大内公貴投手

大内公貴投手(三菱重工名古屋)

先日に引き続いて三菱重工名古屋の大内公貴投手(中京大学卒)について書かせていただきます。

大学生の進路⑥

今日は投球フォームの分析です。
以下、同一動作内における連続写真

投球モーション
3S9A1833
【セットポジションより始動】

3S9A1834
【力みを取る為の目線外し】
【頭部を軸足上(左足上)にセット】

3S9A1835

3S9A1836
【右膝が胸まで上がる】

3S9A1837

3S9A1838
【ハンズセパレーションが遅い】

3S9A1839
【左腕の脱力】
【軸足のパワーポジション】
【ヒップファーストを利用して右脚でボールを隠す】

3S9A1840
【グラブの小指を上に向けて肩の開きを抑える】
【上体を縦に使う為にグラブを高く上げる】
【左わき腹の収縮】
【体軸が傾き頭部が後ろに残る】

3S9A1841
【トップを作るのがやや遅い】
【左腕の肩甲骨を下げるように閉じて腕と体幹を一体化させる】
【頭部でボールを隠す】
【下半身(骨盤)の開きを抑えられている】

3S9A1842
【右腕を縦に下ろして左腕をリリースへと導く】
【脇腹の収縮が左から右へと入れ替わる】
【右足が踏み込んだ反力で骨盤が正面を向く】


3S9A1843
【左の掌が一塁側を向く】
【右脚のアクセル筋群(臀部とハムストリングス)による起こし上げ】


3S9A1844

3S9A1845

3S9A1846
【軸足(左脚)の伸展(伸ばし)と内旋(内捻り)によって骨盤が縦回転】
【スパイクの裏が天を向くタイミングを遅らせている(体が横に振られていない)】

以下、別の投球動作からの補足カット

最大加速期
3S9A1693
【右腕を縦に下ろす】
【左腕前腕を回外(外捻り)させ肘を鋭角に使う】


リリース期
3S9A1714
【縦に長く横が狭いリリース】

フィニッシュ期
3S9A1691
【背中を捕手方向へ向ける】

総評
縦に長く横に狭い、縦回転型のフォームです。 始動からサイドステップにかけて軸足の膝を過度に折らず、骨盤もほぼ後傾ません。それによってモーションにブレーキがかからず上から投げ込む為の角度も確保できます。トップのフェーズに入る辺りでも下半身の開きを抑えられており、両股関節を使って骨盤を回転させられている為、フォーム全体の横振れが起きにくいのではないかと思われます。パワーポジションからトップのフェーズにかけて高く上げたグラブを最大加速期以降で縦に長く下ろす事で上体が縦に回り(右の肩甲骨でリードする体幹の回転はあまり実現できていませんが)、真上から叩きつけるようなリリースを実現できています(左右の腕の連動性に関しては独特の使い方をしていますね)。フィニッシュ以降では左肩越しに背中が捕手方向を向き、上体が最後まで加速しています。下半身の動きとしては左脚の膝から下が外に振られず、スパイクの裏が天を向くタイミングが遅いのが特徴的で、骨盤が縦に回転している証拠だと言えます。左右の制球がまとまり、球のシュート回転を抑えやすい投げ方だと思われます。気になるのはトップを作るのが気持ち遅めに見える事で、それによって意図せず球が高めに集まる事があるのかもしれません。投手としては小柄な部類に入ると思いますが(身長173cm)ボールに縦の角度を生み出し、ゾーンの中で勝負して行ける下地を作れているフォームだと思います。社会人野球で息の長い投手として活躍して欲しいですね。




大学生の進路⑥


3S9A1692

3S9A1705

3S9A1690

3S9A1706

3S9A1708

3S9A1859

3S9A2157

中京大の強力投手陣を牽引し、神宮のマウンドを二度経験した(2016年度と2018年度)大内公貴投手は三菱重工名古屋に進むようです。3月16日に行われた東海学園大学との対抗戦では7回を投げ無失点に抑える好投を見せました。ストライクを先行させる投球で序盤から主導権を握り、要所ではコース一杯に決まるクロスファイアを投げ込んだりする等、社会人野球での活躍にも期待が出来そうでした。思えば、大内投手が大学時代に主戦投手として台頭するきっかけになったのも東海学園大戦(2017年度の秋季リーグ戦)でしたね。相性が良いのかしら。


過去記事(途中でタイトルが変わってる…)



クライマックス




という感じのようです。名城大は2連勝必須という事なので今季最高に気合の入ったスーパーサイヤ人仕様の栗林投手の投球が見れるかもしれません。
ついに4年前のリターンマッチが実現しますかね。大塚投手も名城大野球部に在籍しているのでここで出てきてくれたら完全に同窓会ですね。

3S9A1001

3S9A8659

一方の残留争いは東海学園大が一歩リード。4年前に全国ベスト4まで進出した愛知学院大もここのところは元気が無いですね。かつての輝きを取り戻して欲しいところです。





大内公貴投手(中京大学)

今年(2018年)の愛知大学野球連盟のタレント層は2016年以来の充実度になる予感がしています。
伝統的な愛知の傾向に沿って投手に逸材が揃いますが、野手にも上のレベルを目指せる選手がチラホラ見受けられます。
という事で春季シーズン開幕までにドラフト対象年度の注目選手について記事をアップしていこうと思います。

第一弾は大内公貴投手(中京大学)

3S9A8286

3S9A8198

3S9A8367

3S9A8366

3S9A8112

栄徳高校時代は甲子園まであと一歩のところまで迫った本格派左腕。 大学入学後は思った程の力を出し切れず、大型戦力を誇る中京大投手陣の中で埋没してしまうのでは…と心配していましたが、昨秋ついに頭角を現しシーズン防御率1位(1.09)の成績を残す活躍を見せました。 制球を乱したり腕の位置を下げたりする等、試行錯誤していた時期もありましたが最終学年目前にして、かつての輝きを取り戻しつつあるような気がします。 大学最終学年となる今年は"エース格"としてチームを神宮の舞台へと導く事が至上命令となるでしょう。 高校3年生の夏に県大会準々決勝で対戦した栗林良吏投手(愛知黎明→名城大学)とのリターンマッチの実現にも注目したいです。

-----------------------------

この選手のここを見ろ!→『縦の動きと球の押し込みを意識したメカニクス』

・右膝を「くの字」に折るステップを採用しフォーム全体の横への動きを最小限に留めている→【画像①】
(右打者の外角、左打者の内角へも強いボールを投げやすい動作)
・顔の高さまで上げたグラブを引き下ろす反発力でフォームの縦回転を促し、"叩くリリース"へと繋げている→【画像②】
(球に縦の角度を付け、威力のあるフォーシームを低めに集める為の動作)
・左腕から左膝までが奇麗に斜め一直線で結べる理想的な形でリリースが出来ている→【画像③】
(ウエイトを乗せて球威で押し込む為の動作)

身体的な特徴が異なってはいますがクレイトン・カーショウ(ロサンゼルスドジャース)のようなメカニクスと言えるのでは無いでしょうか。縦の動きに特化している事が最も特徴的ですが、ややインステップ気味なところと相まって、クロスの対となるボール(右打者の外角、左打者の内角)で勝負できる投手だと思います。 ステップする際に着地までの粘りを取り入れているタイプではありませんが、肩甲骨同士の寄せを使えているので上体の突っ込みや腕の遅れと言った問題点は見当たりません。

高校時代は大きく割れるスラーブやボール球で誘うチェンジアップ等を駆使して多彩な攻めを見せていましたので、元々投球幅は広いタイプですし今後の活躍に大きく期待が持てる投手だと思います。

3S9A8404




このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード