日本福祉大学

東海クオリティの東海クオリティたる所以



愛知の学生野球界では無名公立高校出身の投手がドラフト候補へ変貌するような事が度々起こります。2017年の県大会(夏)初日に対戦した岩津高校と東郷高校の試合も後々語り継がれるような大物同士の投げ合いだったという事になるのかもしれません。岩津高校が9-4のスコアで快勝した試合ですが、この時の東郷高校は当時2年生の眞田拓投手(現・名城大)と当時1年生の金子蓮汰投手が登板しました。眞田投手、金子投手共に最終学年では最速140km/hをマークするようになり、県内屈指の好投手と呼ばれるようになりましたが、そこまでの急成長を遂げる事は予想できませんでした。


この試合を制した岩津高校には当時3年生の土肥大輝投手(現・愛知東邦大)と当時2年生の池津智紀投手(現・日本福祉大)が在籍していましたが、土肥投手は進学先の愛知東邦大で早くも主戦格として起用されています(現在大学2年生で1年生の秋季から公式戦で登板しています)。実戦力の高い下手投げの池津投手も大学野球で台頭して来る可能性の高い存在です。ちなみに東郷高校戦は、この二人の投手で継投しましたが土肥投手は体調不良で降板したと記憶しています(熱中症でしたかね)。

という感じで、甲子園常連校だけでなく中堅公立校や無名公立校にも有力選手が多いので、油断せずに色々見ておくとブレイク前の姿を目の当たりに出来るかもしれません。
 

732A6163
金子蓮太投手(東郷高校※1年生時)

732A6169

732A6153

732A6136
眞田拓投手(東郷高校※当時2年生)

732A6010
土肥大輝投手(当時3年生)

732A6144
池津智紀投手(当時2年生)

3S9A0771
愛知東邦大に進学後の土肥投手



藤原直也投手(日本福祉大学)

3S9A6704

3S9A6715

3S9A6796

3S9A7356

3S9A7442



3S9A7602



プレーオフ三戦目




3S9A6103

3S9A6104

3S9A7143

3S9A7312

プレーオフ三戦目は現地で見れませんでしたが、愛産大が勝利して入れ替え戦行きを決めました。プレーオフの勝因は色々あると思われますが、二戦目以降で日福大打線を散発に封じ込んだ(二戦目以降は20イニングスで被安打7)バッテリーの修正力もその一つになりますでしょうか。16安打を許し8失点を献上した一戦目は「肉を切らせて骨を断つ」の"肉を切らせた"状態だったのかもしれませんね。実際のところはどのような要因によって日福大打線を抑えられたのかはわからないところですが、プレーオフの三戦全てでマスクを被った間瀬拓海捕手(3年 愛知黎明)の手腕によるところもあったのでは無いでしょうか。入れ替え戦での戦いぶりも楽しみにしたいです。

ちなみに間瀬捕手は木原投手、野瀬遊撃手(共に東海学園大学)と愛知黎明で同学年だった選手ですね。1部リーグでの再開なるか。



プレーオフ二戦目



3S9A7563

3S9A7656

3S9A7703

3S9A7284

3S9A7488

3S9A6985

3S9A6738

3S9A6784

3S9A7412

3S9A6897

3S9A6924

3S9A6847

3S9A7751

「どっちも負けて欲しくない」と思えるような熱い試合でした。決勝タイムリーを放ったのは主砲の濱元大希選手。今季から主将を務めている事もあって守備につく際は積極的に声掛けをしています。主砲という事も有り相手チームのバッテリーから厳しくマークされる存在ですが、間隙を縫うように強烈な一打を放ち、今カードも印象に残る活躍を見せています。 プレーオフが始まる前は打ち合いを制した方が勝つような対戦カードだと思っていたのですが今のところはそうなっていませんね。初戦を見た感じだと日福大の連勝であっさり終わるのかと思っていたのですが、今日の試合は淡白な攻めに終始してしまい勢いを止められてしまった感が有ります。チーム全体の打撃を修正して来れるかどうかが鍵になりそうですね。




プレーオフ一戦目




3S9A6037

3S9A6213

3S9A6354

3S9A6400

3S9A5936

3S9A6390

3S9A6176

愛産大はTH砲(高木海と濱元大希)が各々1本塁打を放ちましたが投手陣が16安打を浴び敗戦となりました。勝った日福大は上位から下位まで満遍なくヒットが出て、先制→中押し→ダメ押しと効果的に得点を挙げて横綱相撲で押し切りました。4安打を放った核弾頭の立石選手、欲しい場面でタイムリーを放った樫山選手、山崎選手らマンオブザマッチ級の活躍を見せた選手はたくさん居ますが、この日一番の存在感を放ったのは8イニングスを被安打2に抑えた石本投手だと思います。リーグ戦終了後から今までの間に一体何があったのか?と思わすほど、制球力に磨きがかかり、見逃し三振や差し込む形での凡打を量産。まともな打球が外野まで飛ばないという一世一代レベルの投球を見せました。柔軟性に課題を残しているような投げ方に見えますが、リーディングアーム(左腕)を使った上体回転や踏み込みの地面反力を生かした重心移動によって弱点を上手くカバーしています。今日のピッチングに再現性があるのであれば1部リーグの打者も打てないでしょう。 大差での敗戦という思わぬ結果となった愛産大ですが、9回に2点を取り返せたのは大きかったと思います。明日の試合に切り替えて欲しいですね。



このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード