岐阜学生野球リーグ

與座vs床田

油断するとすぐに更新が途絶えますね→ブログ



C73A9942

C73A0047



C73A0016

C73A0011

與座海人投手(岐阜経済大学→西武ライオンズ)がついに台頭してきましたね。今のところ岐阜大学野球における最後の大物です。中部学院大学から広島カープに入団した床田寛樹投手も開幕ローテ確定みたいですし、数年前の岐阜は凄い地区でしたね~。

12球団×開幕ローテ6人=計72人のうちに岐阜の大学野球出身者が二人も入ってる事が既に快挙ですが、この二人は大学時代にも直接対決しています(※この記事の写真は全て2015年の10月10日に撮影したものですが正に直接対決した時のものです)。
この時は今の1/1000ぐらいしか野球の知識が無かったし、仮に今ぐらいの知識があったとしても(今も大して知識なんてありませんけども)、この二人が揃ってプロの1軍ローテに入るだなんて予想出来なかったでしょうね。ここのところあまりパッとしなくなりましたが岐阜の大学野球には復権を果たして欲しいものです。

竹千代君

732A9896


732A9866

732A9811

3S9A9994

3S9A9906

732A0114

"ネタ応援"と"主戦投手"の二刀流プレーヤーはもしかしたら前例が無いかもしれません。「竹千代君が公式戦で投げた」という情報を最初に聞いた時の衝撃は中々のものでした。
Twitter上での人気と知名度はドラフト候補選手に匹敵する程でしたし、IoT時代ならではのスタープレーヤーだったのかもしれませんね。
最上級生になって先発投手を任されるようになっても、以前と変わらぬスタイルで応援をし続けた姿は文句なしにカッコよかったですね。
今後は学校の先生を目指されるそうですが、こんな先生の従業を受けられる子供たちが羨ましいですね。
(ちなみに投手・宮城竹千代は柔軟性に富んだ技巧派のサイドハンドでした。)
【宮城竹千代投手(朝日大学)flickr】




サンシャイン竹千代

3S9A9974

ついに登板しているところを見れました。 他の画像、詳細等は後程。

倉内誠志選手(朝日大学)

2年後のドラフト候補として有力視されている天才遊撃手・吉川尚輝(中京学院大)に並ぶ逸材。
岐阜学生野球リーグ秋季ベストナインに輝いた新星・倉内誠志選手(2年 鹿児島実業)。
東海地区秋季選手権で首位打者を獲得した勢いに乗って、三連盟王座決定戦でも大活躍。
福井工大戦では猛打賞、中部大戦では右中間真っ二つの合わせ技ランニングホームラン(3塁打+中継ミス)を記録。

732A5121

732A5131

732A5143

鹿児島実業時代は遊撃手兼投手でセンスの塊。
菊池涼介、野間峻祥に続く新たな岐阜リーグのスター野手として台頭するのか、注目の存在です。

朝日大学-中部学院大学(10/4)

10/4 KYBスタジアム

岐阜学生野球リーグ 朝日大学-中部学院大学(Google+)

齋藤弘志投手(3年 大産大付属)
圧巻のピッチングで朝日大打線を散発に封じた。東海圏最高峰左腕は今年も健在。
732A9522

732A9690

武田偲遊撃手(4年 名古屋大谷)
勝負を決める走者一掃のタイムリーを放った。
ドラフト上位候補の野間外野手に負けていないような打撃を見せていました。
732A9865

岐阜学生野球リーグの天王山第一戦でしたが、打線が爆発した中部学院大がコールドで勝利。
この勢いで一気に単独首位に躍り出るのかと思いましたが、二戦と三戦を落とし勝ち点を逃しました。
これは憶測ですが、朝日大が初戦の先発に宮良投手を持ってこずに三戦目で起用したあたりからして、
初戦の負けは想定内という戦い方だったのかなと。

この直接対決を制した朝日大がリーグ優勝、2位は中部学院大という最終結果でリーグ戦は閉幕になりました。
この2チームが東海地区の秋季選手権へ進出します。
今年も岐阜の大学はかなりの戦力なので三連盟王座決定戦まで進出してくる可能性は高いかもしれません。
RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード