愛知大学野球連盟

令和元年終了のお知らせ

3S9A7303

今年一番記憶に残ったのは松田亘哲投手のプロ入りですね。2018年春以来の2部リーグ復帰も果たしましたし、愛知の大学野球シーンというところで言えば松田投手が全て持って行った感が有ります。例年であれば関係者しか観に来ない3部のプレーオフや2部3部の入れ替え戦に一見客が押し寄せ、ドラフト1位指名された選手が出場する試合以上の注目を集めました。プロの世界は甘く無いと思いますが、更なる奇跡を起こして欲しいですね。

noteに松田投手の投球動作についての所見をまとめました。


3S9A7843

3S9A7840




ヒップターン






3S9A0912

3S9A0913

3S9A0914

3S9A0915

3S9A0916

3S9A0917

最近ツイッターでしつこく言ってるヒップターンとはこういう感じです。
身長デカくて体格無くてもホームランを量産する打者に共通する動きです。
ボールを飛ばしたければ尻を振れ。



3S9A0921

ちなみに中日ドラゴンズのドラフト4位・郡司選手も尻がよく振れていて骨盤が高速回旋しております。
骨盤の回旋距離そのものが長いですよね。




たっ・た・かえ~

3S9A0122

3S9A0144

3S9A9908

3S9A0131

3S9A9921

3S9A0160

3S9A0132

大学1年生とは思えないような風格を持つ男・澤井廉(中京大中京→中京大学)。入学当初からレギュラーに君臨し、春季リーグ戦→打率.314打点10、秋季リーグ戦→打率.279本塁打1打点6という成績を残しました。本来なら東京六大学、東都大学野球に進んでいるような大物選手ですが地元の中京大学に進学しています。

上記の画像は全て秋季リーグ戦で撮影したものですが、打撃の特徴としては「後ろ大きく前小さく」「呼び込んで叩く」という感じだと思います。イメージとしては凄く良いと思うのですが、気になるポイントがいくつかあります。

構えの画像を見てみますと呼び込む意識が強い事が伺えます(左脚の膝が捕手方向へ残りすぎているように見えます)。これによって左股関節の内転が甘くなり、ブレーキ筋優位(大腿四頭筋優位)の形で軸足を使う事になります。又、構えからトップの動作に入った辺りでは左の股関節が曲がりすぎてもいますので体を素早く運ぶ事が困難になっていると思われます。前に誘われた時に腕の返しで処理する事が多いように見えるのは、その為かもしれません(上手くセンター方向へと返せていたりしますが)。 股関節を上手く使えないと尻が落ちた状態で体重移動することになり上体がゾーンから離れます。インサイドアウトで振りにくくなり外角に対する見極めが難しくなる原因になりかねません。

「後ろ大きく前小さく」 の意識でスイング軌道を作れているのは良い事だと思いますが、後ろが大きすぎる事とヘッドが横から出ているように見える事が気になります。更には右脇を閉めるので(コースにもよると思いますが)、後ろを大きく取るバックスイングと合わさってバットが出て来ません。外寄りの球を前のポイントで捉えにくくなる事や胸椎の回転が阻害される事が懸念されますし(引っ張り込むような長打が打ちにくくなる)、縦の変化球には対応しにくいかもしれません。

以前中日新聞に本人のコメントが記載されていましたが、それによると自身を長距離砲とは捉えてないそうです。その割にはヘッドステイバックの反りが強いように見えます。ヘッドステイバックの反りが強いと打球に角度が付きやすく、呼び込んで捉えられるようになりますが前後のコンタクト幅が狭くなります。

ネガティブな視点で色々と書いてしまいましたが、芯で捉えるミート力と打点を稼げるクラッチヒッターぶりを見る限り、素材の良さはピカイチです。大学日本代表入りを狙って行ける選手だと思うので今後の成長を楽しみにしたいと思います。




令和元年度名古屋大学野球部

3S9A7174
左から小林研貴内野手、松田亘哲投手、井上尚輝捕手






この一枚の写真が全てを物語っています。自身の努力と決意の強さがプロ指名を勝ち取った再大の要因に違いないところでしょうが、チームメイトの支えによるものも大きかったはずです。「3部リーグ所属の怪腕」「最速148km/h左腕」という異名を誇っていたので圧倒的な個人だと思われているかもしれませんが、ここ数か月の間に急上昇して来た素材型というのが実情です。

「負ければ大学野球引退」「ドラフト指名後、初登板」というプレッシャーのかかる状況で行われた3部リーグプレーオフ・愛知淑徳大戦(2部リーグ最下位校との入れ替え戦に進出する為の一発勝負)では7四死球を与えてしまう大乱調の投球となり、ノックアウトもチラつくような厳しい展開になりました。

苦しむ松田投手を一人にはさせない、と援護射撃をしたのが井上尚輝捕手と小林研貴内野手の両選手。共に松田投手と同学年の4年生で、守備力が強みの井上捕手は正確な送球による進塁阻止と("イノキャノン"と命名しましょう)と好フィールディングでピンチを防ぎ、代打で登場した小林内野手は超特大の同点ホームランで球場の空気を一変させました。

井上捕手が相手の攻勢を止める度に「サンキュー」の意が込められたようなタッチを交わしていましたし、特大弾を放ってベンチに引き上げて来た小林内野手は松田投手を見つけるや否や熱い(熱すぎる)抱擁を交わしていました。苦しい時に助けてくれた仲間への感謝、松田投手を助けたいと思う仲間の気持ちが垣間見えた瞬間です。

名大ナインにとっては松田投手の存在は誇りでもあり自分達が取り組んで来た事の象徴でもあるはずです。2017年の春季以来となる2部リーグ復帰に向け、一枚岩の様相を見せる「令和元年度名古屋大学野球部」の集大成に注目です。

3S9A6618

3S9A7097

3S9A6706

3S9A6712




岡勝輝内野手(愛知学院大学)

昨秋のリーグ戦では三冠王に輝いた連盟屈指の強打者(4年生 近江高校卒)。今春も打率.370 本塁打2 打点10をマークし2季連続の本塁打王に輝きました。その打棒は大学生との対戦に留まらず、8月20日に行われた中日ドラゴンズとの交流戦でも二塁打を2本放つ活躍を見せました(4打数2安打※好守備に阻まれた長打性の凡打を含む)。全国レベルの打者と比較しても見劣る事の無い存在だと思われます。

打撃フォームの連続写真
3S9A5530

3S9A5532

3S9A5533

3S9A5534

3S9A5535

3S9A5537

軸足の内側体重から始動。前重心気味で踏み出して行きますがボールと衝突するような事が無く、上手く間合いを測れています。バットを立てた状態のトップから最短距離に近いエルボーイン("上から叩く"というやつですね)の軌道でインパクトへと向かいます。インパクトまでは左の膝を張らない事でコースと緩急に対応しており、深めに取った歩幅を生かした水平回転型のバッティングスタイルと言えそうです。構えの動作で右の股関節に発生したパンツの皺がインパクトでは左の股関節に移動しており、下半身の力を上手く使えているように見えます。大まかに分類すると西武ライオンズ時代の清原和博氏に近い打ち方ですが、インパクト以降で軸足を前に寄せるように下半身を回転させるところや、引き手(左腕)側の肩甲骨を使って両肩をぐるりと回すようなフォロースルーの形は清原氏には見られないような動きで、中軸打者としては小柄な部類(170cm70kg)の体格から強烈な打球を飛ばせる理由はこの辺りにあるような気がします。

3S9A1206
両側の肩甲骨と胸椎が大きく動く事で豪快なフォロースルーが取れています。
軸足に重心が残らず両膝が接近するような形でインパクト出来ています。
小柄な打者のお手本と言える打ち方でしょう。


3S9A0919
打撃の再現性が高く、ほとんどの打席で片手フォローの動作を見せています。

732A1257

なかなか上昇気流に乗れないチーム状況ですが、4年生野手には福本勁信選手も居ますし強豪復活の狼煙を上げられるようなシーズンになると良いですね。




RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード