初祖晋太郎

スピネーション

先日の続きです。


今年の大学4年生は進路面ではかなり不利な状況なので、今年に限っては良い事だけを書いていきたいと思います。


ここ最近、中日がドラフトで指名している投手の傾向として、肘のスピネーション(回外)を使えている投手が多いのですよね。
憶測の域を抜けてていませんが、スカウティングにおけるポイントのような気がします。

732A9740

732A9832

3S9A0631

3S9A0749

Print
出典:EPOCH ONE

01171323_5e2136d2dfbcd
途中からめんどくさくなってきたので、このぐらいにしておきますけど小笠原慎之介投手も加速期で肘角度が鋭角なんですよね。 

「プロに行く投手は皆そうなんじゃないの?」と思われそうですが、そんなことも無いと思います。 

佐々木朗希投手、奥川恭伸投手、西純矢投手は加速期での肘角度が直角気味ですし、
東克樹投手なんかもそのタイプです。 

「肘を柔らかく使えている」と言われたりもしますけど、投球動作は体を螺旋に使う事が大事で、
その絞りと解き(ほどき)によってボールを投げられた方が色々と有利と見る場合もあるので、
そういう観点から、中日のスカウト陣が重視しているのかもしれませんね。

ここで肘が絞れていた方が、腕が外回りせず、
肩肘への負担を低減する事も出来るし、回転軸も縦寄りになりやすいと思われます。
「開き」の観点からしても利点が多いと思います。

3S9A3572

3S9A3537

3S9A3553

そういう意味では、初祖晋太郎投手(中京大学 4年)は中日向きの素材かもしれません。
(※握りを見ればわかると思いますが、同一の投球動作内での連続写真ではありません)

実際にネット裏から撮影していてもリリースの瞬間を撮るのがかなり難しいですし、
本塁方向に掌が向いている時間はかなり短いのじゃないかと思われます。

肘(というより前腕)の使い方については、以下の本に詳しく載っています。
巻末に練習メニューも掲載されていますよ(おすすめです)。




独断と偏見で選ぶ愛知のイケメンプレイヤー三傑(大学生)


732A0198

3S9A3572
初祖晋太郎投手(中京大中京→中京大学 4年)

同じ中京大中京高校出身の粕谷太基投手、上野翔太郎投手(現三菱日立パワーシステムズ)、沢井廉選手らを思い起こしてみても「中京大中京顔」って確実にあると思うんです。初祖投手もそこに含まれる一人ではないでしょうか。私学四強の中でも中京大中京の選手だけは毛色が違う感じってしません?("裕福な家庭で育って来ました""もっと偏差値高いけど野球の為に中京を選びました"みたいなエピソードが顔に書いてありそうな感じと言うか)そんな初祖投手には「ミスター中京2020※大学の部」の称号を進呈したいと思います。そして大学ラストシーズンではキャリアハイの投球を見せて欲しいです。

732A9878

732A9752
佐藤良明投手(享栄→愛知学院大学 3年) 

これまた愛知学院大学にも「愛知学院顔」っていうのが存在していると思うのですが、佐藤投手は正しくそこに含まれるような選手と言えるような気がします。「愛知学院顔」の特徴は"野球をやってる割りに色が白い""薄顔"の二点になるのですが、顔だけではなく"脚のラインがスマート"というのも重要なポイントです。源田壮亮選手(現西武ライオンズ)、渡邊裕紀投手(2016年度のエース)、宝島史貴内野手(現王子製紙) 、高木俊希選手等によってその印象が受け継がれてきたのですが、佐藤投手はこれらのポイントを高水準でクリアしており、愛知学院大学硬式野球部の伝統と栄誉を背負って立てるような存在と言えるでしょう。入学以降、チームの降格危機を幾度となく救っており、ルックスだけではなく実力面でも太鼓判を押せるような選手です。

3S9A3798

3S9A5936
立石蓮内野手(九州国際大付属→日本福祉大学 4年) 

アイラインを引いているのかと思うぐらい目元の印象が強く、顔立ちからも"九州男児"としての風格が感じられるような選手です。入学直後から試合に起用されている実力派なのですが、一塁手であるにも関わらずトップバッターを務めるという変わり種としての一面も持ち合わせております。打球を捉えた時に口が大きく開いてしまうという特殊な癖を持っているのは、ここだけの話。ちなみに「日福大顔」とい言えるような共通する特徴は存在していないと思うのですが(俺調べ)。知る人ぞ知るOB・葛西優宏選手(軟式社会人の小林クリエイトでプレー中※変態的な守備力の捕手です)は何気に浅尾拓也さん(日福大のレジェンド)に似てるような気がします。





RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード