや屈曲している】
【右足の母指球に体重が乗っていない】

732A4993
【左腕が緩やかな弧を描いてリリース】
【骨盤が捕手方向へ正対する】
【左膝は地面に接地していない】


732A5005
【左手の掌が一塁方向へ向くフィニッシュ】
【グラブが右胸辺りで保持される】

732A4999
【グラブが後方へ流れない】
【右脚と臀部による下半身の起こし上げ】

732A5014
【右足の踵に重心が残る】
【軸足が上がらず重心が後ろに残っている】

732A5009
【グラブを胸の位置でキープし左腕が最後まで走る】
【捕手方向へ背中を見せる】


前回から色々書きましたが、

強烈な軸足伸展、
低く沈み込む重心、
ボールの出所が見にくい、
胸の張りを使って体幹から回すリリース
この辺りが要点となる投球フォームです。
バックスイングやアームアングルは異なりますが
西武ライオンズの齊藤大将投手に近いタイプでしょうか。

体を縦に使う動きが無く、上半身下半身共に横に回転しています。
横から入る球の角度を生かす事が生命線になる投手だと思われます。
縦に狭く体を使えない分、フォームの再現性が鍵になりそうです。
現状ではゾーンの左右高低を上手く使って散らせており、
右打者を苦にしません。大学卒業後の活躍にも期待が持てる存在です。


 



プロスペクト(前編)



2019年の愛知大学野球連盟はドラフト的観点から言うと不作です。投手でプロを意識できるのは、この久保田淳希投手(同朋大学)ぐらいだと思われます。 1年生の春季シーズンからいきなりエース格として起用されましたが、この時に見たストレートが衝撃と言えるような代物で、打者が全くタイミングを取れずに抑え込まれるシーンも有りました。 「これは恐らくドラフト候補まで行くだろう」と思わせられる程のピッチングでしたが、概ね順調な成長曲線を描いてきているように感じます。 フォームについての考察は昨年の春にもしておりますが、今回は1年生当時のお蔵出し写真を使って再度、考察させていただきたいと思います。最後に久保田投手のピッチングを見た3年生の春季シーズンと1年生当時とで投げ方が大きく変わったという印象は有りませんが、あくまでも2年以上前のフォームで有る事をご了承ください。

一塁側からのアングル (同一投球内における連続写真です)
732A4963

732A4964

732A4965

732A4966

732A4967

732A4968

732A4969

以下、他の投球動作からの補足カット

トップ期
732A5136

最大加速期
732A5170

732A5103

リリース期
732A5144

以下、フォームについての考察

ワインドアップ
→目線を外して力みを抑え、骨盤を割って右脚を二塁方向へ入れています。これによってサイドステップする際の加速を産みだす事が出来ます。膝の上りも高くベストな形です。又、早めのハンズセパレーションによって忙しくならないタイミングで左腕を脱力させています。

ヒップファースト期
→軸足の膝を早目に折り、臀部の突っ込みが浅い形のヒップファーストです。ボールに縦の角度が付かなくなる事や頭の突っ込みが早まる事が懸念されます。

サイドステップ
→伸ばし切った右脚で半円を描くようにステップして行きます。動作の円運動が大きくなり、マウンドプレートから捕手方向へ向けての動きが横に狭くとなりにくい為、コーナーワークのまとまり等に影響が出る可能性が有ります。上体の動きとしてはグローブの小指を概ね上に向けながら右腕を突き出す事で右肩の開きを遅らせています。この際に下半身では骨盤を後傾(尻を落とす動き)させつつ、軸足の外旋をキープして重心移動へ向けてのエネルギーを溜めています。

ランディング
→軸足を鋭く内旋させながら、右脚を外旋させて(ガニ股気味の動き)踵から着地へ入ろうとしています。テイクバックは外転した後に外旋するような動きでトップへと向かいます。左腕は肩と水平の位置まで上がり、遅れているようには見えません。右肘を肩の位置で突き出し、正面へ向く為の準備に入ります。

トップ期
→左右の肩甲骨を内転(内へ寄せる動き)させており胸が張れています。上半身を正面へ向ける為の動きとして右腕を縦に下ろして行きます。下半身の動きとしては、ストライドの角度を深く取り、軸足を長く強く伸展させる事で骨盤が回転します。左足の甲ではマウンドを深く捉えられており、足首周辺の柔軟性はかなり高いように思われます。

最大加速期
→ランディング期~トップ期にかけて縦へ下ろした右腕は胸の位置で止めています。外旋に入った左腕の小指が上に向いておらず最大外旋角の深さがやや甘くなっている印象を受けます(球種的にそうなっているのかも知れませんが)。下半身が沈み込むフォームという事も有り、右の股関節が潰れ気味になり、接地した際の反力を骨盤へ伝える動作はやや不十分かもしれません。

リリース期
→左の脛がマウンドに接地している為、三か所伸展の形(足首から股関節までの伸展が使ている形)が作れていませんが、リリースポイントから左膝までに斜めの傾斜が作れており軸足伸展による力をリリースへ伝えられていると思われます。トップ期で形成した胸の張りによって上体の体幹を上手く回せているように見えます。

フィニッシュ期
→重心の低いフォームなので右脚のアクセル筋(ハムストリングスと臀部)による起こし上げが甘く、軸足が高く上がっていません。これは地方の大学生投手にほぼ共通している動きなのですが、練習場の環境や試合会場の環境的に(マウンド傾斜が緩く掘りやすい)深く沈み込まないと球を低めへ集められないという事情が有るのだと思われます。

一塁側のアングルから見た総評
→全体の動きとしては横回転フォームに分類され、横の角度を生かした投球を見せるタイプではないでしょうか。鍛え上げられた下半身と胸を使う上半身に強みの有る投手だと言えます。実際の投球スタイルとしては実戦派でして、勢いでねじ伏せるというよりはコントロールとピッチングワークを駆使して打者を抑えています。右打者に対する組み立て方が特に秀逸で「食い込むスライダー」で内を意識させた後に外角低めに威力の有るストレートを突き刺して来ます。新シーズンからは大学最終年度という事も有り、色々な意味で気合を入れて来るはずです。かつての中尾輝投手(名古屋経済大学→ヤクルトスワローズ)、井村勇介投手(至学館大学→ホンダ鈴鹿)のような存在となってチームを躍進させるような活躍を見せてくれる事に期待したいです。

 



メカニクス分析~久保田淳希投手編(同朋大学)

最終週の天王山を制すればプレーオフ進出となる同朋大。その躍進の立役者となっているのが久保田淳希投手です。
現時点でシーズン4勝、防御率と奪三振数もトップと2部リーグ屈指の好投手に成長しました。

C73A5469
①片足支持の段階。右膝が胸まで上がるベストな形です。
右膝がセンター方向へ向いており、並進移動へ向けての反力を蓄えています。
下半身のエネルギーは左側の臀部とハムストリングスに溜まっている状態です。

C73A5471
②早めのハンズセパレーション(グラブからの手離れ)です。トップを早く作る為にも大事な意識です。

C73A5463
③ヒップファーストから並進移動に入る段階です。
それほど深く捕手方向へ切り込んでおらず軸を傾けないタイプです。
下半身のエネルギーは軸足の内転筋へ移ります。

C73A5464
④踏み出し側の脚を"くの字"で折らず、一塁方向へ回しながら並進移動しているように見えます。

C73A5890
股関節を大きく使った並進移動ですが、それと同時に肩甲骨も大きく外転させています。
大きい部位の関節をフルに使う事に関してはクレイトン・カーショウ投手(ロサンゼルスドジャース) に匹敵してますね。

C73A5485
⑥外転を大きく使う投手は二塁方向から起こし上げるようにトップに入るタイプが多いのですが(岩瀬仁紀投手等)、
久保田投手はここから外旋の動きを入れているように見えます。
外旋の動きを入れた方が腕のしなりを生かせるそうで、メンコトレーニングというものもあるそうです。

C73A5486
⑦トップの段階です。下半身のエネルギーが右脚の大腿部へ移りました。
右脚内転筋を内旋させていませんがストライド幅を広く取る事で軸足側に重心を残せているように見えます。

C73A5589
⑧右脚の接地が引き金となり上体が最大加速期に入ります。深めの加速期に位置しているのではないでしょうか。
左膝が深く折れておらず球に力が乗りやすい状態だと思います。


C73A5365
⑨リリースの段階です。下肢三大関節の向きが概ね一致し(膝が割れ気味に見えますが)、
中心軸が深く倒れているという事もありません。グラブにより上体の横への広がりも押さえられていると思います。
これよりも横運動が強くなると軸が倒れて左右の制球が乱れてしまうかもしれません。

C73A5611
⑩フィニッシュの段階です。右ハムストリングスの起こし上げが甘く、左脚が後ろに残っています。
右脚に上体が乗ってくるようだと更に球威が増すのかもしれません。上体の倒し込みに関してはgoodだと思います。


 まとめ 柔軟性とパワーを両立させている投球メカニクスだと思います。並進移動時に右脚を一塁方向へ回しながら踏み込むので右脚大腿部の内旋は使えていません。これが要因となって右肩の開きに繋がる恐れがありますが、胸椎の張りを強く使う事で開きを押さえようとしているように見えます。又、胸椎の張りと広いストライド幅によって二段階の間が設けられ、それによって打者のタイミングを外すような効果が発生しているのかもしれません。並進移動時に上下の叩き幅を取り入れていない為、縦の角度は産み出しにくいメカニクスだと思われますが左腕という事もあり、それほど問題は無いと思われます。フィニッシュで左脚が一塁側後方へ残る事のみが課題になりますでしょうか。同朋大を1部に導いて愛知を代表するような投手へと成長して頂きたいですね。


激戦2部

土日月のゴールデンウィーク序盤3連戦が終わり、2部リーグが混沌としてきました。



という感じで最終カードを残す事になりましたが、これは次の土日で決まらず順位決定戦までもつれるんじゃないですかねぇ。
Aリーグでいう星城大、Bリーグでいう至学館大は1位通過の可能性が無いチームとの対戦なので一見有利に見えますが、こういうカードこそ上位が下位に食われがちなんですよね。



井村勇介投手(至学館大)が145km/hをマークしたという噂。高校時代は制球タイプの変化球投手だったのに大学で化けましたね。
ピッチングワークに長けた実戦派でこのスピード能力なので更にMAXを更新するようだといよいよドラフト戦線に名前が浮上してきそうです。



最近、日本福祉大についてほとんど書いてない気がしますが、鷹羽、千代、八幡の4年生投手は全員140km/h超で、中でもエース格の鷹羽投手は今季3勝を挙げる活躍を見せております。
左打者への内角攻めが見事で常時140km台を誇るストレートで空振りを取れるのが魅力です。

西川省吾投手前元良太投手に続く事が出来ますでしょうか?

3S9A1098

躍進

3S9A0773

何の気無しにこんな記事を書いたのですが、本当に同朋大が躍進し現在リーグ戦2位の位置につけています。 今日の試合に勝っていれば同率1位をキープしたまま最終戦に入れたのですが残念ながら9回表に逆転されて敗戦。 久保田投手も今季で一番ストレートが走っていたように見えましたがプレーオフ進出の壁なのか最後は自滅した形で大量失点を喫してしまいました。 しかしながら、勝ちきる事の出来る先発投手が二人同時に台頭してきた効果は絶大で今はチーム全体が活気づいているように見えます。 久保田、山谷の二枚看板はまだ2年生なので、この先が楽しみですね。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ