星城大学

澤田翔投手(星城大学)




3S9A8834

3S9A8835

3S9A8824

3S9A8832
澤田翔投手(津商業-星城大学1年)
1年春季より実戦起用され、昨秋リーグ戦では1部昇格を果たした愛工大打線を封じ2失点完投勝利を収めた。
右脚を「くの字」に折るステップとグローブ側の腕によるブレーキングを利用しない変則フォームの左腕。
スリークォーターからサイドに腕を振って来るので左打者には滅法強い。
同じく1年生の小坂投手(帝京大可児-星城大)と共に星城大の躍進を担う存在。

 

2部リーグ全節終了

春季の2部リーグは全試合終了しましたがAリーグ、Bリーグ共に1位に2校ずつが並んだ為、1位決定戦が行われることになりました。 2部Aリーグは名古屋学院大と星城大、2部Bリーグは至学館大と愛産大との間で行われます。

3S9A8520

3S9A9038

C73A4801

3S9A8193

名古屋学院大はエース谷口投手と主砲の秦選手(シーズン16打点という驚異的な数字を残しました※プロシーズン換算で224)打点ペースです)を中心とする投打の噛み合ったチーム。対する
星城大は細かい継投で勝ち抜いて来たチームです。1年生を中心としたフレッシュな投手陣を牽引した山田捕手は自身も打率.467をマークし首位打者の座に輝きました。勝敗予想は難しいところですがリーグ戦での直接対決では名院大の連勝に終わっています。谷口投手を序盤で攻略すれば星城大にも勝機有りというところでしょうか。

至学館大は絶対的エースの井村投手がシーズン6勝を挙げる活躍を見せており、額面通りの活躍を見せればロースコアの展開へ持ち込むはずです。井村投手を援護する打線も強力で、主軸の鯉渕選手と戸松選手はそれぞれ3本と2本の本塁打を放っています。対する愛産大も強力打線で勝ち抜いてきたチームです。規定打席到達者に打率3割超の選手が5人というラインナップで上位から下位まで切れ目が有りません。投手力がやや不安定ですが一戦勝負という事もあり細かい継投で目先を変えて来るのではないでしょうか。

星城大学のユニフォームがマイナーチェンジしている件

3S9A8868

3S9A7838

ゴールデンウィーク前半戦の3連戦を全て制し、見事2部Aリーグの同率2位に浮上した星城大。
今季のユニフォームから左肩に『星城マーク』が入る仕様にマイナーチェンジしております(画像参照)。

キャプチャ

胸ロゴと色が合って無いので妙な違和感があるのですが、このロゴって星城高校と共通で使用されているものですよね。
高校野球の人気にあやかるという訳でも無いのですが、他の大学も付属校と同一に近いデザインのユニフォームを採用すれば良いのになぁ、と思う事はありますね。
ユニフォームがほとんど一緒というだけで親近感を持ってくれる人が今よりは増えると思うんですけど。

池山健太投手(星城大学→矢場とんブースターズ)

732A1811

732A1810

732A1838

732A1851
池山健太投手 (星城大学→矢場とんブースターズ)
165cm68kg

大学4年の秋まで主戦格としてリーグ戦に出場していたので硬式で継続か?とは思っていたのですが(2部リーグの選手は進路先で続ける選手以外は最終シーズン以前に引退する事も多いのです)、矢場とんブースターズ入りしたみたいですね(まだ反映されていません)。大学では入学当初から先発投手を務め、一時離脱したものの最終シーズンでは素晴らしい投球を見せておりました。全盛期の大隣憲司投手(千葉ロッテ)を彷彿させるような右打者胸元へのクロスファイアが特に印象的でしたね。大学時代のピッチングをキープできれば矢場とんでもエース格を狙えるんじゃないでしょうか。

池山投手の投球メカニクスにおけるポイントは、肩甲骨を外転させることによって胸椎の反りを大きく使えている事でしょうか。ストライドのドライブ角も深く、右ハムストリングスの跳ね上げにより蹴り足の動きも大きく取れています。 ゼロポジションでも縦に叩くようなリリース角が取れており、全般的に機能性の高いメカニクスをマスターしている感じですね。





この記事を書く為に星城大学時代のプロフィールを調べてみて「えっ?」と思ったのが身長が165cmしかない事。マウンド上ではもっと大きく見えるんですけどねぇ。
池山投手の矢場とん入りに関してはグランドスラム最新号の選手名鑑ページに掲載されています。ご確認くださいませ。

SEIJOHのBRYCE HARPER

3S9A8756

3S9A8890

3S9A8892

3S9A8893

3S9A8896
尾関悠也外野手(星城大学 2年)
法隆寺国際高校卒 183cm75kg

1年生の春季シーズンより中軸で起用されている長距離ヒッターです。昨秋は打率3割超に加えて1本塁打をマーク、新シーズン以降でのブレイクに期待がかかります。

------------------------
テイクオフ→ニートップのフェーズで軸足に溜めがあるので「呼び込む」意識を感じますが、インパクト以降では軸足が踏み出し側へ寄って行き「前捌き」のスイングになっています。
これは一見に理に適っていないように思うのですが、恐らく
ブライス・ハーパー(ワシントンナショナルズ)のバッティングを参考にしているのでは無いでしょうか。
軸足で押し込む形のフォロースルーは茂木栄五郎(楽天イーグルス)タイプに見えるので、もしかしたらハーパーよりも茂木を参考にしているのかもしれませんが、理論としてはほぼ同じだと言えます。
尾関選手の打ち方で一つだけ気になるのはニートップのフェーズで左膝が捕手方向に向きすぎている事です。パワーロスに繋がる恐れがあるので内転筋を締める意識で内側に絞った方が良いのかもしれません。

ここのところリーグ内では中位以下の成績に留まる事の多い星城大ですが昨秋リーグ戦では尾関選手を中心に、バットを振れている打者が多数目につきました。
投手陣に目途が立てば上位に浮上してきてもおかしくないかもしれません。

このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード