名古屋商科大学

BCリーグに行く人達

3S9A9770
武田康平投手(至学館大学→富山GRNサンダーバーズ)
大学の四年間を愛知の2部リーグで過ごしたが、その能力は高く愛知学院大学との間で行われた入れ替え戦(2018年春)では好投を見せた。同一打席内で二度空振りが取れる程に絶対的な変化球を習得しており(恐らくフォークボール)、クローザー的な役割で光りそうな投手。ちなみに至学館高校時代には県大会(夏)で森博人(豊川高校→日本体育大学)と投げ合った経験を持つ。

3S9A9840
後藤大葵内野手(名古屋商科大学→富山GRNサンダーバーズ)
内野のポジションを複数こなせる器用な選手。大学野球では比較的早い時期から台頭し、毎シーズンのように安定した成績を残した。捕手方向にヘッド倒してからトップに入るような、高橋周平(中日ドラゴンズ)に近い打ち方をしている事が有る。打率も残すが本塁打も打てるという中距離タイプの打者。

3S9A4811
吉村真一投手(愛知工業大学→群馬ダイヤモンドペガサス)
大学野球では中継ぎとして重用された投手。技巧派のような投球フォームの割に140km/h級のストレートを投げられるサイドハンド。全日本大学野球選手権でも登板を果たした。愛知工業大から群馬ダイヤモンドペガサスに進むのは大堀泰世選手に続いて二人目(のはず)。




2019広島東洋カープ指名選手

3S9A2124
ドラフト1位 森下暢仁投手(明治大学) ★★★★
明治大学が輩出した投手としては川上憲伸以来の大物。
身体操作性の高さを感じさせる投球フォームと野茂英雄クラスの柔軟性を兼ね備えた本格派右腕。


3S9A0958
ドラフト2位 宇草孔基外野手(法政大学)★★☆☆☆
大学4年の春季シーズンでは4HRをマーク。俊足を生かして内野安打を量産するリードオフマン。
走り打ち気味という事もあり外角を強く叩けないが、引っ張り込めた時は柵越えをさせるパワーを兼備。
足を生かすか、強く叩くのかで将来像が分かれる。

3S9A0530
育成ドラフト3位 畝章真投手(香川オリーブガイナーズ※写真は名古屋商科大学時代) ★☆☆☆
上から叩けるサイドハンドで右打者の内角に変化球が使えるのは強み。
明確な特徴を生かして居場所を作りたい。







名古屋商科大学のユニフォームが元に戻りました

3S9A4758

写真の画質テストも兼ねた投稿。
名商大のユニフォームが2015年まで使用されていたデザインに戻りました。

ライブドアブログの画像フォルダからアップロードしてみたんですけど、
やっぱりスマホから見ると画質悪いですね。これではキツイな…




新人戦より

732A0261

732A0498

732A0660

732A0267
名古屋商科大学の1年生と2年生です。

 


今秋のインパクト

3S9A7455

3S9A5172

この秋に撮影できたインパクトシーンは二枚のみですね…(笑) 以前ほど真剣に撮影していないとはいえ撮影技量の劣化は隠し切れませんね。

番外編では安田悠馬選手(愛知大学)のバットが粉砕するシーンが撮れました。

3S9A7824


 

RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード