和田佳大選手

愛知大学野球連盟選抜チームvs中日ドラゴンズ

真夏の祭典(?)、愛知大学野球連盟選抜チームと中日ドラゴンズ(8月20日開催)との交流戦が終了しました。8月14日にも東海地区社会人野球選抜U-23との交流戦が行われましたが、それぞれの試合スコアは4-2、1-1という結果で格上相手に1勝1分という歴代最高の結果で終わりました(多分)。 ちなみに愛知の大学生と中日ドラゴンズとの交流戦は2011年から行われ通算成績は3勝5敗だったはずです。2011年は名城大が単独で挑み、2012年からは連盟選抜チームが結成されるようになりました(ちなみに2012年は中止だった記憶が有ります)。

結果が物語っている通り、登板した10人の投手それぞれが格上相手に好投し、野手陣も個性を発揮したと思います。秋季リーグに向けての観戦ポイントが明確となった良き交流戦になったと思います。 そういう訳で、目を引くような活躍を見せた選手は何人か居りましたが、その中の一人は和田佳大遊撃手(中京大学 4年)だったと思います。


試合結果をまとめてくださっている方のツイートですが、27のアウトカウントのうち9つを和田遊撃手が捌いており(併殺含む)、抜群の安定感を発揮しました。この日は然程、トリッキーなプレーは有りませんでしたがワンミスで内野安打になってしまう遊撃守備の難しさを考えると素晴らしいパフォーマンスですよね。イニング間の送球練習の時から脚がしっかり動いており調子の良さが伺えました。ちなみに8月14日の社会人選抜との試合では捕球から送球までが一連の流れで行われるようなファインプレーを連発し、大学日本代表候補に選ばれた所以をまざまざと見せつけてくれました。ダイナミックというよりは「堅実」「いぶし銀」なタイプだと思いますが、今の和田遊撃手なら一、二試合のうちに一つは唸らせるような美技を見せてくれると思います。中京大学の試合を観戦する際は遊撃手に要注目です。

3S9A0656

3S9A0657

3S9A0658

両腕が交差するスローイングが特徴的ですね。
3S9A0696

3S9A0697




和田佳大遊撃手(中京大学)の打撃フォーム

732A9823

昨年(平成30年)に大学日本代表へ選出された和田佳大遊撃手の打撃フォームについて考察したいと思います。

ちなみにリーグ最優秀選手に選出された平成29年秋季は
打率.455 52打席 44打数 20安打 2二塁打 1三塁打 0本塁打 7打点 7四死球 1盗塁 1三振

大学日本代表候補に選出された平成30年春季は
打率.388 69打席 49打数 19安打 3二塁打 1三塁打 0本塁打 6打点 14四死球 3盗塁 2三振
という素晴らしい数字をマークしています。
この2シーズンのトータル121打席で三振はわずか3つ。
優秀なコンタクトヒッターである事が伺えます。
平成31年度は4年生に進級するのでプロ注目の存在になりそうです。


対中日ドラゴンズ戦(プロアマ交流戦)一打席目
※連続写真ではありません
3S9A8506

3S9A8514

3S9A8509

3S9A8510

3S9A8518

3S9A8519

3S9A8520


対中日ドラゴンズ二打席目(のはず)
※連続写真ではありません
3S9A8657

3S9A8659

3S9A8665

3S9A8666
考察するには資料(写真)が全く足りてないと思うので簡単にし
ておきます(そもそも打撃についてはあまりわかりません)。

①構え
→軸足(左脚)内転を利用して内側に体重がかかっているよ
うに見えます。


②テイクバック
→右脚股関節を内旋させてスパイクの裏を投手方向へ向け
ています。この際に軸足を収縮させたバネのように使い
サイドステップへの準備が出来ています。

③トップからエルボーイン
→内旋させていた右脚股関節を外旋し、内転していた軸足
(左脚)股関節を外転させてステップしていますが、歩幅
が狭くほとんど移動していません。右足の着地をスイッ
チとしてバットを振り出しするのがベストですが、この写
真だけでは判別不能です。エルボーインさせる際に
転差
は作れていません。


④インパクトからフォロースルー
→伸ばした両腕と胸部によって二等辺三角形の形が作れて
います。この形でインパクト出来るのは一つの理想形で
す。軸足の伸展が甘いのと左脚に溜めたアクセル筋群の
エネルギーを右脚へ移せていないように見えるのが気に
なります。インパクトでもフォロースルーでも頭上から
串で刺したような奇麗な軸回転になっておらず、そう言
った面からしても手打ちになっている印象を受けます。 


総評
→体幹を主導として末端を加速させる打撃というよりはバ
ットコントロールを主体とした打撃スタイルなのかもし
れません。「荷重バッティング」では無く「加重バッテ
ィング」だと思われますが
下半身と上体との連動性がや
や欠けており、先行する体幹の形と骨盤を回旋させる軸
足伸展の作りが不十分です。トップで下半身と上体をあ
まり裂けていない為、ボールを長く見る=選球眼という
ところにもやや不安が残ります。同年代との対戦成績は
ズバ抜けているので現状ではハンドリングでカバーでき
ているのだと思われます。三振数が少なくコンタクト能
力に優れているのは頭-両肩-腰のラインが上下動してい
ないからです。168cm69㎏と小柄ですが俊足タイプの選
手は先天的に飛ばす力を持っていると言われていますし
、伸びしろ充分の逸材ですね。


 


和田佳大遊撃手(中京大学)の守備シーンを貼る記事①

732A9798

732A0012

732A0013

732A0014

732A0015

732A0017

732A0019

732A0020

昨年の平塚合宿に招集された大学日本代表候補選手です。一昨年の秋季リーグにMVPを獲得していますが、それにしても
代表候補入りは驚きでした。愛知・東海エリアだと源田壮亮吉川尚輝に続く選出となりましたが、それらの選手とはまた違ったタイプ
の遊撃手という感じがしますね。和田遊撃手のプレーをそんなにたくさん見てないので語れる事はほぼ何も無いんですけどね。

 


RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード