愛知大学

牧野孝亮投手(愛知大学 3年)

3S9A3422

732A0032

左打者への組み立てが個性的なので球場で確認してみてください。
静岡商業高校時代に秋季東海大会で登板しているところを観戦した事があるんですが確か石垣幸大(いなべ総合→中日ドラゴンズ)と投げ合ったんだっけな…

満振り

3S9A1705

3S9A1707

3S9A1714

3S9A1733

愛知大学には長谷部大器(2年 鹿児島実業卒)という守備のスペシャリストが居るので新シーズンのプレーを楽しみにしていたのですが、今季のショートストップには阿部寛大内野手(3年 愛知高校卒)が起用されていました。 愛知高校出身という事で「もしや?…」と思って調べてみたのですが、4年前の夏季県大会一回戦(東郷高校戦)で8回無死から3ベースヒットを打った選手ですね。あの3ベースヒットが無かったら、あそこまでスリリングな試合にはなってなかったでしょうね。あの試合を見てなかったら毎年のように東郷高校の公式戦を見たりする事も無かったんだろうな~と思っています。

打撃絶好調で開幕カードの中京大戦では二日連続のホームランを放ちました。今季どのぐらいの打撃成績を残すのか見ものですね。

内野守備

3S9A3189

3S9A3287

3S9A3045

3S9A3048

3S9A3014

フォトジェニッカー

3S9A3503

3S9A3504

3S9A3839

3S9A3476

連日延長戦に突入するという壮絶な死闘となった昨春の入れ替え戦で、ゾンビのごとくイニングを食い続けた不死身の変則派左腕・和久田優志投手(愛知大学 4年)。 力を入れて投げる度に帽子が飛ぶ事は知っていましたが以前にも増してその兆候が顕著になったような… 今季は先発マウンドを後輩に譲る形になっていますが、開幕カードの2戦目で三番手投手として登板。 2回に一挙7点を奪った中京大の強力打線の勢いを止め、短時間で守備のイニングを終える好投を見せました。 再び先発投手の座に返り咲いて欲しいですね。

オープニングゲーム

3S9A1782

愛工大Gへ行くつもりでしたが天候不良の為に2部リーグは順延という事で瑞穂へ行ってきました。緒方投手を目当て(?)にNPBのスカウト陣が大勢スタンドに姿を見せておりました。敗戦投手になったものの持ち味は割と出せていたのでは無いでしょうか。ストレートが荒れていても変化球でカウントを整えられる事が緒方投手の強みだと思います。又、左打者の内角への攻め方が上手いのでクロスの対になる変化球(シュート系チェンジアップ系)を習得すると対左打者ではかなり優位なピッチングができるようになるのかもしれません。投球動作面で言うとステップで脚が捕手方向へ伸びてくるようになると文句のつけどころが無くなる感じがしますが、そんなに全てが完璧なピッチャーなんて普通はいませんからね。勝手な事を言うのは簡単・・(苦笑)

中京大学-愛知大学(2017-04-08)←カメラとPCを変えた事もあって仕上げ方で迷走中。色が出ない。

緒方彰一投手(愛知大学 1年)

732A4379

732A4593

732A2916

732A2917

732A3101

732A4735


今年度の1年生世代はここ数年の愛知では一番人材の層が厚く、恐らく黄金世代なのでは無いかと思われるのですが、その中でも一際存在感を放っているのが愛知大学の1年生右腕・緒方彰一投手(静清高校卒)。MAX145lm/h超で、肉付きの良い体格という事もあり、荒削りなパワーピッチャーなのかと思っていましたが、実際のところは制球力で試合を作っていく感じの投手のように見えました。1年生の秋からエース格に抜擢され、1部リーグ復帰の立役者になったという事もあり、マウンド度胸は抜群。愛知の速球派右腕というと栗林良吏投手の名が一番に挙がってきますが、それに次ぐような存在になっていくのではないでしょうか。(ボールバック時にプレートの一塁側で行われる"謎の垂直跳びのルーティーン"がこの投手の目印です)

大山憲介選手(愛知大学)

732A5702

732A5715

愛知大学が1部リーグ復帰を決めた秋季入れ替え戦でのふたコマ。この頃【クリック】から変わってないみたいですね。

試合中に笑いを誘うヤジを飛ばしていた印象の強い選手ですが、三塁守備は硬式社会人の一流どころと比べても遜色の無いレベルで打撃でも鋭い打球を連発する、掛け値無しの名プレーヤーでした。
(余談ですが入れ替え戦当日に特定されてネクストから挨拶されました 笑)

2016年も今日で終わりですね。選手、関係者、ブログを見てくださっている皆様、一年間ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

秋季入れ替え戦

この時期の瑞穂は撮影ムズすぎ…JPEGで露出と色温度を作り込める人が居たら超人だと思います。

732A4275

732A4474

C73A4484

732A4289

732A4593

732A4496

秋季プレーオフ第2戦(愛知大学-愛知東邦大学)

732A3648

C73A3426

732A3864

732A3640

732A3609

732A3593

732A3629

732A3827

732A3690

732A3710

愛知大学が貫禄を見せつけて勝利し1勝1敗のタイとなりました。昨日は堅守速攻で先勝した愛知東邦大学でしたが、この日は試合中盤へ差し掛かった辺りから守備でミスを連発。傷口を広げていく形での失点を重ねての敗戦となりました。明日の試合で勝利した方が入れ替え戦進出となります。話は変わりますが、この時期の瑞穂での撮影ムズすぎる。色が出ない、色温度が変、逆光になる、と色々大変です。

安藤優作外野手(愛知大学)

732A0063

732A0066

アジャストした時の飛距離は大学球界屈指のスラッガー。大学最終シーズンの今季は過去最高レベルの状態に仕上げてきているような気がします。当たれば簡単にフェンス際まで飛んでいき、それなりにコンタクト能力もあるので三振には仕留めにくい厄介なバッター。守備でそれほど目立つ印象がないので、その面ではアピール不足になるかもしれませんが右の長距離法ということもありNPBからの指名があってもおかしくないのかも。
プロ志望届提出選手。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ