愛知大学野球連盟

ヴィクトリー

732A0488

732A0504

732A0507

732A0505

732A0533

732A0569

732A0590

732A0599


 

今秋のインパクト

3S9A7455

3S9A5172

この秋に撮影できたインパクトシーンは二枚のみですね…(笑) 以前ほど真剣に撮影していないとはいえ撮影技量の劣化は隠し切れませんね。

番外編では安田悠馬選手(愛知大学)のバットが粉砕するシーンが撮れました。

3S9A7824


 

古豪復活




約6年ぶりの1部リーグ復帰です。2部降格後もコンスタントにドラフト候補生を輩出し、2部リーグの門番的な立ち位置をキープしていましたが、昨今は他の2部所属校も野球を強化した為、2部でもかつてのような存在感を放てなくなっていました。今年度の4年生は正にその時代を2部で過ごした選手達。今季に至るまで一度も入れ替え戦を経験できなかった悔しさを晴らすべく望んだ入れ替え戦で見事、一発ヅモを決めました。 ここに至るまで数々の苦難があったと思いますが、今季にかける思いは様々なプレーから読み取れました。かつては全国制覇も経験している(第17回明治神宮野球大会)愛知大学野球連盟屈指の古豪が復活した事で愛知の大学野球も活性化するのではないでしょうか。

3S9A9080

3S9A0197

1部復帰の原動力となった4年生選手がごっそり抜けてしまいますが、左右の二枚看板である中村光汰投手(九州国際大付属 3年)と新村将斗投手(桜丘 2年)の二人は引き続きチームに残ると思われます。新チームを牽引して行って欲しいですね。


 

栗林良吏投手(名城大学 4年秋季)のメカニクスを探る

同一投球内における連続写真です。

3S9A4609

3S9A4610

3S9A4611

3S9A4612

3S9A4613

3S9A4614

3S9A4615

3S9A4616

3S9A4617

3S9A4618

3S9A4619

3S9A4620

これまた同一投球内における連続写真です。

3S9A4499

3S9A4501

3S9A4502

3S9A4504

3S9A4505

3S9A4506

3S9A4507

3S9A4508

3S9A4509

トップ
3S9A4714

最大外旋
3S9A4715

ジャストリリース
3S9A4512


大学キャリアハイの出来を思わせる今季の栗林投手。ドラフト会議を目前に控えたシーズンという事もあって過去最高の仕上げで臨んできているように見えます。9月16日に行われた愛知学院大戦では9回を投げて15奪三振を記録。初回から3回にかけては9つのアウトのうち8つを三振で奪うピッチングを見せました。これまでのシーズンと違うのは空振りによるストライクを量産できている事です。この調子が続けば過去最高の奪三振率を叩き出すのではないでしょうか。

簡単ではありますが、栗林投手の大学最終シーズンにおける投球メカニクスを探っていきたいと思います。


①プレート位置
→まず目につくのはここです。春季シーズンでは三塁側の端を踏んでおりましたが秋季リーグ戦に入る前の調整段階からは一塁側のプレートを踏むようになっております。ゾーンへ入れやすくする意図、右打者の内角を攻めやすくしたい意図があるのではないでしょうか。

②片脚支持→打者と正対してから両足をクロスさせるような無駄な始動は取り入れておらず、今後のキャリアを考えてもベストな選択だと思います。軸足(右脚)の股関節に頭をセットできており、左膝を胸まで上げられています。この先の動作に向けての準備がしっかり整っています。

③ハンズセパレーション+ヒップファーストグラブから投球腕を抜くタイミングが早く、脱力からトップまでの動作に余裕を作れています。ヒップファーストのフェーズでは上体を二塁方向へ傾ける事で頭部を軸足の股関節に残せています(上体の突っ込みを抑える為の動き)。ヒップファーストに入る手前で左側の骨盤を二塁方向へ深く入れているのは反作用による本塁方向への推進力を得る為でしょうか。

④パワーポジション
→軸足を折り、骨盤を後傾させる事で溜めを作っています(あまり軸足を深く折りすぎると骨盤の開きに繋がる恐れが有ります)。本塁方向へ突き出すグラブに反して重心をマウンドプレート方向へ残す事が出来れば、打者を前へと釣り出せる効果があると言われています。ここでも軸足の股関節に上手く頭部を残せています。

⑤ランディング →グラブ側の腕が下がり始めると同時に投球腕が上がり出します。左足を爪先から接地しているように見えますが、左股関節への重心移動を遅らせるような意図があるのかもしれません。又、以前と比較すると股関節の内旋角度を深く取れるようになった気がします。それに伴い、上体と下半身の割れも深くなった感じを受けます。

⑥トップ→肩甲骨同士の寄せを使って胸に張りが作れています。以前は見受けられなかったユニフォームの皺(上体の正面に斜めに入る皺)が確認できるようになっている為、捻転差による溜め動作も加わっているのでは無いでしょうか。比較的早めにトップを作れていますが肘の位置が肩のラインまで上がってきません。これは恐らくバックスイングで肩甲骨を外転させられていないからだと思われます。三塁方向に正面が向いている上体に対して、やや下半身が先行しており、右側の骨盤が開きかけています。以前より改善されてはいますが下半身の硬さにはまだ課題を残していると言えるかもしれません。

⑦最大外旋→栗林投手の投球メカニクスにおける最大の肝でしょう。胸郭が先行し投球腕を後ろへ置いていくような動きを実現できています。肩関節だけでなく肩甲骨と胸椎の可動域を使う事で最大外旋角度を深く取り、強烈な上体のしなりを生み出しています。

⑧リリース→以前は重心移動に課題を抱えていた為(左膝の突っ張りが早すぎた)、上体を使って回転運動を促していたように見えましたが、現在はスムーズな重心移動を実現させており、それにともなって体を縦に使えるようになった感じを受けます(全体的に横へ広がらなくなりました)。又、上体を脱力させるコツを掴んだのかスイング動作から力みが抜け、それがストレートの揚力(空振り奪取能力)に繋がっているような気がします。軸足の伸展、上体の倒し込み等がこのフェーズにおける課題点でしょうか。

⑨フォロースルー→リリース後に左ハムストリングスを伸展(伸ばし切る)させるようになり軸足が跳ね上がるようになりました。以前は投げ終わりで左股関節に重心が乗っていなかった為、球速の割には打者から苦にされていなかったようなシーンも見受けられましたが、重心がプレート方向に残らなくなった現在では140km/h前後のストレートでも容易に空振りが取れるようになりました。

総括→野手上がりで投手歴が浅い事も有り、メカニクスに課題を抱えていましたが、現在ではそのほとんどを克服しており、シーズンを経る度に何かしらの成長を感じさせてくれる投手です。相対評価の場であるドラフト会議においてどのような結果を得られるかはわかりませんが、ドラフト1位を当確視されている松本航投手(日体大)に迫るような存在になってきているように思います。社会人野球へ進む事にメリットを感じない為、大卒でプロの扉を叩いて欲しいところですが果たしてどうなりますでしょうか…(ちなみにプロでの完成形は今の松坂大輔辺りだと思われます)


 

秋季リーグ開幕に向けて

お久しぶりです。今週末から秋季リーグ開幕という事でブログを再開いたします。


今月上旬に行われたプロアマ交流戦についても書こうと思ってたのですが、最近ロクな写真が撮れなくて更新するモチベーションが下がっているんですよね…。 この試合を見た感じでは栗林投手(名城大学)は大学キャリアハイの状態にある可能性が高いです。 これまでのシーズンではあまりピンと来なくて個人的にはそれ程熱心にピッチングを追っていた存在ではなかったのですが、ゾーンの四つ角を突ける制球力とスケール感が増したストレートに上積みを感じます。下級生時から150km級の球速表示を叩き出せていたのは最大外旋角度の深さを生かしたスイング動作によるものだと思われますが、そこに回転動作の素早さが加わった印象があります。球質程には空振りを取れないところに課題を残していますが、あの投球をリーグ戦でも見られるようであれば今秋のドラフト会議で名前を呼ばれる可能性は高いような気がします(順位縛りがあるという話ですけども)

3S9A8619

3S9A8583
最大外旋角度というのはこの動作内における前腕の角度です。
肩甲骨と胸椎の可動域を使う事でスイングのしなりに幅を持たせています。

3S9A8653
"回転動作の素早さ"というのは横向きの状態から正面を向く速さの事です。
左股関節を起点として両腕を狭く入れ替えるような連動が実現すればストレートに縦スピンがかかると思います。

 

2部リーグ順位決定戦

2部リーグ順位決定戦について(連盟公式より)


>2部リーグの順位決定戦を5月19日(土)に行います。 


1部リーグの中京大-名城大の天王山と被ってしまいましたねぇ…
この週は北東北大学野球連盟の八戸学院大-富士大の天王山を見に行ってドラフト候補のメカニクス考察の資料を集めてこようかと思ってたのですが、
これで完全に北東北へは行けなくなりましたね。鈴木翔天投手も離脱中との事ですし秋季まで待ちますか。

中京大-名城大の天王山は恐らく大内公貴投手栗林良吏投手の投げ合いになりますよね。
当日ほどよく雨が降って1部リーグは強行開催、2部の順位決定戦は翌日開催となってくれたら…

大山憲介選手(愛知大学)

732A5702

732A5715

愛知大学が1部リーグ復帰を決めた秋季入れ替え戦でのふたコマ。この頃【クリック】から変わってないみたいですね。

試合中に笑いを誘うヤジを飛ばしていた印象の強い選手ですが、三塁守備は硬式社会人の一流どころと比べても遜色の無いレベルで打撃でも鋭い打球を連発する、掛け値無しの名プレーヤーでした。
(余談ですが入れ替え戦当日に特定されてネクストから挨拶されました 笑)

2016年も今日で終わりですね。選手、関係者、ブログを見てくださっている皆様、一年間ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

愛知の至宝、満を持して神宮へ

732A3309

MAX153km/h右腕・栗林良吏投手擁する名城大学が中部王座戦を制して神宮行きを決めました。コンスタントに150km/hを叩き出すストレートが栗林投手における最大の売りですが、集中打を浴びてビックイニングを作られる事も多くまだ投球術に課題を残しているのが現状。好調時のストレートは田中正義に勝るとも劣らないので、見といて損はないピッチャーだと思います。スライダーの使い方も上手いので、修正力に磨きがかかれば更に隙の無い投手へと成長するのではないでしょうか。

プレイバック2015① 春季入れ替え戦

732A1147

732A1169

732A1165


732A1195


732A1133

732A1307

732A1176


シーズンオフの間に未掲載のままだった試合を振り返って行こうと思います。

【春季1部2部入れ替え戦】日本福祉大学-東海学園大学(2015-05-30)


春季の1、2部の入れ替え戦は日本福祉大の連勝という結果に終わりましたが、
第一戦目は日福大のエース西川投手を責め立てた東学大ナインの奮闘が光る内容の試合になりました。
正攻法で打ち崩すのは厳しいと見立てたのか、フルカウントまで粘って四球をもぎ取る攻撃を徹底してきた東学大打線が序盤に先制して
試合の主導権を握りました。東学大打線の中で目立っていたのが1年生の山口陸選手。
指名打者で起用され、序盤の2打席で1四球1タイムリーの活躍を見せました。
 
その後は日福大・西川投手が持ち直し、打線も東学大・竹中投手を攻略し逆転。
試合終盤に訪れた二死満塁、打者・石川智樹という一打逆転の場面も西川投手に軍配が上がり、
日福大が1点差のリードを守って終了、といった感じの投手戦になりました。
序盤に四球とヒットで出塁を許した山口陸選手を、その後はあっさり2三振に押さえ込んだ辺りに西川投手の凄みを感じましたが、
試合全般として見ると、1部下位と2部上位との間にある力量差というのは2014年度程では無いなとも思いました。
東学大としては概ねプラン通りの試合運びが出来ていたのではないかなという気がしますが、
1部昇格を目指すにあたっては打撃面での迫力不足が長年の課題となっている気がします。

そして、東学大の主将兼主砲としてチームを引っ張ってきた、石川智樹選手がこの入れ替え戦を最後に引退。
呼び込んだ球を真芯で捉えに行く印象的な打撃スタイルの素晴らしいバッターでした。

愛知大学野球連盟の下部リーグから豪腕タイプの投手が次々出てくる事に関するエトセトラ

浅尾拓也(日本福祉大→中日ドラゴンズ)を輩出した後も絶える事無く、愛知大学野球連盟の下部リーグから出現する雑草系豪腕投手。
この地方に馴染みのない方からは「東都と同じで愛知は下部もレベルが高いからプロに行ける投手が出てこれる」というような発言を目にしたりもしますが、
自分の考えはそれとは少しだけ異なります。
それ程長い期間、愛知の大学野球を見てきた訳ではありませんが、愛知大学野球連盟の1部と2部にはそれなりの差を感じます。

では、なぜ下部リーグからプロで通用する投手やドラフト候補生が次から次に出てくるのか。
それは恐らく、1部と2部との間に明確なレベル差があり、それぞれの野球の質が異なっている事が大きな要因を締めていると思います。
1部リーグで活躍し、その勢いを持ってプロへ進む投手(社会人経由を含む)は、
プロの世界ではどちらかというと先発投手として起用されているタイプが多く(石川歩、浦野博司など)、
2部リーグからプロへ進んだ投手はセットアッパーとして起用されているタイプが多い(浅尾拓也、田島慎二、祖父江大輔など)という傾向があります。
これを逆説的に考えると、1部リーグは先発投手に必要な総合力、合わせ難さや試合中の修正力を問われる特性があり、
2部リーグは球の力でねじ伏せるような本格派の投手を輩出しやすい特性があるという事になるのではないでしょうか。
良くも悪くも、2部リーグはピッチングに幅が無い投手でもストレートが図抜けていれば登板の機会が得られやすく、
実戦の中で球の力を磨いて行きやすい環境にあるような気がします。

2014年度春季リーグの1部2部の入れ替え戦では、当時ドラフト候補生として全国的な知名度を誇り、
2部リーグ屈指の本格派右腕だった北出浩喜投手(当時は愛工大に所属)が、1部リーグ最下位の中京大学に打ち込まれてノックアウトされました。
こういう話が出ると、「今までは2部リーグだから通用しただけで、上のカテゴリー、ましてはプロでは通用しない」という見方をされそうですが、
上記の通り、2部のドラフト候補生投手というのは基本的にピッチングの幅を買われているというよりは、
球の力自体を評価されている訳で、一試合中に同じ打者を複数回抑える力を評価されている訳ではありません。
愛知のトップカテゴリーの大学生打者達はリーグ選抜という形式でならプロ二軍の投手を初見で打ち崩すぐらいの力を持っており、
3順目4順目まで抑えるとなると、ある程度のピッチングの幅を要求されます。
(ちなみに、その後の北出投手は進路先のパナソニックで活躍し2016年のドラフト上位候補と言われております)

なぜそのような打者達を抑えている1部リーグからドラフト候補生投手があまり産まれないのかという話になりますが、
1部リーグは何処も大所帯で戦力が分散し、実力が拮抗しています。
(愛知のチームが選手権でコンスタントに勝てなかったり秋の神宮枠を逃す事が増えた理由もここに起因するのでは)
高校時代に実績のある投手が多い為にチーム内の争いも激しく、公式戦で投げられる投手は一握り。
その出番を得るためにはプロで通用するような特徴的な武器を磨くというよりは、
投手としての総合力を磨かざるを得なく、どちらかというとアマ気質な好投手として完成されてしまうからではないかという気がしています。
稀に荒削りな豪腕タイプの投手が1部リーグでチャンスを与えられる場面を目にしますが、
多くの場合は結果を出し続けられずに出番が減って行きます。
余程突出した逸材でない限り、1部リーグに居ながらにしては
プロで通用するようなストロングポイントを磨きにくいという事なのではないでしょうか。

事実として、1部リーグの主戦投手は左腕や変則派が多く、
球の力というよりはどちらかと言えば、打ち難さを問われているような気がします。
昨年度ドラフト候補生としてプロから注目されていた西川昇吾投手や中川誠也投手もそう言った類の投手だと認識していますし、
(西川投手は時折パワー寄りの投球も見せますが)それらを踏まえると、これらの仮説が全て誤認とも言えない部分はあると思っています。
(1部リーグの本格派は下級生時から酷使された事が理由で最終学年にトップパフォーマンスを発揮できないパターンも多々あるような気もしますが)

長々と書きましたが、愛知の大学野球をちょこちょこ見ている立場からの考察は以上になります。
今後、リーグ全体の特性に変化が出てきたりして、色々な事情が変わってくる事もあると思いますが、
これからも後世に語り継いで行きたくなるような素晴らしいプレーヤーが
愛知の大学野球界から続々と登場してくれる事に期待しています。


この流れで2部リーグの隠れた大器?を紹介(昨秋までは3部リーグに所属)
平澤貫太投手(愛知学泉大学2年)

C73A3043

C73A3044


C73A3036

投げている所をほとんど見たことが無いので詳細はあまりわかりませんが、
打者寄りのリリースでこれだけ打点が高く、尚且左足をプレートに残せる柔軟性は希少ではないかと思います。
打者にやや背中を向ける感じから横回転を加えた後、上体を縦に倒すフィニッシュの仕方など、
近鉄時代の野茂英雄と類似点がいくつかあるような気がします。
リリース時に膝が割れてるのが少し気になるので、野茂のように膝をくの字に曲げて食い込ますような着地をマスターすると更に良くなるのかな?
新年度の飛躍に期待。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ