木原大地投手

アットダウン

732A1564

732A4346



732A3983

そうです立位体前屈です(違)
栗林良吏投手(名城大)と木原大地投手(東海学園大)はその日最初のマウンドに立つ際と攻守交替時には必ず一礼をします。
愛知黎明高校時代からのルーティンですかね?来季は共に1部リーグ所属という事になりましたので、もしかしたら直接対決が実現するかもしれません。
利き腕も異なるし投球面においては似通った部分はあまりないですが、両者に共通しているのはフィールディングの上手さ。
特に木原投手は右利きだったら遊撃手としてもかなりの選手になっていたのでは?というレベルの守備を見せます。
バント処理時の突っ込みの速さと強襲打への反応は既にプロのゴールデングラブ級かも、という感じなので一見の価値ありです。


ニュータイプ

3S9A4061

木原大地投手(1年 愛知黎明卒)
強打・愛産大打線を相手に9回二死まで無得点に抑えるピッチングで1失点完投勝利を挙げました。
この結果によって春季の1部2部の入れ替え戦は1勝1敗のタイとなり明日の3戦目で昇降格か残留かが決まることとなります。

732A4015

732A4485

732A4573

732A4016

奪三振を量産するようなド派手なピッチングではありませんでしたが、打者の手元で球が切れていたのかファールフライで仕留める形のアウトが多く、特にランナーを背負ってからの粘りが見事でした。
黒野、濱元ら1部リーグ屈指の長距離砲との対戦でも早いカウントで打たせて凡打に仕留めたりする等、余力すら感じさせらる堂々としたピッチングワークを見せてくれました。
1年生の春に台頭してきた投手という事では、愛知黎明高校の2学年先輩にあたる栗林良吏(名城大)や小川優(愛知学院大卒)、小椋健太(中京大→東邦ガス)らに並ぶ存在と言えるのではないでしょうか。
小柄な体格なのでスケール感というところではどうしても見劣りしますが、実戦的で故障リスクの少ない投球フォームをマスターしているところなんかは大きな強みになると思います。
大学生の打者を抑えるという事に満足せず、上の世界で通用する投手像というところを目指してレベルアップしていけばプロ入りも見えてくるのではないでしょうか。
今後の成長が非常に楽しみな投手です。

春季入れ替え戦前夜

3S9A0986

732A0908

3S9A6695

3S9A1977

3S9A0440

3S9A0460
今季は1部も2部も大体一通り見れましたが、個でインパクトが強かったのが木原(東海学園大)と濱元(愛産大)の二人。 奇しくもこの二人が1部昇格と残留を賭けて対決する事になりました。 東学の二枚看板、木下投手と木原投手は今をときめく則本昂大を彷彿させるピッチングフォームの右腕と左腕。 本家の則本同様、制球力とスピード能力に優れています。 また、打者ではトップバッターのリードオフマン、松田内野手の打撃に本格化の兆候が見られ、リーグ戦ではマルチや猛打賞を当たり前のように記録し手が付けられない状態でした。 対する愛産大は打力に優れ、3番黒野外野手と4番濱元内野手の二人で計9本塁打を放ちました。 打力に優れる反面、投手層と守備面に不安を抱えています。 絶対値の差がそれほど無いのであれば、東学に分がある対戦カードなのかな…という気はしますが、結局のところはやってみないとわからないです。東学としては両先発が終盤まで持ちこたえて試合を作れるかどうかがキーポイントになるのでは。 どのような結果になるにせよ、好ゲームになる事に期待したいです。

ウルトラスーパールーキー見参

732A0497

プレーオフ進出のかかった2部Bリーグの天王山と目された対戦カード初戦(東海学園大-名古屋商科大)、東海学園大の先発投手に抜擢されたのは公式戦初登板(のはず)の1年生左腕・木原大地投手。
プロ数球団がマークする大型右腕・吐前拓哉投手の離脱で大黒柱を欠く状況となった東海学園大(5勝1敗)に対し、追う名古屋商科大(4勝2敗)は過去6試合で67安打(一試合平均11安打)の攻撃力を誇り、
乱打戦に持ち込めそうな名商大に有利な流れになるのではというのが戦前の予想でした。

732A0360

732A0469

732A0451

732A0418

いざ、試合が始まってみると名商大打線は沈黙、5回までランナーを一人も出せないという異常事態。
1年生左腕・木原投手のストレートとスライダーとのコンビネーションが冴えわたり、終わってみれば9回完封、被安打3(うち1本は打ち取った当たり)四球2のスーパーピッチで東海学園大が勝利。
名商大投手陣の好投もあり試合終盤まではスコアレスの投手戦となる我慢比べの中での投球という事を考えれば破格の内容だったのでは無いかと思います。
167cm69kgと小柄なサウスポーですが、それに反した重量感のあるストレートは体感で常時140km/h前後、手元で切れるスライダーが両サイド付近に収まり、空振りと見逃しによるストライクを量産。
全く事前情報の無い中での観戦だったので「このピッチャーはたぶん3年生ぐらいなんだろうけど、今までなんで出てこなかったんだ?」などと思っていたら、試合終了後に聞こえてきたのが「まだ1年生らしい」という声。
聞けば、愛知黎明高校出身で(名城大・栗林良吏投手を輩出した高校)高校3年生時は背番号19を背負っていたとの事。
もしこのレベルの投手が昨夏の愛知県大会で登板していたら恐らく現実的なドラフト候補として扱われ、藤嶋健人(東邦→中日ドラゴンズ)と並び称されていたはずです。
色々と謎の部分が多いのでそこは本職の方々(ライター、記者)に掘り起こしていただきたいのですが、兎に角凄いインパクトでした。
試合終了後のグラウンドを取り巻く空気感が七原優介投手(名古屋大→トヨタ)や中尾輝投手(名古屋経済大→ヤクルト)の大学キャリアハイ時と同じような熱の帯び方だった事が、それを如実に物語っていたと思います。
非関係者の一般人ウォッチャーとしては七原優介投手、中尾輝投手、嶽野雄貴投手(名古屋学院大→西濃運輸)らの
大学時代を一番見ていたのは自分だと思うのですが、この木原投手はその中に割って入ってくる可能性の有る逸材です。
体格面で劣るためにスケール感では七原、中尾に及ばないまでもフォームのメカニズムや投球の洗練度で言えば負けていない部分もあるのでは無いかと思います。
大まかには昨年度のドラフト候補生として秋季リーグまでスカウト勢にマークされた小林弘郁投手(愛知東邦大→三菱自動車岡崎)の一番良かった頃を彷彿させますが、
球の凄みという事でなら若干、木原投手が上回っているのでは無いかという印象でした。
まだ1年生の春季シーズン、それも1度先発で投げただけの投手なのであまり持ち上げすぎるのも良くないでしょうが鮮烈なデビュー登板となった事は間違いないと思います。
大学での4年間、計8シーズンを無事に乗り切るのは容易な事ではないので"順風満帆"と言うよりは"前途多難"な道筋になるでしょうが今後の活躍が非常に楽しみな存在です。
重ね重ねになりますが、なぜこんなに次々と一地方リーグの下部カテゴリーから凄いピッチャーが出てくるんですかね。
さすがに今季は谷間のシーズンだろうと思っていた矢先に突如として新星が出現してくれました。
まだ体力的に完成されてない面もあると思うので大事に使ってあげてほしいです。

732A0493

732A0465

732A0500
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ