法政大学

2019広島東洋カープ指名選手

3S9A2124
ドラフト1位 森下暢仁投手(明治大学) ★★★★
明治大学が輩出した投手としては川上憲伸以来の大物。
身体操作性の高さを感じさせる投球フォームと野茂英雄クラスの柔軟性を兼ね備えた本格派右腕。


3S9A0958
ドラフト2位 宇草孔基外野手(法政大学)★★☆☆☆
大学4年の春季シーズンでは4HRをマーク。俊足を生かして内野安打を量産するリードオフマン。
走り打ち気味という事もあり外角を強く叩けないが、引っ張り込めた時は柵越えをさせるパワーを兼備。
足を生かすか、強く叩くのかで将来像が分かれる。

3S9A0530
育成ドラフト3位 畝章真投手(香川オリーブガイナーズ※写真は名古屋商科大学時代) ★☆☆☆
上から叩けるサイドハンドで右打者の内角に変化球が使えるのは強み。
明確な特徴を生かして居場所を作りたい。







東京六大学を観て来ました

3S9A2142

3S9A0602

3S9A0566
ドラフト候補生の動作画像を大量入手したので個々のレポを書いていきたいんですけど、段々何のブログかわからなくなってきましたね。基本的には愛知の大学野球について書くブログなので、他地区と愛知の比較みたいなところについても意見を述べて行きたいですね。 打ち方という事に関して言えば愛知のトップレベルの打者も全国クラスに負けてないですね。ただ、そのレベルに達している打者の数が多いとは言えないという感じでしょうか。



RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード