朝日大学

竹千代君

732A9896


732A9866

732A9811

3S9A9994

3S9A9906

732A0114

"ネタ応援"と"主戦投手"の二刀流プレーヤーはもしかしたら前例が無いかもしれません。「竹千代君が公式戦で投げた」という情報を最初に聞いた時の衝撃は中々のものでした。
Twitter上での人気と知名度はドラフト候補選手に匹敵する程でしたし、IoT時代ならではのスタープレーヤーだったのかもしれませんね。
最上級生になって先発投手を任されるようになっても、以前と変わらぬスタイルで応援をし続けた姿は文句なしにカッコよかったですね。
今後は学校の先生を目指されるそうですが、こんな先生の従業を受けられる子供たちが羨ましいですね。
(ちなみに投手・宮城竹千代は柔軟性に富んだ技巧派のサイドハンドでした。)
【宮城竹千代投手(朝日大学)flickr】




サンシャイン竹千代

3S9A9974

ついに登板しているところを見れました。 他の画像、詳細等は後程。

宮城竹千代投手(朝日大学)

732A9811

732A981②

732A9814

732A9866

732A9823




とある朝日大の野球部員による応援パフォーマンスが話題になっています。
全身タイツの男、リコーダーを吹く男、アコギをかき鳴らす男、
これらは全て同一人物(宮城竹千代投手)で、三味線やタンバリンも応援に取り入れています。
昨年度の愛知東海北陸三連盟王座決定戦で披露した「朝日大サンバ」は既に局地的な知名度がありますが、
そこから約一年の間で応援スタイルに幅が出てきたようです(笑)

こういう「ネタ応援」に関しては、賛否両論の部分があるかもしれませんが、
人を笑わせる為にここまで出来るのは素晴らしい特技だと思います。
朝日大の躍進次第では神宮でも、このパフォーマンスを見られる日が来るのかもしれません。
Twitterで検索すると動画もたくさん出てくるので気になった方は探してみてください。

余談ですが、名商大が愛知の1部リーグに在籍していた頃にもネタ応援の名手と言える部員が居ました。
彼との対決が三連盟王座辺りで実現していたら伝説の一戦になっていたでしょうね。

倉内誠志選手(朝日大学)

2年後のドラフト候補として有力視されている天才遊撃手・吉川尚輝(中京学院大)に並ぶ逸材。
岐阜学生野球リーグ秋季ベストナインに輝いた新星・倉内誠志選手(2年 鹿児島実業)。
東海地区秋季選手権で首位打者を獲得した勢いに乗って、三連盟王座決定戦でも大活躍。
福井工大戦では猛打賞、中部大戦では右中間真っ二つの合わせ技ランニングホームラン(3塁打+中継ミス)を記録。

732A5121

732A5131

732A5143

鹿児島実業時代は遊撃手兼投手でセンスの塊。
菊池涼介、野間峻祥に続く新たな岐阜リーグのスター野手として台頭するのか、注目の存在です。

【東海北陸愛知三連盟王座決定戦】福井工業大学-朝日大学(11/2)

天気が悪かったので画質がイマイチですが
【東海北陸愛知三連盟王座決定戦】福井工業大学-朝日大学(Google+)

井上和紀投手(帝京第五)
大学選手権や三連盟王座ではお馴染みの正統派左腕。先を見越した継投策だったのか3イニングスで降板。
732A2992

小川僚大投手(3年 水口)
真横から強風を受けたようなスライダーを操る事で有名(?)なサイドスロー右腕。
732A3340

北陸1位の福井工大と東海2位の朝日大による一回戦第2試合。
終盤までは僅差の展開で進みましたが、天候が崩れた影響もあり最終回に一挙4点を奪われた福井工大が敗戦。
勝利した朝日大は福井工大打線を6安打1得点に封じた、田中、菊江両投手の好投が光りました。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード