大阪商業大学

オノデラ・ダン

3S9A0112

3S9A1051

3S9A1052

オノデラ・ダンって書くとウルトラマンセブン感有りますよね。倒せ火を吐く大怪獣〜♪



小野寺暖選手(大阪商業大学→阪神タイガース育成ドラフト1位)の打撃技術等に関する記事をnoteに書きました。





橋本侑樹投手(大阪商業大学)

中日ドラゴンズのドラフト2位指名選手・橋本侑樹投手(大阪商業大学)に関する考察をnoteに書きました。


3S9A0899

3S9A0940
脱力から加速期まで球が一切見えないのがこの投手の強みです。ここまで肘を鋭角に使える投手は稀ですね。加速期(2枚目)での前腕の回外(スピネーション)がかなり効いています。




2019年東京ヤクルトスワローズ指名選手

3S9A4883
ドラフト2位 吉田大喜投手(日本体育大学)★★★★☆
合わせにくい投球フォームと外角低めへの制球力を強みとする実戦派右腕。
大学日本代表での活躍から評価が急上昇し今ドラフトでは13番目に名前を呼ばれた。
年間通して投げ抜く体力があるのなら新人王候補の一人。

3S9A0456
ドラフト3位 杉山晃基投手(創価大学)★★★☆☆
完成形として二桁勝利が見込めるような大型右腕。
ストレートの制球は安定しないがゾーン内で勝負出来る変化球を多数習得しているのは強み。
上から叩ける投球フォームへ行きつけるかどうかで成否が分かれる。
所属する東京新大学野球リーグでは連戦連勝を誇った。

杉山晃基投手(創価大学)
杉山晃基投手(創価大学)②

3S9A4712
ドラフト4位 大西広樹投手(大阪商業大学)★★★☆☆
ドラフト1位級という声もあったが実際には4位指名に落ち着いた。
横に狭く縦に広くボールを扱えるためストライクを取る事には苦労しない。
立ち投げ気味なので傾斜の緩い神宮球場のマウンドに合わなさそうな事が懸念材料。
ストレートを見せ球にして変化球で勝負したい。

大学球界の「西の大将」
 
大西広樹投手(大阪商業大学)







大学球界の「西の大将」




全日本大学野球選手権一回戦の日本文理大戦で完投勝利。
119球4安打6奪三振4四球1自責点という内容です。

連続フォーム
3S9A3006

3S9A3007

3S9A3009

3S9A3011

3S9A3012

3S9A3013

3S9A3014

3S9A3015

3S9A3016

3S9A3017

3S9A3018

3S9A3019

3S9A3020

ランディング(別の投球動作からのカット)
3S9A3000

最大外旋位(別の投球動作からのカット)
3S9A3001


投球動画※クイックモーション

捕手方向へ向けてのラインを意識出来ている投げ方だと思います。ステップ→リリース→投げ終わりまでを直線的に行えているので左右の制球には苦労しないと思います。胸(肩甲骨)を上手く使えていない事、上体の倒し込み(回転動作)を使えていない事はややネガティブなポイントでしょうか。

2019年ドラフトの上位12人・後編。(Number Web)
そういう意味では、大学生の大阪商業大・大西広樹(175cm84kg・右投右打・大商大高)だって、1位のボーダーライン上にいる1人と言ってよい。  今年の大学球界では「西の大将」のような存在にならねばいけない投手。チームを背負って投げられる心意気と実力を有した右腕だろう。  速球は140キロ台前半でも、スライダーとカットボールでファールを打たせ、フォーク、チェンジアップで打ち取るコツを知っているように見える。投げっぷりと精密なコントロールと緩急のメリハリ……先発の6イニング、7イニングを任せたくなる投手だ。  だからと言って、4年先輩の岡田明丈(広島)に勝るとも劣らない、なんて絶対に言わない。  岡田のストレートはうなっていた。真ん中からちょっと内に寄っただけで、打者が飛びのくようにしてひるんでいた。残念ながら、そこまでの迫力は望んでも届かないだろう。“路線”が違うからだ。最初から投手のタイプが違っている。大西広樹は大西広樹で、「大西流」を追求していけばよい。

安倍昌彦さん
による寸表です。「え?ドラフト1位!?」と驚いたのですが中日の米村チーフスカウトもドラフト1位に入って来るというコメントを残しているそうですね。

以前見た時の感想を過去に書きましたが
、印象としては特に変わっていません。高めに集まるストレートとゾーン内に散らして行く縦変化で組み立てるタイプです。今後はこのタイプがプロ野球界でも増えていくと思われますが、その先駆者の一人という事になるのだと思います。気になるのはストレートにそこまでの威力を感じない事です。リリースで上体を深く倒し込めておらず、左脚がつっかえ棒のような状態になっている為、指先に力を伝えられないのだと思われます。カットボール、スライダー、フォーク等の変化球は実戦的ですが、ドラフト1位と言われるとピンと来ないところが有ります。所謂、「立ち投げ」なので出力が落ちて来ると合わされやすくなるのも気になります。この投球スタイルに磨きをかけて行くのか、それともスタイルを変えて行くのか、プロの関係者が描いている完成形はどちらなのでしょうか。

3S9A3150

3S9A3068

3S9A3069

3S9A3070

3S9A3072

縦に細長く、捕手方向へ真っすぐ体を入れて行ける事が大西投手の強みです。
骨盤も縦に使えており横振りになる要素を消せています。





第68回全日本大学野球選手権大会初日の結果

第1試合 ×大阪工業大学1-6創価大学〇





第2試合 〇佛教大学4-3八戸学院大学×



第3試合 ×東日本国際大学3-7愛知工業大学〇


第4試合 ×日本文理大学1-2大阪商業大学〇



今日の球速 


それぞれの試合についての所感も書きたいんですけど時間が無いのでツイートの切り貼りだけで。

とりあえず愛工大勝ちましたね。このカードに関して言えば昨日書いた展望に近い内容でしたね。リーグ戦の規定打席に乗っていなかった田中選手(リーグ戦打数15打率.267本塁打1打点2)、矢野選手(リーグ戦打数3打率.667打点1)をここで抜擢し、田中選手が1HR含む猛打賞の3打点でマンオブザマッチの働きを見せました。投手起用も主戦級を全員登板させる形の継投になりましたが先発のマウンドに中村投手を持って来たところにも平井監督らしさが伺えました。6回裏の3失点は次戦以降の良い教訓になったのではないかと思われます。ベスト8、ベスト4とまだ上を狙っていけると思うので一戦必勝で臨んで欲しいです。







RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード