愛知東邦大学

「石田の大学時代を見た事がある」と謎自慢できるチャンスですよ

3S9A6275

3S9A6279
この軸足内側への重心の掛け方、素晴らしいですよね。予め並進運動へ入る準備が出来ています。

石田遊撃手については改めて書き直したいと思うのですが、とりあえず今季のパフォーマンスは予想以上です。 私が観戦した試合では14打席11打数7安打2四球1死球という、最低マルチヒット、一試合平均3出塁以上という驚異的な成績を残しています。シーズン通算でも打率.571(4月27日現在)をマークしており、MAX143km/hの実戦派右腕・井村投手(至学館大)から2安打1死球を記録した辺りからしても「2部リーグだから」で済まされる話では無いと思います。

今季のプロ野球界で高い数字を挙げている打者に共通しているのは"選球眼の良さ"だと思うのですが、石田遊撃手の打撃スタイルはそのトレンドにがっちりハマっていると思います。 野手の間を抜くようなシングルヒット中心の打撃ではありますが、際どい球を徹底的に見切り、ゾーンに入って来る球を一振りで仕留めるコンタクト能力の高さは出色のレベルにあると言えます。私が見た14打席での空振りはゼロ、凡退した打席も打ち損じや野手の正面を突いたものぱかりで、まともに打ち取られた打席は一つもないという図抜けたパフォーマンスを発揮しています。1部リーグ、それも地元球団にパイプを持つ大学に所属選手している選手だとしたら現実的なドラフト候補として扱われているのでは?としか思えない状況です。

打撃のみならず遊撃守備の方もハイレベルなのですが、それに関してはシートノックを見て貰えば一目瞭然だと思います。リズミカルで柔らかいステップと強肩から繰り出される正確な送球は社会人野球の強豪チームでもスタメンを張れるレベルに有ります。局面でのスーパープレーも多く、以前からの2部リーグを知る身としては、このレベルの守備力を持つ遊撃手が現れた事に隔世の感があります。 先の塁を積極的に狙いに行く走塁技術やライナー性の鋭い当たりを放つ長打力を向上させてくるようだと「源田壮亮以来の存在」という事になってくるかもしれません。 何せ今の注目度では全然物足りないので有識者の方達に見て貰いたい有望な選手です。

3S9A6899

メカニクス分析~武次慶士投手編(愛知東邦大学)

C73A4978
①左膝が胸の位置まで上がっており、膝下が二塁方向へ向いている為、股関節の割れを使えています。
その割れによって並進移動時の推進力を生み出しているのではないでしょうか。
臀部とハムストリングスに下半身のエネルギーが発生します。


C73A4979
②グラブから早めに右腕を抜いています。下半身のパワーが軸足(右脚)の内転筋に移ります。

C73A4980
③並進運動の序盤、ヒップファーストの段階です。軸足を深く折らない辺りに縦の角度を使う意図を感じます。

C73A4997
④並進しながらグラブを三~本塁間の方向へ突き出し、打者との正対を避けています。
肩甲骨をしっかり開けて左腕を突き出せているベストの形です。

C73A4998
⑤グラブを高く上げ、両肩のラインに傾斜が付きました。左脚の大腿部を内旋させ着地までの溜めを作っています。
スパイクの裏を打者方向に向けており、左脚に横運動が加わりにくい"くの字型ステップ"です。

C73A4983
⑥ランディングの段階です。左脚が接地する手前で右手が肩まで上がっているベストな形です。
左右の肩甲骨を大きく開き、上半身の可動域を広げる為の準備が出来ています。

C73A4816
⑦トップの段階です。胸椎の張りを上手く使えており、下半身のパワーが左脚の内転筋に移動しました。
股関節の重心はまだ軸足側にも残せています。下半身の使い方は申し分ありません。

C73A5011
⑧左脚の大腿部の内旋がほどけ、内転筋に溜まっていたパワーが左脚全体へと移動し地面へ接地します。
その反力によって右側の股関節に加速力が発生し、それに導かれるように上半身も回転し始めます。
最大外旋角度が深く取れており、肘から先を後ろに置いてくるような"逆C"の形が作れています。

C73A4817
⑨ グラブで左半身をしっかりホールドし上半身の横への広がりを押さえています。
以前は脛がマウンドに接地していたのですが、重心が上がるようになりました。
角度の付いた球を打者寄りにリリースする為の意図があるのかもしれません。

C73A4820
⑩上体を倒し込んでリリース出来ており、振り抜いた腕が上体に絡みついています。
ハムストリングスの力で膝が張り、スムーズな重心移動が出来ているように思います。

まとめ
→下半身のエネルギー移動に優れており、両脚の内転筋での溜めを上手く使えているのが特徴的です。並進移動時に深い割り(上半身と下半身の引き剥がし)を作らない投げ方ですので、左肩の開きに注意したいところですが、左脚内転筋と胸椎を張る動き(肩甲骨の寄せ)での溜めによって上体に間を設けています。最大外旋角度(腕のしなり角)が深く取れているのも肩甲骨の開きと寄せを上手く使えている為ではないでしょうか。機能美に優れたメカニクスですが、実戦では球を見極められてカウントを悪くする事があります。上体が横に振られる事で制球にバラつきがあるのかもしれません。できるだけ頭を一塁方向へ振らず、上体の横幅を狭く使えるようになると角度のついた球を両サイドへ制球しやすくなると思われます。


たけつぐとうしゅ(仮題)

3S9A4434
約1年半ぶりに武次投手の投げている姿を見ましたが重心が高くなって右脛が地面に着かなくなったように見えます。気付いたこと等について書いてみたいのですが眠いので後日加筆します。

フリッカーのアルバム

石田基起遊撃手(愛知東邦大学)

3S9A7917

3S9A7677

3S9A7618

3S9A7862

石田基起遊撃手 (愛知東邦大学)
東北高校卒 176cm 72kg

走攻守揃った選手ですが個人的には打撃に一番の魅力を感じます。"早仕掛けのコンタクトヒッター"というよりは球を見極めるタイプで、決め球のような難しい球を仕留めるバットコントロールにも長けています。球を見極めるタイプという事もありタイミングを取り出すのはやや遅めですが、狭く取ったステップの接地反力を利用する事でヘッドスピードを加速させており、前目のポイント(バットが加速しきったポイント)で球を捉えられています。パームグリップでバットを長めに持ち、後ろ足の股関節に体重を乗せて素早くトップを作るメカニクスを採用しており、全体的な意識としては中~長距離寄りと言えるのではないでしょうか。実際の打撃スタイルはグラウンダー性の当たりを広角に打ち分ける感じで、大きい当たりを積極的に狙うという感じではなく、"トップバッター"や3"番打者"と言ったタイプの打者という印象を受けますが、昨秋のリーグ戦では左中間への本塁打を放っており(名商大Gにて)、甘く入って来る球はきっちり仕留めます。2部リーグ所属の打者という事もあり、ズバ抜けた数字を残さないとアピール不足に映ってしまう懸念はありますが、黒野諒太郎選手(愛知産業大学)と共に下部カテゴリーのドラフト戦線を盛り上げて欲しいところです(イケメンで見栄えの良いスタイルでプレーするのも好印象に映るんじゃないでしょうか 笑) 。

---------------------------

この選手のここを見ろ!→「トップハンドトルク打法」

3S9A7718

3S9A7962

石田選手のインパクトの瞬間を見てみるとトップハンド(右手の押し込み)が主導となるようなスイングをしており、上体に対してヘッドの向きも水平です。エルボーインのフェーズで割れを使ってインサイドアウトのバット軌道を実現出来ている為で、両肘を曲げて構えているのも五角形型のインパクトを意識している為なのかもしれません。これはメジャーリーグでは主流の打撃スタイルで、瞬発的な爆発力を発揮できる打ち方だと言われています。「日本の打撃理論は遅れている」と指摘される中で積極的に新しい技術を習得していくマインドも強みの一つと言えるのかもしれません(大学のコーチによる指導かもしれませんが)。

---------------------------

3S9A7400
柔らかいステップワークで打球に合わせていく遊撃守備も魅力的で送球技術も及第点以上です。個人的には一押しのプレーヤーなので、知名度が高まる事に期待しています。


愛知東邦大学野球部、渋滞ピンチを救う

この米澤君(愛知東邦大学 3年)というのは正真正銘のエースピッチャーです。
巧みなコーナーワークと目線を上げる変化球を主体とした老獪なサウスポーですが、
ストレートのスピードや切れもなかなかのレベルで上の世界(硬式社会人)を狙える投手だと思われます。

3S9A3861
米澤佑弥投手 (愛知東邦大学) 
鹿屋中央高校卒 170cm 70kg


3S9A7554

3S9A7556

3S9A7561

3S9A7553

3S9A7562

せっかくなのでフォーム解析でも。(※同一動作内の連続写真ではありません)
肩甲骨を大きく外転させてるのが特徴的で、胸椎の張りを上手く使えています。頭の位置が上下にブレず、腕が早めに上がってくる事が制球力の高さに繋がっています。
ランディングのフェーズで突っ張っている左脚の使い方が改善ポイントでしょうか?股関節の内旋可動域が広くなれば軸足も浮かなくなると思います



ジーニアス

3S9A7673

3S9A7369

3S9A7394

3S9A7619


3S9A7624

3S9A7868

3S9A7871

3S9A7872


『止まらない成長曲線』

石田基起遊撃手(愛知東邦大学)
リーグ戦第二週・星城大学戦(9月9日)では5打席全てで出塁し(3安打2四球)試合を決める3ランホームランまで放ちました。
…時間が無いので後程加筆します



ナンバーワン

3S9A3998

3S9A3965

石田基起遊撃手(3年 東北高校卒)
春季の開幕ゲームを観戦しましたが(4月15日 同朋大学戦)半速球以下のストレートと各種変化球なら全て捉えきってしまいそうな凄みを感じさせる打撃を見せていました。 ギリギリまで始動を遅らせるバッティングスタイルなので高速域の球には苦戦しそうですが140km/h台後半で押してくる投手と対戦する機会が少ないカテゴリーでプレーしているという事を考えれば特別不利な打ち方でもないのかな、という気がします。この日は4打数3安打の猛打賞。やや難しい変化球を一発で仕留めるシーンも有り、3番打者としての起用に応える大活躍。 愛知の2部リーグはタレント的な部分で言えば投高打低の印象がありますが、野手としてのドラフト候補生になりうる可能性がある逸材だけに今後の更なる成長に期待したいです。

武次慶士投手(愛知東邦大学 2年)

732A2907

732A2939

C73A9874

C73A9877

 ドラフト候補級の投手が複数人現れて各メディアを賑わせた愛知2部リーグでしたが、その彼らが下級生だった頃よりも凄いんじゃなかろうか?と思わされるような投球を見せる投手が続々と出現し始めています。その中の一人としてまず挙げておきたいのが愛知東邦大学の武次慶士投手(2年 半田工業)。横振りのスリークォーターから繰り出すストレートはMAX145km/h超との事で、秋季プレーオフ・愛知大学戦では初戦の先発に抜擢されました。中盤のイニングスに差し掛かったところで降板しましたが立ち上がりの内容は見事で、昨秋の神宮経験者がごっそり残った愛知大学打線に対して球の力で押し込み、角度のついた飛球を全く打たせないピッチングを見せました。現状そこまで投球幅は無いように感じますが、左打者のインに切れ込みながら大きく曲がり落ちる変化球(スライダー?)と球質の重そうなストレートのコンビネーションは1部リーグの投手と比較しても秀でているものを感じます。体格的な奥行はそれほど感じないので、上の世界で~という話になると投球幅の拡大もしくはストレートの平均速度を上げる事が課題になるのではないでしょうか。小林弘郁投手と同じくプレート側の脛をマウンドに着けるようなフォームを採用しています。愛知を代表する投手への成長に期待がかかる存在です。

石田基起遊撃手(愛知東邦大学 2年)

732A3007

732A3119

732A3198

732A3675

732A3793

732A3820

732A3555

732A3678

732A3027

732A3127

東海学園大の加藤遊撃手に勝るとも劣らない守備のスペシャリスト、石田基起遊撃手(2年 東北)
全方位型で球寄せが早く、手元でのイレギュラーバウンドにも反応し、矢のような一塁送球を見せる。
打者としてはトップバッターや3番打者を任される事が多く、打撃スタイルはリードオフマン系というよりは狙い球と失投に反応する見極め型のスラッガー系。
華のあるプレースタイルで一際目立つ存在なので、今後の愛知2部リーグを牽引するような打者へと成長して欲しいところです。

秋季プレーオフ第2戦(愛知大学-愛知東邦大学)

732A3648

C73A3426

732A3864

732A3640

732A3609

732A3593

732A3629

732A3827

732A3690

732A3710

愛知大学が貫禄を見せつけて勝利し1勝1敗のタイとなりました。昨日は堅守速攻で先勝した愛知東邦大学でしたが、この日は試合中盤へ差し掛かった辺りから守備でミスを連発。傷口を広げていく形での失点を重ねての敗戦となりました。明日の試合で勝利した方が入れ替え戦進出となります。話は変わりますが、この時期の瑞穂での撮影ムズすぎる。色が出ない、色温度が変、逆光になる、と色々大変です。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ