名城大学

天王山①

3S9A9397

3S9A9407

3S9A9839

5月19日の直接対決は引き分けという事になりました。


先発した栗林投手は延長10回を投げ被安打8、失点5、奪三振9という内容のピッチングでした。
序盤に浴びた3ランは強風に流されてのものだったので然程気にすることも無いと思いますが、
延長10回裏に無死から連打を浴びて失点した事は今後の課題と言えるのかも知れません。
味方から2点の援護を貰った後だったので手痛い失点だったと言えます。

最終学年に入ってからの栗林投手は実戦派へとシフトした印象が強いのですが、
投球メカニクス的にも進化を遂げた印象が有ります。
以前にも書いたように縦の角度が付くリリース角になっているように見えますが、
それに伴って並進からの回転が速くなったような気がします。


リリースの瞬間を撮影しようとすると、このカット↓ばかりが撮れてしまうんですよね。

3S9A6999

上体が横に広がらなくなったことで回転軸のスピードが上がったのだと思われます。
昨年度よりも平均球速が下がっているのに集中打を浴びなくなった理由の一つかもしれません。

それに加えて重心移動が上手くなったような気がします。
以前はフォロースルーで軸足が三塁方向へ落ちて左脚に上体が乗っかっていない印象があったのですが、
今季は軸足が大きく跳ね上がってスパイクの裏がしっかり天を向いています。

まだ力勝負を挑むと開きの大きい横振りになったりもしますが、
投手としての奥行きは確実に広がっていると思われます。





クライマックス




という感じのようです。名城大は2連勝必須という事なので今季最高に気合の入ったスーパーサイヤ人仕様の栗林投手の投球が見れるかもしれません。
ついに4年前のリターンマッチが実現しますかね。大塚投手も名城大野球部に在籍しているのでここで出てきてくれたら完全に同窓会ですね。

3S9A1001

3S9A8659

一方の残留争いは東海学園大が一歩リード。4年前に全国ベスト4まで進出した愛知学院大もここのところは元気が無いですね。かつての輝きを取り戻して欲しいところです。





3連勝

3S9A7382

3S9A7384

延長11回を投げ切り失点2という内容で開幕からの連勝を3に伸ばしました。今日は然程良い出来ではありませんでしたが、悪いなりに抑えて、きっちり勝ち切った辺りに成長の跡が伺えました。ピンチの場面で無理に三振を狙いに行かず、内野ゴロでの併殺に仕留めていた辺りも良いアピールになったのでは無いでしょうか。三塁封殺のバント処理も二度記録、プロ入り後に取り組まなくてはいけないような課題もほとんど見当たりません。この活躍が続けば望み通りの評価を得られるのかもしれません。 

3S9A7370

3S9A7272

栗林投手と共にチームもここまで無敗の5連勝です。強力投手陣を擁する中京大も譲らず無敗という状況です。5月19日、20日に組まれた直接対決が楽しみです。


ラストイヤー

3S9A4029

3S9A3974

3S9A3978

春季リーグ開幕戦(対東海学園大)でのピッチングは9回1失点完投、6奪三振で四死球は0でした(最速146km/h)。今までの栗林投手は"球威、キレで押す"のか"制球で勝負する"のか、どっちつかずの印象があったのですが昨日の試合を見た限りでは後者に振り切った(制球寄り)印象を受けました。9分割ゾーンの左右に散らせて、その中の高低を使って仕留めに行くようなスタイルで、今の松坂大輔投手(中日ドラゴンズ)に近い組み立てをしている感じがしました。

肉体改造をして3kg増量したという事で全体にどっしりした感じが出てきたのに加えて、縦振り型へとメカニクスを改造したように見えます。 2年前との比較をすると顕著ですが、肘が上がって腕と頭との距離が近くなっています。並進移動からリリースにかけて横の広がりを押さえられるようになった事で腕の出所が一本化され、リリースポイントがブレなくなり、打点も高くなった為、以前よりも球に角度が付くようになりました。この二つの作用によってコーナーワークの質が格段にアップしたのではないでしょうか。また、脇腹の収縮効果も取り入れており、左胸と左膝の距離が近くなっています。これによって上下の叩き幅を確保できるようになったのだと思います。

732A3265
2年前

3S9A3729
今シーズン

奪三振数は6でしたが、右打者の内角高めへのフロントドアや左打者の外ズバで見逃し三振を奪えており、質の高い仕留め方での奪三振が目立ちました。球数も96球だったという事で非常にテンポが良く、写真を撮る為のべスポジを探す暇すらありませんでした。 大学ラストイヤーという事で嫌でも進路についての話題が多くなりますが、現時点でもドラフト本指名は鉄板の域に入っていると思われます。上位縛り等があるとなると不透明になりますが、今の投球スタイルを守りつつ、ここ一番で寄せ付けないようなギアチェンジを披露するようだと上位24人の中にも入って行くと思われます。少なくとも昨秋以降での上積みを感じさせられるような内容のピッチングだったのは間違いありません。この先での更なる進化に期待し、残り少くなった大学野球でのプレーを楽しみにしたいと思います。

3S9A3789



栗林良吏投手(名城大学)

3S9A0153

言わずと知れた『愛知の至宝』です。「明治神宮大会へ二度出場」「大学日本代表選出」と愛知の枠を飛び越えて全国区の選手にまで成長しました。最速153km/hを誇るストレートとブレーキの効いたスライダー(縦と横の二種類)の組み合わせが主体となる投球スタイルで、試合中の修正力にも優れたものが有ります。大学デビューイヤーから現在に至るまでの間に大きな故障をしていないのも魅力の一つと言えるでしょう。現時点では愛知の大学生としては唯一のプロ入り確定クラス(順位縛り等が無ければ)の選手で、今後の取り組み方次第ではドラフト1位も射程圏に入ってくると思われます。ただ、最終学年で何か大きな変化がないと印象面での上積みが無いまま終わってしまう可能性が高いのも事実です。この先のキャリアを見据えた場合に気になるのが、ゾーンの四隅(左右高低)への制球力の甘さで、上のレベルの打者と対戦した際にはコースを見切られてしまってボールカウントが先行する懸念があります。スピンが効いていて素晴らしい球筋のストレートではあるのですが、球に角度が無い為に甘く入ると捉えられやすく、打ち損じも誘いにくいので"ファールを打たせてカウントを稼ぐ"という観点においても不利なように感じます。しっかりコースを突くコントロールを磨くか簡単に見極められないような"更なる球威と切れ"をモノにする必要があるのかもしれません。

---------------------------

この選手のここを見ろ!→「肩関節の柔軟性」

732A9688

3S9A0229

732A1491

メカニクス全体を見渡すと、強みという部分があまり見当たらず「一体、何処からあの球速を捻りだしているんだ?」と首を傾げたくなるのですが、恐らく「胸部の張り(肩甲骨の寄せ)」と「腕のしなり角(最大外旋角度)」がその理由だと思われます。打者と正対するようなメカニクスで"割れ"を深く使えていないのですが、胸部に強い張りを作る事(肩甲骨を寄せる事)で上体に間が取れています。(※胸部の張りを上手く使えている投手の代表格では平野佳寿投手やマイルズ・マイコラス投手の名前が挙がります)又、チョッパーのフェーズにおける腕のしなり角(最大外旋角度)も素晴らしく、肘から先を後ろに置いてくるような腕の振りを実現できています。これらの特徴から推察できるのは"類まれなる肩関節の柔軟性"で、洗練されたメカニクスとは言えないにも関わらず150km/h級のスピードボールを叩き出す秘訣はここに有るのだと思われます。(※メカニクスに関して補足すると股関節の硬さや下半身のパワー不足が目につきます。この辺りの改善に取り組めば更なる球速アップや制球力の向上に繋がるのではないでしょうか)

---------------------------

732A1479
投球スタイル、メカニクスの面で気になる部分はありますが、言い換えればそれらは全て"伸びしろ"です。未完成なのにも関わらず今のパフォーマンスを発揮できている時点でズバ抜けた存在である事には疑いの余地がありません。
最終学年で"再覚醒"し、堂々とプロへの扉を叩いて欲しいと思います。 



アットダウン

732A1564

732A4346



732A3983

そうです立位体前屈です(違)
栗林良吏投手(名城大)と木原大地投手(東海学園大)はその日最初のマウンドに立つ際と攻守交替時には必ず一礼をします。
愛知黎明高校時代からのルーティンですかね?来季は共に1部リーグ所属という事になりましたので、もしかしたら直接対決が実現するかもしれません。
利き腕も異なるし投球面においては似通った部分はあまりないですが、両者に共通しているのはフィールディングの上手さ。
特に木原投手は右利きだったら遊撃手としてもかなりの選手になっていたのでは?というレベルの守備を見せます。
バント処理時の突っ込みの速さと強襲打への反応は既にプロのゴールデングラブ級かも、という感じなので一見の価値ありです。


愛知の至宝、満を持して神宮へ

732A3309

MAX153km/h右腕・栗林良吏投手擁する名城大学が中部王座戦を制して神宮行きを決めました。コンスタントに150km/hを叩き出すストレートが栗林投手における最大の売りですが、集中打を浴びてビックイニングを作られる事も多くまだ投球術に課題を残しているのが現状。好調時のストレートは田中正義に勝るとも劣らないので、見といて損はないピッチャーだと思います。スライダーの使い方も上手いので、修正力に磨きがかかれば更に隙の無い投手へと成長するのではないでしょうか。

7DmarkⅡ+エクステンダー1.4Ⅲ+300mmf2.8Ⅱ

C73A3988

C73A3812

C73A3813

C73A3702

タイトルの通りですが、この組み合わせで納得の行く画質の写真を撮れるコツがわからなくて避けてきたんですけれども、シャープネスとコントラストを強くしたらギリギリ許容範囲かなというぐらいのは撮れるようになりました。ただキャノンのカメラは元々影に弱くてエクステンダーを付けると更に描写力が落ちるので条件を選びますよね。なんせ独学&感覚でやってるだけなのでまだまだ試行錯誤です。

トヨタ自動車-名城大学(2015-3-15)

え

東海社会人・愛知大学野球対抗戦は2試合観戦いたしました。
言うまでもなく実力は社会人野球の方が上でしたが、
大学側にも個のポテンシャルという面で社会人に肉迫する選手はチラホラ見受けられました。
トヨタ自動車-名城大学戦で目立ったプレーをしていたのは、
野田賢志遊撃手(4年 愛知啓成 右投左打167cm67kg)、
島村諭史投手(4年 桑名工業 右投左打 180cm 65kg)の二人。
野田遊撃手は回転数の多いフットワークを基調とした守備範囲と
4-6-3の併殺を完成させる際の一連の動きが素晴らしく、
与えられた守備機会ではパーフェクトのパフォーマンスを発揮しました。
好機で凡退した打撃面に磨きをかければリーグ戦のベストナインを狙える選手だと思います。
島村投手は終盤に中継ぎで登板。
フォームやピッチングに洗練されたものはそれほど感じなかったのですが、
威力のあるストレート(ミットを叩く音がトヨタ自動車の上杉投手と同じでした)と、
打者の内側に切れ込むスライダーが非凡でした。
リーグ戦でどのぐらい登板のチャンスが与えられるかわかりませんが注目したい一人です。

一方、社会人側のトヨタ自動車で群を抜いて目立っていたのが、
小島宏輝右翼手(愛工大名電-早稲田大 右投左打 177cm77kg)。
広い守備範囲と球際の強さで安打性の当たりをことごとく消し、
先発の藤田投手に好リズムをもたらしました。
又、攻撃面では猛打賞、2盗塁をマーク。
この選手が居るのと居ないのとでは別のチームになってしまうのではないかというほど、
圧倒的な存在感を放っていました。


島村諭史投手
732A2808

トヨタ自動車-名城大学(flickr)

高木祥宏選手(名城大学)

トヨタ自動車戦(第15回東海社会人・愛知大学野球対抗戦)
732A2534

732A2535

東邦高校時代は松井聖(中部大)三倉進(早稲田大)と共にクリンナップを形成していた選手。
先日行われたトヨタ自動車との交流戦では4番打者に抜擢され、
相手の好守に阻まれたものの右中間に角度の付いた長打性の当たりを放ちました。
高校時代のチームメイト達も進学先では1年生時からスタメンを奪う活躍を見せています。
DeNAベイスターズ入りした、同期内で一番出世の関根大気選手もプロ2年目にして開幕一軍入りという話。
関根選手に負けないような活躍を高木選手にも期待したいです。
(2年 東邦)
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ