東海学園大学

.474



開幕前に一押しとして紹介した三村政喜選手(東海学園大学 4年)が首位打者を獲得しました(僕は本塁打王候補として紹介していたのですが)。 打率.474(38打数18安打)という驚異的な数字を叩き出しましたが、単打狙いの当てに行くスイングでは無くゾーンに来た球を強く叩くタイプだという事も付け加えておきたいです。トップバッターなので一塁の駆け抜けタイムもそれなりに速いのでしょうが(未計測です)、右打者なので内野安打は稼ぎにくいはずです。その条件でこの打率を叩き出した事には高い価値が有るのではないでしょうか。

打撃モーションを簡単に考察いたします。
C73A2543
・軸足股関節の内転(軸足の内側体重)

C73A2544
・トップを早く作る意識(ヘッドが投手方向へ傾く)
・軸足に上体が乗る
・浮かせた左脚が体の内側に入らないので懐が深い


C73A2548
・両目で投手方向を見る
・腕がほぼトップの位置に入る 
・右の尻を少し投手方向へ向けるように軸足股関節の内転(内側体重)をキープ
・軸足のパワーポジション(骨盤を前傾させ臀部とハムストリングスの力を使う準備)


C73A2550
・軸足股関節の内転(内側体重)をキープ
・左の股関節を内旋させ(内へ捻る動き)鋭く踏み込む為の準備をする(※バックステップ気味の踏み出し)

C73A2551
・伸張反射を起こす為に腹筋を斜めに割く(捻転差)
・右肩甲骨を内に寄せて右腕を体幹にくっつける


C73A2552
・踏み込みの反力によって下半身を一気に開かせて骨盤を投手方向へ正対させる
・ヘッドステイバック(左脚が回転動作の軸になる)
・軸足に重心を残さず両膝を接近させる(スパイクの裏を捕手に見せる)
・右肩甲骨は内に締めたままにして体幹の回転によってヘッドを走らせる


C73A2553
・体幹の伸展によってフォロースルーを大きくする
・前が大きいスイング軌道 

C73A2554
・軸足伸展による押し込み


まとめ
鴻江理論でいう「あし体」に一致する打撃フォームです。5枚目の写真を見るとわかりますが、下半身が開きにくいタイプだと思われます。その為に3~4枚目の写真で左脚を内旋させて下半身を開かせに行く準備(骨盤を鋭く回す準備)をしています。歩幅を狭くし、軸足を前へと寄せて行く事(重心を前へと持っていく)で骨盤が投手方向へ正対して行きますが(両股関節と両脚内転筋を上手く使って下半身主導のスイングを実現させています)、この際に「骨盤→臍→バット」の順で前に出て来るので外角の球にも体が寄って行きます。ゾーン全体を力強くコンタクトして行ける理屈はその辺りになるのですが、腹筋の伸張反射(捻転差)を利用している事と押し手(右腕)を体幹と一体化させている動きを使えている事も大きいと思います(テニスで言うフォアハンドの理屈ですね)。

この打ち方であれば、ボールを長く見れますし前に誘われたとしても強く叩けます。下半身が開きやすいタイプの打者にはマッチしないかもしれませんが、アマチュア選手の教材と言えるような打ち方ではないでしょうか。今季は東京六大学野球連盟や関西学生野球連盟の試合も観戦しましたが、同じぐらい洗練されている打ち方の打者には遭遇しませんでした。秋季もズバ抜けた成績を残して有終の美を飾って欲しいものです。





明日から春季リーグ開幕

コウ@jumbonokachi511さんが展望を書いてくださっているので必要なさそうですが、一応私も書きます。というか数日前に雑な展望は書いていますが。


優勝予想は中京大学です。恐らくAIだろうと猿だろうとこの予想になってしまうでしょう。アナーキーぶって変な事を言うと信用を無くしますしね(そんなもの元々持ち合わせていないだろ)。 一昨年の1年生世代から(初祖晋太郎投手山本一輝投手の世代)県内の有力投手を根こそぎ獲得した事情もあったのでしょうが、昨年度から取り入れた「投手の育成」と「パフォーマンス維持」を両立させるような意図の継投策が見事にハマり、リーグの絶対的王者へ君臨しそうな気配を漂わせています(昨秋は最終節の天王山で破れて2位でしたが)。投手層だけでなく、打では和田佳大遊撃手(大学日本代表候補)を筆頭に長距離砲の松井内野手、格上の相手に滅法強い河田外野手(栗林投手をカモっていた事で有名ですが中日二軍との試合でも打ってたような記憶があります)を揃え、投打に厚みの有る陣容を誇っています。「愛知で一番」、という所に留まらず全国でどれだけ勝てるかを目標にやっていけるチームだと思います。マークされるでしょうが跳ね除けて欲しいです。

中京大学の投手起用を真似した、と言う訳でも無いのでしょうが、追う他校も絶対的エースに依存しない風潮になっており、複数の投手を起用をする事がトレンドになっています。ディフェンディングチャンピオン・名城大学も昨秋リーグ戦では栗林投手をリリーフとして起用しており、今季も複数投手による継投策を採用してくるかもしれません。下級生時から登板経験の有る、坂倉投手(遠目から見ると栗林投手に似たシルエットのフォームです)、村瀬投手、岩崎投手、池戸投手辺りが主戦格になると思われますが、栗林投手の存在は言うまでもなく大きかったので簡単には埋まらないでしょう。打撃陣の方はというと、こちらもやや小粒な印象。昨年度の愛知・東海・北陸三連盟王座戦では中部学院大学(明治神宮大会では一回戦でコールド負けを喫しました)の前に4安打無得点に封じられています。その悔しさを糧に一回り成長した姿が見れる事に期待したい所です。

昨秋3位の東海学園大学も継投策で試合を作るチームです。山口投手、古田投手、浦野投手らが主戦格と見られ、高木投手の台頭、木原投手の復活…となると優勝争いに加わりそうです。1部リーグ昇格直後は打線が奮わず降格圏を彷徨ったりもしましたが、過去の3季を1部リーグに踏み留まった経験によって、打力も1部他校に追いついて来た感が有ります。このチームの右バッターは加重打法を取り入れている打者が多く、スケール感に欠ける体格の打者でも本塁打をカチ込んでます。核弾頭を務める三村三塁手(今季本塁打王候補の一人です)、主砲・名古路内野手(常葉菊川の4番打者)の二人は強烈なスイングスピードを誇るスラッガー。守備にも光るものを見せる野瀬遊撃手は昨春の愛知大戦で一試合2本塁打をマークしています。

以下、中部大学、愛知学院大学、愛知工業大学となりますが、この辺りの優劣を現時点で予想するのは不可能です。いざリーグ戦が始まってみないとわかりません。

中部大学片塩投手が最終学年となりプロ注目の存在ですが、主戦格として1シーズン投げきれた経験が有りません(記憶が正しければ)。ランディングからトップにかけて背中に腕が入りすぎる事と横振りに見える上体の回転が仇となっている印象があります。今季こそは主戦投手としてチームを牽引して欲しい所ですが、果たして…。打のタレントは稲生外野手(愛工大名電・稲生選手の兄)、中川内野手らが主戦。共に破壊力が有ります。投手の枚数が揃えば優勝戦線に顔を出して来そうです。

愛知学院大学は(以下自粛)が近年低迷した原因だったと思われますが、今季からは新監督も就任しましたしチームカラーがガラリと変わるかもしれません。数年前までは源田遊撃手(西武ライオンズ)、大蔵投手(中日ドラゴンズ)が在籍していたような強豪です。再建してリーグ全体を活性化させて欲しいですね。昨秋リーグ三冠王の岡内野手、塁に出したら高確率で生還する福本外野手らが中心選手です。投手は佐藤投手辺りが主戦でしょうか。

今季から1部に昇格した愛知工業大学は全国制覇の経験もある古豪です。1部リーグ復帰までに長い時間がかかりましたが2部リーグ在籍時もドラフト候補選手をコンスタントに輩出していた大型チームだったので、いきなり降格するような事にさえならなければ1部リーグに定着するのでは無いでしょうか。昨秋から投の二枚看板が残り(中村投手、新村投手)、万全なら140km/h中盤から後半のスピードボールを投げる西田投手も控えています。引き付けて叩く打撃がチームに浸透していたような印象が有りますしスケールでは1部他校に見劣りしないのでは無いでしょうか。1部と2部とでは細かいところでの野球の質に差があるように思うので、そこのギャップに戸惑わなければ
という感じでしょうか。

順位予想はやっても無意味なのでやりません(恥をかかない為の保身)。◎中京大学、以下5チーム拮抗で中京大学を止めるなら中部大学、大穴で東海学園大学というところにしておきます。

ここまで書くのに2時間弱ぐらいかかったので2部リーグについて書くのは諦めますw
どっちかと言ったら2部の方が詳しいんですけどね。


イチオシ→三村政喜三塁手(東海学園大学)
3S9A1805
骨盤→へそ→腕の順で出て来るスイングです。外角の球にも寄せて行きやすく、強い打球を飛ばせる打撃フォームですね。

3S9A3838
昨春リーグ戦で栗林投手からホームランを打ってご満悦の表情w

三村選手は三塁守備でも鋭い動きを見せ、矢のような送球を繰り出します。
三好ケ丘のマニー・マチャドと呼びましょう(提案)




バッテリー

3S9A7283

3S9A7284

3S9A7212

3S9A7214

3S9A7215

3S9A7300

3S9A7267

3S9A8301

今更過ぎる話ですが、昨年度の東海学園大学バッテリーの写真をズラリと並べてみました。 吐前拓哉投手(至学館高校-東海学園大学-東邦ガス)と橋本康雄捕手(栄徳高校-東海学園大学-東郷製作所)です。 春季リーグ途中で戦線離脱してしまった吐前投手の復活登板(秋季リーグ)の際に撮影したカットが1~8枚目です。この年(平成29年度)吐前投手はドラフト候補として複数球団からマークされていた事も有り無念の離脱だったと思われますが、秋季シーズンで復活し鬱憤を晴らすような剛速球を繰り出していました。その復活を最も喜んでいたのが橋本捕手だったように見えます(3~6枚目のカット)。正捕手の座を後輩の村上滉一捕手(同じく栄徳高校出身)に譲る事になった一年でしたが、吐前投手が登板する際には必ず橋本捕手がマスクを被っていました。

3S9A6639

3S9A6627

3S9A6573

この3枚は吐前投手が離脱する直前の名古屋産業大学戦でのカットになります。この時も橋本捕手がマスクを被りました。どういう理由で組んでいたのかはわかりませんが、それなりの信頼関係が合ったのでしょうね。
ちなみにこの二人は1年生の春季シーズンからスタメンとして起用されており、吐前投手(この時はDHで四番打者)のツーベースと橋本捕手のタイムリーで七原投手(名古屋大学)から得点を奪った事も有りました。その試合でのカットが以下の2枚。

732A0002

732A0167

東海学園大学の旧ユニです。この頃は愛知工業大学と並ぶ2部リーグの番人という位置付けのチームでしたが1部リーグに定着しましたね。

 


咆哮

3S9A0742
木下亮大投手(東海学園大学 4年 比叡山高校)

1部昇格の立役者でもあり、チームを1部に踏み留まらせている功労者でもあります。
過去の2季においては降格圏スレスレの戦いを強いられた東海学園大学ですが、残理由争いを潜り抜けて行く中で力をつけて行き、上位を臨める立ち位置まで迫っています。
それも木下投手の奮闘あってのものだったのではないかと思います。

--------------------------------------

去る10月7日の愛知大学戦では最速146km/hをマーク。
コンスタントに142~144km/hを計測し、ブレーキの効いた低速スライダーとのコンビネーションで試合を作りました。
4年生なので今季を最後に大学野球は引退になりますが卒業後も硬式野球を継続するのでしょうか?


 

クライマックス




という感じのようです。名城大は2連勝必須という事なので今季最高に気合の入ったスーパーサイヤ人仕様の栗林投手の投球が見れるかもしれません。
ついに4年前のリターンマッチが実現しますかね。大塚投手も名城大野球部に在籍しているのでここで出てきてくれたら完全に同窓会ですね。

3S9A1001

3S9A8659

一方の残留争いは東海学園大が一歩リード。4年前に全国ベスト4まで進出した愛知学院大もここのところは元気が無いですね。かつての輝きを取り戻して欲しいところです。





RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード