名古屋経済大学

信頼の宮崎日大ブランド

3S9A7339

3S9A7340

3S9A7352

3S9A7355

3S9A7356

3S9A7357

3S9A7359

中尾輝投手(現ヤクルトスワローズ)らの活躍で2部リーグの上位戦線を賑やかしてから早3年数か月が経ちました。中尾投手が卒業した翌シーズンからチームは低迷し、3部リーグに二度降格しています(現在3部リーグ所属です)。その間も素質のある選手はたくさん居て、人材的にはけして悪くは無かったのですが年々チームに活気が無くなってきています。

先日記事にした木原修選手だけで無く、中尾投手とも一緒にプレーした木原真、益留凡侑、薗田篤弘、吉野 祥平らの宮崎日大勢はいずれも特徴的な強みを持っていて1部リーグでも活躍出来るレベルの選手に見えました。

そういう訳で、宮崎日大を経由した名経大の選手は軒並み活躍しているのですが、昨年から名経大に進学した益留未来投手もその一人です。

2部残留を賭けた、名古屋大学との入れ替え戦(昨秋)では二戦目と三戦目に登板。二戦目は先発完投勝利、三戦目は反撃ムードを作る好リリーフを見せました。益留投手の存在が無ければ二連敗という結果で3部に降格していたと思われるだけに一年生にして大黒柱の役割を果たしていたと言えます。

168cm、66kgと小柄な体格で、前に誘うような球で凡打を築く技巧派タイプです。柔軟性の高さを感じさせる投球フォームですが末端部(腕、脚)を主導として使っているように見えるので、そこが気がかりです。スケール感に欠ける体格であっても体幹部を主導とした投球が実現出来ればピッチングの幅も広がるような気がします。

未確認ですけど、益留凡侑くんの弟ですよね?

3S9A7347
なぜかグローブが千賀モデル


木原修内野手(名古屋経済大学)

3S9A7263

3S9A7265
木原修内野手(一、三塁手) 175cm83kg 右投右打 宮崎日大高校

昨秋は2部リーグで5本塁打(10試合)をマーク。1部リーグの選手を含めても愛知では指折りの長距離砲だと思います。入学当初から中軸で起用され、実兄である木原真選手と共に名経打線を牽引して来ました。自身が入学して以降、チームは低迷気味ですが、リーグ戦、ポストシーズン戦問わず、孤高の勝負強さを見せてくれています。

3S9A6957

3S9A6958

3S9A6954

軸脚(右脚)の股間に深く皺が入っていますし(尻のとハムストリングスを使えている証拠です)、着地→トップのフェーズでも左肩甲骨が外転しています(左腕が伸びています)。下半身が投手方向へ進んでも上半身は後ろに残っているので手元まで呼び込めますし、伸びた引手(左腕)の反動を使えるので本塁打を量産出来るのだと思います。

引っ張り込むだけで無く、右方向へもライナー性の打球でスタンドインさせられる生粋のスラッガーです。飛距離の方も充分でパロマ瑞穂球場でも本塁打を記録しています。

今季は3部リーグでのプレーになるので、「えげつない」数字を残すのかもしれません。

3S9A3037





明日から入れ替え戦

732A9710
福本勁信外野手(4年 北陸)

3S9A6214
濱元大希(4年 豊川)

今年の入れ替え戦は1部6位校の愛知学院大学と2部優勝校の愛知産業大学とで争われます。2015年秋季シーズンと同じ対戦カードになりました。
前回の対戦では当時1年生だった黒野諒太郎選手が右中間に満塁ホームランを打ったりしましたね。


732A5758
その満塁弾のスイングです

732A5763

当たるかどうかはともかくとして、予想ぐらいは立てられるのが例年の入れ替え戦なのですが今回は本当にわかりません。

※ちなみに最近の予想結果は

15年秋 愛産大昇格と予想→的中
16年春 どういう予想をしたか覚えていません
16年秋 愛知大昇格と予想→的中
17年春 東海学園大昇格と予想→的中
17年秋 どういう予想をしたか覚えていません
18年春 至学館大昇格と予想→不適中
18年秋 愛工大昇格と予想→的中

という感じで記憶を書き換えてなければ結構当たっています。


両校のキーマンを挙げるとすると、愛知学院大学→福本勁信選手、愛知産業大学→濱元大希選手になります。共に今季から主将を務める4年生選手です。リードオフマンタイプの福本選手は出塁率が高く、塁に出たら高確率で生還して来ます。昨春の入れ替え戦でも存在感を示しており、今回の入れ替え戦でも愛産大バッテリーを苦しめるのではないでしょうか。課題のプルヒッティングも克服している感が有り抑え込むのは容易ではありません。一方の濱元選手は体格が示している通りホームランを打てる強打者です。1部リーグ在籍時(2017年春季)にはシーズン6HRをマークしており、先日のプレーオフ(日福大戦)でも三試合連続でタイムリーヒットを放っております(1HR含む)。打撃だけでは無く、精神面においても「チームを引っ張ろう」という意気込みが感じられます。入れ替え戦に掛ける思いの強さは人一倍ではないでしょうか。

他にも注目選手は居ますがキリが無いのであと一人だけ挙げるとすると愛知学院大学の佐藤良明投手です。昨春の入れ替え戦では"負ければ2部降格"という重圧のかかる試合で完封勝利を挙げ、チームの残留に大きく貢献しました(当時1年生)。今シーズンの開幕カードでは中京大からも白星を挙げており、今後の愛知学院大を引っ張って行く存在だと思います。


ちなみに2部と3部の入れ替え戦は名古屋経済大学と名古屋大学との間で争われます。名古屋大学は松田亘哲投手が好調という事なので、この大一番でどのような投球を見せてくれるのか楽しみにしたいです。




久々に中尾投手のネタでも

C73A4354
EOS 7DmarkⅡ×EF 300mmf2.8Ⅱ
プロ入りしてから投げているところをいまだに一度も見れてないのですが、今年はキャンプで離脱してしまったみたいですね。しっかり完治させて、また1軍でバリバリ投げて欲しいですね。

 



あなたは、うで体? あし体? 3秒で体がわかる、人生が変わる

※2020年5月16日に加筆しました。 

この記事は中身が無さ過ぎるので、noteの方に「鴻江理論」についての解釈を書いてみる事にしました。 第一回はこの記事です。



--------------------------------



732A9392

眞野投手(名古屋経済大学→ゴールドジム)は恐らく「あし体」ですよね。
右股関節の内旋→外旋を主導として骨盤を回すタイプが「うで体」、その逆の「あし体」とで分類される体の使い方だと思います。
眞野投手は左脚の「くの字ステップ」を使うタイプなので左の股関節の方が動かしやすいという事では。

フォアザチーム

3S9A1119
昨秋よりエース格に抜擢された1年生右腕・浅井大輔投手(新城東作手高校卒)
マウンドに立たない時は守備から戻る仲間を先頭で出迎え、3部降格が決まった直後は誰よりも責任を感じていました。

3S9A0847

3S9A1223

3S9A1231



ここ最近の傾向なのか、チームの中心選手が率先してモチベーターを買って出るシーンをちょくちょく見るようになりました。
宮城竹千代投手(朝日大)がその第一人者に挙がりますが、一昨年の愛知学院大で主戦格を務めた渡邊裕紀投手(エディオン)も献身的にチームをまとめ上げていました。
こういうマインドを持った若い世代が増えていくようだと世の中も少しは良くなるのかもしれませんね。


3S9A0038

3S9A0041

3S9A0166
180cm76kgの体格を生かした球の角度で押していく投手です。
メカニクス内における特徴的な個所はグラブを突き出した後の左腕の使い方で、左肘を高く上げる事で体軸に右肩下がりの傾斜を作っています。
その状態から左肘を真下に振り下ろす事で縦の反発力を産み出し、球に角度を付けています。(中日ドラゴンズの伊藤準規投手もこれと同じメカニクスを採用しています)
胸部の張りが上手く使えているのも強みの一つです。

3S9A0293
「任された以上は最後まで自分が投げ抜く」という強い気持ちを持って試合に臨んでいるタイプでもあります。絶対的なエースになってチームを牽引して行って欲しいですね。

名経大の城島健司

732A0321
Twitter上で6000RT、20000ファボを叩き出し、大学球界屈指のキラーコンテンツプレーヤーと化した薗田篤弘捕手(名古屋経済大)



実際に薗田捕手の二塁送球(盗塁阻止シーン)を見たことがあるのですが、けして悪くないタイミングでスタートを切ったランナーを二塁ベース手前で楽々刺してしまうという驚愕レベルの代物でした。 肩だけで無くキャッチングの能力も高いそうで、名経大時代の中尾輝投手が封印していた"直角に曲がり落ちる高速スライダー"も捕球出来ていたそうです。 昨秋はリード面での信頼を得られずに公式戦で起用される事が減りましたが(特にリードが悪いとは思えないんですけどね)、再び正捕手の座に返り咲く日が来る事に期待しております。(※ちなみに2年生にして既に主将に任命されており、期待されているのか、そうでないのかがさっぱりわからない状況です) 名経大は新シーズンから3部リーグへ降格になってしまいましたので、この鉄砲肩を直で拝みたい方は3部の試合会場へ足をお運びくださいませ。

3S9A0631

RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード