平成26年度愛知大学野球1部

宮野峻捕手(愛知学院大学)

732A4069

732A0560


732A0396
※クリック、タップで画像が大きくなります。

神主スタイルだからという事もありますがバットが体に巻きつくようなフォロースルーを含めて、
左方向へ飛ばす時のスイングがどことなく平田良介(中日)に似ている気がする宮野峻捕手(3年 星稜)。
中部学院大の齋藤投手、日福大の西川投手を攻略した昨秋の広角打法は覚醒を思わせるものがありました。
昨春二冠王の林選手や神宮で四番打者を務めた高橋選手など、
スラッガータイプの打者が多いチームなだけに来年度は全国屈指の強力打線を形成するかもしれません。

下級生から活躍していた中部大の神鳥選手や名商大の池尻選手が最終学年を迎えることもあり、
来年度の愛知大学リーグはパワーヒッターが百花繚乱状態です。
ド派手なホームラン合戦が見られるかもしれませんね。

弘法も筆の誤り

センター返しをことごとく止めるスーパー遊撃手の源田選手にもこんな時があります。
732A3757

732A3759
結果的にはアウトなので無問題。

今年の秋は凄かった。
自分が見た6試合では4本ものセンター返しを消し、アマチュア球界ナンバーワン遊撃手の地位を確立した感がありました。
特に凄かったのが日福大との大一番で見せたセカンドベースの右側、ライト寄りのセンター返しをアウトにしたシーン。
捕球しただけでもS級の守備力なのに一塁ベースがほとんど見えてなさそうな角度からストライクの送球を決めていました。
プロでもお目にかかれないような動きを涼しげに決めてしまう恐ろしい遊撃手であることを再認識させられるスーパープレーでした。
東京ドームや京セラドームでも華麗な守備を披露して欲しいですね。

松井聖選手(中部大学)

732A5221

732A5230

732A5235

732A5239

高校時代は幕末の剣豪かのような殺気を放っていた(幕末の剣豪を見たことないけど)強打者。
対戦するたびに濱田達郎(愛工大名電→中日)を打ち崩していたのが特に印象的でした。
ヘッドで打球の方向を自在に操っているかのような打撃スタイルは松井選手特有のものですね。
中部大進学後も1年の春から公式戦に出場し活躍しています。スケールの大きい全国区の存在になって欲しいです。

西川昇吾投手(日本福祉大学)

1シーズンで即2部へ降格するだろうと誰もが思っていた(?)日本福祉大学。
春季では創部初となる1部リーグでの勝ち点を挙げて4位残留。そして今季はまさか(?)の優勝争いを演じるという旋風を起こしました。
その快進撃の立役者となったのが、西川昇吾投手(3年 大成)
732A0596

732A0599

732A0600

732A0593

732A0601
※連続写真ではありません

「左のライアン」という異名が定着していますが、トルネード気味のフォームでもあるんですよね。
肘を鋭角に使う腕の振りで、リリース直前の「握り」をカメラで抑えるのが難しい。
上から4枚目のシーンを連写無しの一発撮りできる人が居たら尊敬します。

ところで、投球前に見せるこの左腕の動きは一体なんなのだろうか。
チェンジアップを投げますのサインじゃないだろうし。肩甲骨とか背中の動きを意識するようなやつですかね。
732A0608


732A0036

732A0040

魔球のようなチェンジアップとコースに決まる切れ味抜群のクロスボールとのコンビネーションが武器の奪三振マシン。
連投を厭わない鉄腕っぷりも健在で正に大車輪の活躍でした。

「日本福祉大=浅尾拓也の母校」というイメージを払拭するぐらいの更なる活躍を期待します。
来年こそは全国の舞台へ。

H26年秋季リーグ成績
10試合 投球回数72.9 防御率2.59 4勝4敗 奪三振53 四死球28

愛知学院大学-日本福祉大学(10/18)

10/19 名城大学グラウンド

愛知学院大学-日本福祉大学(Google+)

西川昇吾投手(3年 大成)
732A0032

是枝健太投手(4年 金光大阪)
732A0202


732A0019

732A9977

春季の覇者(愛知学院大)と秋季1位(日本福祉大)とによる対戦カードの初戦。
シンカーのような動きで大きく曲がり落ちる西川投手の魔球に手を焼きながらも中盤以降で得点を重ねた愛知学院大が逆転で勝利。
西川投手を攻略すべく、四番から九番までずらりと右打者を並べた布陣で望んだ愛知学院大の起用策が結果的には当たり、
8回裏に泉地、宮野の連打で勝ち越し点を挙げました。
日本福祉大との対戦がリーグ戦の終盤に組まれた事が愛知学院大にとっては有利に働いたのかもしれないですね。

一方の日本福祉大はボール一つ分ほどの細かい制球のズレに苦しむ是枝投手を攻め立て3点をリードし、
試合の主導権を握りかけましたが、その後に追加点を奪えなかったことが響きました。
2回表に走者一掃の2点タイムリーなどで一気呵成の流れになっていたところで、
源田選手の好守備に阻まれて後続を断たれたのがターニングポイントだったかも。

その源田選手、自分が観戦した今季3試合の中では今日が一番のパフォーマンス。
打撃では2安打2打点。1本目のタイムリーはまたしても右方向へのライナー性の打球で広角打法が板についてきました。
守備でもファインプレーを連発し、ボテボテの打球やセンター方向への打球を洗練された足運びとスピーディーな送球で捌き切りました。
素人目になりますが、現時点で全盛期の井端弘和に匹敵するようなレベルにまで到達してるような気がします。
大学野球の選手でこれだけ走攻守で毎試合魅せてくれる選手なんてそうそう現れないと思います。
プロ入りしないのは残念ですが、あと2年弱愛知県近辺で源田選手のプレーを見られることに有り難みを感じたいです。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ