濱元大希選手

明日から入れ替え戦

732A9710
福本勁信外野手(4年 北陸)

3S9A6214
濱元大希(4年 豊川)

今年の入れ替え戦は1部6位校の愛知学院大学と2部優勝校の愛知産業大学とで争われます。2015年秋季シーズンと同じ対戦カードになりました。
前回の対戦では当時1年生だった黒野諒太郎選手が右中間に満塁ホームランを打ったりしましたね。


732A5758
その満塁弾のスイングです

732A5763

当たるかどうかはともかくとして、予想ぐらいは立てられるのが例年の入れ替え戦なのですが今回は本当にわかりません。

※ちなみに最近の予想結果は

15年秋 愛産大昇格と予想→的中
16年春 どういう予想をしたか覚えていません
16年秋 愛知大昇格と予想→的中
17年春 東海学園大昇格と予想→的中
17年秋 どういう予想をしたか覚えていません
18年春 至学館大昇格と予想→不適中
18年秋 愛工大昇格と予想→的中

という感じで記憶を書き換えてなければ結構当たっています。


両校のキーマンを挙げるとすると、愛知学院大学→福本勁信選手、愛知産業大学→濱元大希選手になります。共に今季から主将を務める4年生選手です。リードオフマンタイプの福本選手は出塁率が高く、塁に出たら高確率で生還して来ます。昨春の入れ替え戦でも存在感を示しており、今回の入れ替え戦でも愛産大バッテリーを苦しめるのではないでしょうか。課題のプルヒッティングも克服している感が有り抑え込むのは容易ではありません。一方の濱元選手は体格が示している通りホームランを打てる強打者です。1部リーグ在籍時(2017年春季)にはシーズン6HRをマークしており、先日のプレーオフ(日福大戦)でも三試合連続でタイムリーヒットを放っております(1HR含む)。打撃だけでは無く、精神面においても「チームを引っ張ろう」という意気込みが感じられます。入れ替え戦に掛ける思いの強さは人一倍ではないでしょうか。

他にも注目選手は居ますがキリが無いのであと一人だけ挙げるとすると愛知学院大学の佐藤良明投手です。昨春の入れ替え戦では"負ければ2部降格"という重圧のかかる試合で完封勝利を挙げ、チームの残留に大きく貢献しました(当時1年生)。今シーズンの開幕カードでは中京大からも白星を挙げており、今後の愛知学院大を引っ張って行く存在だと思います。


ちなみに2部と3部の入れ替え戦は名古屋経済大学と名古屋大学との間で争われます。名古屋大学は松田亘哲投手が好調という事なので、この大一番でどのような投球を見せてくれるのか楽しみにしたいです。




2部リーグ全節終了

春季の2部リーグは全試合終了しましたがAリーグ、Bリーグ共に1位に2校ずつが並んだ為、1位決定戦が行われることになりました。 2部Aリーグは名古屋学院大と星城大、2部Bリーグは至学館大と愛産大との間で行われます。

3S9A8520

3S9A9038

C73A4801

3S9A8193

名古屋学院大はエース谷口投手と主砲の秦選手(シーズン16打点という驚異的な数字を残しました※プロシーズン換算で224)打点ペースです)を中心とする投打の噛み合ったチーム。対する
星城大は細かい継投で勝ち抜いて来たチームです。1年生を中心としたフレッシュな投手陣を牽引した山田捕手は自身も打率.467をマークし首位打者の座に輝きました。勝敗予想は難しいところですがリーグ戦での直接対決では名院大の連勝に終わっています。谷口投手を序盤で攻略すれば星城大にも勝機有りというところでしょうか。

至学館大は絶対的エースの井村投手がシーズン6勝を挙げる活躍を見せており、額面通りの活躍を見せればロースコアの展開へ持ち込むはずです。井村投手を援護する打線も強力で、主軸の鯉渕選手と戸松選手はそれぞれ3本と2本の本塁打を放っています。対する愛産大も強力打線で勝ち抜いてきたチームです。規定打席到達者に打率3割超の選手が5人というラインナップで上位から下位まで切れ目が有りません。投手力がやや不安定ですが一戦勝負という事もあり細かい継投で目先を変えて来るのではないでしょうか。

春季入れ替え戦前夜

3S9A0986

732A0908

3S9A6695

3S9A1977

3S9A0440

3S9A0460
今季は1部も2部も大体一通り見れましたが、個でインパクトが強かったのが木原(東海学園大)と濱元(愛産大)の二人。 奇しくもこの二人が1部昇格と残留を賭けて対決する事になりました。 東学の二枚看板、木下投手と木原投手は今をときめく則本昂大を彷彿させるピッチングフォームの右腕と左腕。 本家の則本同様、制球力とスピード能力に優れています。 また、打者ではトップバッターのリードオフマン、松田内野手の打撃に本格化の兆候が見られ、リーグ戦ではマルチや猛打賞を当たり前のように記録し手が付けられない状態でした。 対する愛産大は打力に優れ、3番黒野外野手と4番濱元内野手の二人で計9本塁打を放ちました。 打力に優れる反面、投手層と守備面に不安を抱えています。 絶対値の差がそれほど無いのであれば、東学に分がある対戦カードなのかな…という気はしますが、結局のところはやってみないとわからないです。東学としては両先発が終盤まで持ちこたえて試合を作れるかどうかがキーポイントになるのでは。 どのような結果になるにせよ、好ゲームになる事に期待したいです。

ロマン砲

3S9A5199

3S9A0306

3S9A0307

3S9A0200

3S9A5226

3S9A4613

濱元大希内野手(2年 豊川高校卒)
今季から4番に座りリーグ戦で6本塁打を記録。徹底マークをされる中でも打てる球が来たら逃さず捉えて引っ張り込む打撃スタイルで意外とスイングも柔らかいように見えます( バットを寝かせて前傾で構える巻き込み型)。積極的に打っていく為あまり球を見極めている印象は無く、隙の無いスラッガーというよりはやや粗さを感じます。 滞空時間の長さが特徴的な放物線系のアーチを放つタイプで、愛知の大学生としては過去に居なかったレベルの大砲に成長するかもしれません。これからの活躍がとても楽しみです。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード