石田基起選手

『打撃賞』



3S9A4973

愛知東邦大学で活躍した石田基起選手は今年から三菱重工神戸・高砂でプレーしています。大学時代は遊撃手でしたが社会人野球では三塁手を務めており都市対抗野球では華麗な守備を見せました。守備だけでは無く打撃も好調で社会人入り当初から息を吐くようにヒットを積み重ねています。大学時代そのまんまの打撃スタイルで早いカウントから積極的に振りグラウンダー性の打球で野手の間を抜いて行きます。 そんな石田選手ですが先日行われた兵庫県知事杯では打撃賞を受賞したそうです。兵庫県知事杯というのがどういう大会なのかイマイチわかりませんが大学と社会人の交流戦みたいですね。


3S9A5052

3S9A5072

一本足の動作を見た感じマイナーチェンジをした印象が有りますね。
改めて大学時代の石田選手の打撃フォームを見返してみたいと思います。

3S9A6095

3S9A6096

3S9A6097

3S9A6098

3S9A6099

カウントを取りに来る甘い球を一発で捉え、際どい球をしっかり見ていく選球眼が強みと言える選手ですが、球を見極められる理由はタイミングの取り方にあると思われます。左足を上げて一本足の状態で球を呼び込んでいますが、そこから着地して行く際にも上体と頭が前方へ移動していません(選球眼が悪い選手は4枚目の写真の所で右脚が伸び切り体がボールと衝突するような形になっています)。又、構えから振り出しに入るまでの間、尻が落ちすぎず体がベース上へ寄っているので外角が遠くならずアウトローの際どい球にもきっちりバットが止まります。




3S9A6282

3S9A7962

>3S9A7624

3S9A7718
ローボールヒッターかつ体の近くで捉える事が多いタイプですかね。
上体が突っ込まずヘッドステイバックが効いたようなインパクトシーンが多いです。
ゴルフスイングに近い感じで下半身を使っているようにも見えます。

トップから打ち終わりにかけてのバット軌道が前後に長く、強く叩けるゾーンは広いはずですが、
ライナー性の打球で外野の間を抜く事が少なくドラフト候補という観点で見た時はそこが弱みに映ります。
ステップの始動から踏み込むまでの間で股関節が緩んでいるように見えるのが課題でしょうか。
(社会人入りしてからは軸足の使い方が変わったように見えますが)







大学四年生の進路①


3S9A8311

3S9A8792

愛知東邦大学の石田基起遊撃手は昨年の都市対抗野球を制した三菱重工神戸・高砂に入部するそうです(愛知の2部リーグの遊撃手で強豪社会人入りはちょっとした快挙ですよね)。 硬式社会人入りが決まってた選手としては珍しく4年の秋季シーズンは1試合も出ていませんでしたね。 グラウンダー性の当たりを広角に打ち分けるアベレージタイプのヒッターで遊撃守備の水準も高いので即戦力候補だと思います。目標を何処に置いているのか不明ですが、プロへ行くのなら全体的なスケールアップが求められそうです。 

 


2018年度愛知大学野球連盟選抜チーム


8月5日(日)12:30 交流試合(中日ドラゴンズ2軍) ナゴヤ球場
8月7日(火)13:00 交流試合(東海地区社会人野球選抜チーム) 岡崎市民球場
※連盟公式より

キャプチャ

732A3718
井村勇介投手(至学館大学4年)

3S9A6285
石田基起遊撃手(愛知東邦大学4年)

732A9757
戸松瑞樹外野手(至学館大学3年)

今年は2部リーグはこの3名が選出されました。2部から野手が2名も選出されるのは異例ですね。


春季シーズンの成績は
井村投手 6勝1敗(プレシーズン戦3勝1敗)防御率1.79
石田遊撃手 打率.263 1本塁打 3打点
戸松外野手 打率.381 2本塁打 6打点

といった感じです。戸松選手の選出に関してはちょっとしたサプライズですね。選ばれると思っていませんでした。
については過去に何度か記事にしておりますので割愛します)


@weedsspirit27さんのブログに戸松選手に関する記事が掲載されていましたがプロ注目の選手という事での選出なのかもしれません。
戸松選手は所属チーム内ではトップバッターで起用される事が多く、春季はリーグ戦最多安打を記録しておりますが、前で捉えに行くコンタクトヒッターというよりは引き付けて叩くタイプだと思います。
俊足と強肩も兼備しており、プロや社会人を相手にどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみですね。

 

「石田の大学時代を見た事がある」と謎自慢できるチャンスですよ

3S9A6275

3S9A6279

石田遊撃手については改めて書き直したいと思うのですが、とりあえず今季のパフォーマンスは予想以上です。 私が観戦した試合では14打席11打数7安打2四球1死球という、最低マルチヒット、一試合平均3出塁以上という驚異的な成績を残しています。シーズン通算でも打率.571(4月27日現在)をマークしており、MAX143km/hの実戦派右腕・井村投手(至学館大)から2安打1死球を記録した辺りからしても「2部リーグだから」で済まされる話では無いと思います。

今季のプロ野球界で高い数字を挙げている打者に共通しているのは"選球眼の良さ"だと思うのですが、石田遊撃手の打撃スタイルはそのトレンドにがっちりハマっていると思います。 野手の間を抜くようなシングルヒット中心の打撃ではありますが、際どい球を徹底的に見切り、ゾーンに入って来る球を一振りで仕留めるコンタクト能力の高さは出色のレベルにあると言えます。私が見た14打席での空振りはゼロ、凡退した打席も打ち損じや野手の正面を突いたものぱかりで、まともに打ち取られた打席は一つもないという図抜けたパフォーマンスを発揮しています。1部リーグ、それも地元球団にパイプを持つ大学に所属選手している選手だとしたら現実的なドラフト候補として扱われているのでは?としか思えない状況です。

打撃のみならず遊撃守備の方もハイレベルなのですが、それに関してはシートノックを見て貰えば一目瞭然だと思います。リズミカルで柔らかいステップと強肩から繰り出される正確な送球は社会人野球の強豪チームでもスタメンを張れるレベルに有ります。局面でのスーパープレーも多く、以前からの2部リーグを知る身としては、このレベルの守備力を持つ遊撃手が現れた事に隔世の感があります。 先の塁を積極的に狙いに行く走塁技術やライナー性の鋭い当たりを放つ長打力を向上させてくるようだと「源田壮亮以来の存在」という事になってくるかもしれません。 何せ今の注目度では全然物足りないので有識者の方達に見て貰いたい有望な選手です。

3S9A6899

ジーニアス

3S9A7673

3S9A7369

3S9A7394

3S9A7619


3S9A7624

3S9A7868

3S9A7871

3S9A7872
石田基起遊撃手(愛知東邦大学)
リーグ戦第二週・星城大学戦(9月9日)では5打席全てで出塁し(3安打2四球)試合を決める3ランホームランまで放ちました。




ナンバーワン

3S9A3998

3S9A3965

石田基起遊撃手(3年 東北高校卒)
春季の開幕ゲームを観戦しましたが(4月15日 同朋大学戦)半速球以下のストレートと各種変化球なら全て捉えきってしまいそうな凄みを感じさせる打撃を見せていました。 ギリギリまで始動を遅らせるバッティングスタイルなので高速域の球には苦戦しそうですが140km/h台後半で押してくる投手と対戦する機会が少ないカテゴリーでプレーしているという事を考えれば特別不利な打ち方でもないのかな、という気がします。この日は4打数3安打の猛打賞。やや難しい変化球を一発で仕留めるシーンも有り、3番打者としての起用に応える大活躍。 愛知の2部リーグはタレント的な部分で言えば投高打低の印象がありますが、野手としてのドラフト候補生になりうる可能性がある逸材だけに今後の更なる成長に期待したいです。

石田基起遊撃手(愛知東邦大学 2年)

732A3007

732A3119

732A3198

732A3675

732A3793

732A3820

732A3555

732A3678

732A3027

732A3127

東海学園大の加藤遊撃手に勝るとも劣らない守備のスペシャリスト、石田基起遊撃手(2年 東北)
全方位型で球寄せが早く、手元でのイレギュラーバウンドにも反応し、矢のような一塁送球を見せる。
打者としてはトップバッターや3番打者を任される事が多く、打撃スタイルはリードオフマン系というよりは狙い球と失投に反応する見極め型のスラッガー系。
華のあるプレースタイルで一際目立つ存在なので、今後の愛知2部リーグを牽引するような打者へと成長して欲しいところです。
RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード