栗林良吏投手

アットダウン

732A1564

732A4346



732A3983

そうです立位体前屈です(違)
栗林良吏投手(名城大)と木原大地投手(東海学園大)はその日最初のマウンドに立つ際と攻守交替時には必ず一礼をします。
愛知黎明高校時代からのルーティンですかね?来季は共に1部リーグ所属という事になりましたので、もしかしたら直接対決が実現するかもしれません。
利き腕も異なるし投球面においては似通った部分はあまりないですが、両者に共通しているのはフィールディングの上手さ。
特に木原投手は右利きだったら遊撃手としてもかなりの選手になっていたのでは?というレベルの守備を見せます。
バント処理時の突っ込みの速さと強襲打への反応は既にプロのゴールデングラブ級かも、という感じなので一見の価値ありです。


ノーヒッター

3S9A0127

3S9A0148

3S9A0239

3S9A0236

ノーヒットノーランを達成したそうです。 去年までは右打者の肩口から入ってくるインスラ(フロントドア)等でカウントを整える事が多かったような気がしますが今年からはカーブを習得して更に投球の幅が広がりました。 ボールの切れと勢いでねじ伏せる本格派の投手というよりは、ピッチングを修正しながら試合を作っていく実戦派の好投手になって来たような印象を受けます。 やはり1部リーグと2部リーグでは野球の質が違うのか台頭してくる投手のタイプにもそれぞれ特徴があるような気がします。 栗林投手は1年生から主戦として活躍し今季がで5シーズン目です。ここまで大きな故障、スランプも無く順調にキャリアを積み上げているあたりからしてもプロの世界で活躍していけるだけのものを持っているのかもしれません。 地元球団のスカウトが「フォームはもういじる必要が無い」と言っておられたそうですが、まだ色々なところに伸びしろを秘めている気がします。 1部リーグから現れたドラフト候補生の投手としては山内壮馬さん(名城大コーチ)以来の存在だと思います。大学日本代表候補にも選出されており、この先の更なる活躍に楽しみの多い投手です。

愛知の至宝、満を持して神宮へ

732A3309

MAX153km/h右腕・栗林良吏投手擁する名城大学が中部王座戦を制して神宮行きを決めました。コンスタントに150km/hを叩き出すストレートが栗林投手における最大の売りですが、集中打を浴びてビックイニングを作られる事も多くまだ投球術に課題を残しているのが現状。好調時のストレートは田中正義に勝るとも劣らないので、見といて損はないピッチャーだと思います。スライダーの使い方も上手いので、修正力に磨きがかかれば更に隙の無い投手へと成長するのではないでしょうか。

中日ドラゴンズ-愛知大学野球連盟選抜(2015-8-2)

732A5514
白石達之介外野手(中部大 4年)
満塁からの走者一掃3ベースを含むマルチヒットを記録。中堅手としても深い当たりをナイスキャッチ。
この試合のマンオブザマッチでしょう。

732A5892
栗林良吏投手(名城大 1年)
春季リーグ5勝のスーパー1年生右腕。140km/h半ばのストレートを連発してスタンドをどよめかせました。
高橋周平から見逃し三振を奪うなど圧巻の投球を披露。投手歴が浅いという事もあり伸びしろは十分。

732A5796
友永翔太外野手
ドラフト候補左腕・西川投手(日福大)から右中間へ鋭い当たりの先頭打者アーチを放ち、プロの意地を見せた。
中堅手としても好守備を見せ中日野手陣では一番の存在感を放っていました。

732A5700
鈴木翔太投手

瑞穂でお馴染みの選手達が一堂に会する、オールスター戦のような雰囲気でかなり楽しめました。
純二軍のメンバーしか見当たらなかったドラゴンズの面子を見て、試合前から勝利を確信。
序盤から大学選抜が畳み掛ける展開となり予想通りの完勝となりました。
中日は先発で起用したドラ1右腕・野村投手の調子がすこぶる悪く、2回持たずにノックアウト。
大学選抜の先発として起用された西川投手の出鼻を挫く、友永選手の先頭打者アーチなどもあったので、
野村が試合を作っていれば中日の勝利もありえたかもなぁ、という感じでした。

上記の選手以外では、安藤優作外野手(愛知大 3年)がタイムリーヒットを含む猛打賞の活躍を見せました。
中日投手陣の中では金子丈投手が一番良い内容の投球をしていたように思います。
落差を使う投球に磨きをかければ若松投手に続く掘り出し物ということになるのかも。

フォトアルバム→中日ドラゴンズ-愛知大学野球連盟選抜(2015-8-2)
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ