栄徳高校

プロスペクト発掘の夏③

3S9A0803

3S9A0812

3S9A0815

松原北斗投手(栄徳高校 3年)
1年生の秋よりチームの主戦投手として活躍しました。
3年生の夏は3回戦敗退(科技高豊田戦)となりましたが将来性の高い投球を見せました。
スピードガン表示の有る岡崎球場では最速137km/hをマーク。
コース一杯のクロスファイアで見逃し三振を、高めのストレートで空振り三振を取るような本格派タイプです。


連続フォーム
3S9A8310

3S9A8313

3S9A8315

3S9A8316

3S9A8318

3S9A8320

3S9A8321

3S9A8322

3S9A8323

3S9A8324

3S9A8325

3S9A8326

3S9A8327

3S9A8328

3S9A8329

3S9A8330

両腕から全身動作へと繋げるワインドアップモーションから始動。片脚支持に入るまでの間は長く取っています。片脚支持では右膝が胸まで上がり、骨盤を割れています(ヒップファーストに入りやすくする為の準備)。ボールをグラブから分離するのが早く、左腕を脱力する為の間が取れています。ヒップファーストから並進動作(体重移動、サイドステップ)にかけては体軸を二塁方向へ傾ける事で上手く重心を溜められています。並進動作中に捕手方向へ突き出すグラブの打点が高く、落差を利用するようにトップの形へ入れております。リリースに向けて左腕を振る際には前腕の捻りを概ね使えており(最大加速期に入る手前で肘が直角気味にはなっていますが)上腕に頼ったような腕の振り方では無いと思われます。リリースに向けた右腕の使い方としては、その引き込みが甘い為に上体が立ったような形でリリースしています(ボールに角度が付きにくく変化球の曲がりが早くなる事が懸念されます)。

松原投手の投球フォームで特徴的なのが、捕手方向へ向けて直線的に踏み出していない事です。右足をやや一塁方向へインステップさせる事で(身体的な特徴というよりは意図的に見えます)打者に組み難い印象を与えています。出所を見にくくし、ボールに横の角度を付ける様な意図があるではないでしょうか。インステップしている割には右足の足裏全体でマウンドを捉えられており、接地した反力が股関節を通って骨盤に伝わっています。インステップする分、左脚がやや横に流れるフィニッシュですが投げ終わりのバランスも良く、それほど制球には影響しないはずです。

投球動作全体の印象としては、ゆったりした投げ方でほとんど力みを感じません。脱力して投げられている割にストレートに威力があるので上手く全身を使えているのだと思われます。小柄な投手ですが大学野球界でも台頭出来るレベルに有りますので今後も注目して行きたい存在です。「マネーピッチ」になるような変化球を習得する事がこの先の課題でしょうか。



大内公貴投手(三菱重工名古屋)

先日に引き続いて三菱重工名古屋の大内公貴投手(中京大学卒)について書かせていただきます。

大学生の進路⑥

今日は投球フォームの分析です。
以下、同一動作内における連続写真

投球モーション
3S9A1833
【セットポジションより始動】

3S9A1834
【力みを取る為の目線外し】
【頭部を軸足上(左足上)にセット】

3S9A1835

3S9A1836
【右膝が胸まで上がる】

3S9A1837

3S9A1838
【ハンズセパレーションが遅い】

3S9A1839
【左腕の脱力】
【軸足のパワーポジション】
【ヒップファーストを利用して右脚でボールを隠す】

3S9A1840
【グラブの小指を上に向けて肩の開きを抑える】
【上体を縦に使う為にグラブを高く上げる】
【左わき腹の収縮】
【体軸が傾き頭部が後ろに残る】

3S9A1841
【トップを作るのがやや遅い】
【左腕の肩甲骨を下げるように閉じて腕と体幹を一体化させる】
【頭部でボールを隠す】
【下半身(骨盤)の開きを抑えられている】

3S9A1842
【右腕を縦に下ろして左腕をリリースへと導く】
【脇腹の収縮が左から右へと入れ替わる】
【右足が踏み込んだ反力で骨盤が正面を向く】


3S9A1843
【左の掌が一塁側を向く】
【右脚のアクセル筋群(臀部とハムストリングス)による起こし上げ】


3S9A1844

3S9A1845

3S9A1846
【軸足(左脚)の伸展(伸ばし)と内旋(内捻り)によって骨盤が縦回転】
【スパイクの裏が天を向くタイミングを遅らせている(体が横に振られていない)】

以下、別の投球動作からの補足カット

最大加速期
3S9A1693
【右腕を縦に下ろす】
【左腕前腕を回外(外捻り)させ肘を鋭角に使う】


リリース期
3S9A1714
【縦に長く横が狭いリリース】

フィニッシュ期
3S9A1691
【背中を捕手方向へ向ける】

総評
縦に長く横に狭い、縦回転型のフォームです。 始動からサイドステップにかけて軸足の膝を過度に折らず、骨盤もほぼ後傾ません。それによってモーションにブレーキがかからず上から投げ込む為の角度も確保できます。トップのフェーズに入る辺りでも下半身の開きを抑えられており、両股関節を使って骨盤を回転させられている為、フォーム全体の横振れが起きにくいのではないかと思われます。パワーポジションからトップのフェーズにかけて高く上げたグラブを最大加速期以降で縦に長く下ろす事で上体が縦に回り(右の肩甲骨でリードする体幹の回転はあまり実現できていませんが)、真上から叩きつけるようなリリースを実現できています(左右の腕の連動性に関しては独特の使い方をしていますね)。フィニッシュ以降では左肩越しに背中が捕手方向を向き、上体が最後まで加速しています。下半身の動きとしては左脚の膝から下が外に振られず、スパイクの裏が天を向くタイミングが遅いのが特徴的で、骨盤が縦に回転している証拠だと言えます。左右の制球がまとまり、球のシュート回転を抑えやすい投げ方だと思われます。気になるのはトップを作るのが気持ち遅めに見える事で、それによって意図せず球が高めに集まる事があるのかもしれません。投手としては小柄な部類に入ると思いますが(身長173cm)ボールに縦の角度を生み出し、ゾーンの中で勝負して行ける下地を作れているフォームだと思います。社会人野球で息の長い投手として活躍して欲しいですね。




大学生の進路⑥


3S9A1692

3S9A1705

3S9A1690

3S9A1706

3S9A1708

3S9A1859

3S9A2157

中京大の強力投手陣を牽引し、神宮のマウンドを二度経験した(2016年度と2018年度)大内公貴投手は三菱重工名古屋に進むようです。3月16日に行われた東海学園大学との対抗戦では7回を投げ無失点に抑える好投を見せました。ストライクを先行させる投球で序盤から主導権を握り、要所ではコース一杯に決まるクロスファイアを投げ込んだりする等、社会人野球での活躍にも期待が出来そうでした。思えば、大内投手が大学時代に主戦投手として台頭するきっかけになったのも東海学園大戦(2017年度の秋季リーグ戦)でしたね。相性が良いのかしら。


過去記事(途中でタイトルが変わってる…)



mechanics

3S9A3115
松原北斗投手 (栄徳高校 新2年生)


栄徳高校の新エースは高木飛翔投手古田駆投手を足して二で割ったような好投手です。(もしかしたら松原投手も二年後は東海学園大学のユニフォームに身を包んでいるかもしれませんね) 3月31日に行われた愛工大名電戦での投球を拝見させていただきましたが、球に角度がある為、線で捉えられにくく、ファールでカウントを稼いだりミスショットを誘ったりする等して2回途中からの約8イニングスを2失点に抑える好投を見せました。

全身の反作用を利用してトップを作り、上体を横に狭く使ったゼロポジションの形が特徴で、ストライクカウントが取りやすく、縦の角度で打ち損じを誘いやすいタイプのメカニクスを会得しています。小柄で体格的にスケール感が無くても本格派寄りの投球が実現できる事を証明している存在ですね。松井祐樹投手の高校時代に似てるっていう発言が名電スタンドから聞こえてきましたが、確かにそんな感じがしますね。



バモ!トーイ






732A0991

732A1037

C73A0630

732A1771

732A0860

栄徳高校歴代最高の天才打者、鈴木統偉君が進学先の立命館大学で出場したそうです。ドラフト候補の辰己涼介選手と並んでスターティングラインナップに名を連ねているのを見ると胸が高まりますね。
高校時代のチームメイトだった中村優希選手(東海学園大学)、岩田稜平選手(至学館大学)も大学では既に活躍しております。"神宮の舞台で再開"というドラマに期待したいですね。


このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード