第68回全日本大学野球選手権大会

明治大学優勝

3S9A4861

3S9A5277


 
2回戦(※明治大はシード校) 対福井工大 9-2
準々決勝 対東洋大 3-0
準決勝 対東京農業大北海道 5-1
決勝 対佛教大 6-1


東京六大学代表の貫録を見せる横綱相撲での優勝でした(38年ぶり6回目)。
絶対的エースの森下暢仁投手に依存する事なく、計4試合で4人の投手が登板しました。
連投起用も一度も無く、大学野球の新時代を見たような気がしました。

準優勝の佛教大(京滋大学野球連盟)は計5試合で6投手(※ベンチ入りの投手全員)を起用。




どういう意図があったのかわからないところですが、
準決勝までで3勝を挙げたリリーフ左腕の木下隆也投手とエース格の中山怜央投手を決勝戦では起用せずに終わりました。
大会期間中での先発投手による完投も2回戦(愛知工業大戦)の中山塁投手によるもののみで、
こちらも大学野球の新しい形を提示したような気がします。

私が普段観戦している愛知の大学野球でも、結果が出ているのは複数の投手を擁しているチームが多く、
エースの連投に依存しているチームは低迷している傾向にあります。これは、ある種の不可逆的な流れなのかもしれません。
フレッシュな投手で継投した方が故障のリスクが下がりますし、高いパフォーマンスを発揮しやすいですからね。
運用方法が悪かったり選手の才能に頼るだけのチームには厳しい時代になりそうです。




GOODBYE OUR PASTELS BADGE




佛教大、決勝進出!京滋大学野球連盟の歴史を塗り替えましたね。
決勝の相手は東京六大学野球連盟の明治大学です。



本当に吹奏楽で演奏されるので得点シーンに注目してみてください。
決勝戦という舞台で森下投手(明治大学)から得点する形で演奏されるものが一番重みがあるでしょうし。


3S9A1218
中山怜央投手(4年 奈良大学付属高校)

3S9A1271
木下隆也投手(2年 奈良大学付属高校)

一回戦に続いて準決勝での木下投手のロングリリーフが効きましたね。ここまでの陰のMVPです。 肩甲骨と胸郭の柔軟性が高く、それらを生かして腕を振って来るので打者の反応が遅れていますね。ボール球を振らせている理由の一つかもしれません。まだ2年生なので注目を集めそうです。



大学球界の「西の大将」




全日本大学野球選手権一回戦の日本文理大戦で完投勝利。
119球4安打6奪三振4四球1自責点という内容です。

連続フォーム
3S9A3006

3S9A3007

3S9A3009

3S9A3011

3S9A3012

3S9A3013

3S9A3014

3S9A3015

3S9A3016

3S9A3017

3S9A3018

3S9A3019

3S9A3020

ランディング(別の投球動作からのカット)
3S9A3000

最大外旋位(別の投球動作からのカット)
3S9A3001


投球動画※クイックモーション

捕手方向へ向けてのラインを意識出来ている投げ方だと思います。ステップ→リリース→投げ終わりまでを直線的に行えているので左右の制球には苦労しないと思います。胸(肩甲骨)を上手く使えていない事、上体の倒し込み(回転動作)を使えていない事はややネガティブなポイントでしょうか。

2019年ドラフトの上位12人・後編。(Number Web)
そういう意味では、大学生の大阪商業大・大西広樹(175cm84kg・右投右打・大商大高)だって、1位のボーダーライン上にいる1人と言ってよい。  今年の大学球界では「西の大将」のような存在にならねばいけない投手。チームを背負って投げられる心意気と実力を有した右腕だろう。  速球は140キロ台前半でも、スライダーとカットボールでファールを打たせ、フォーク、チェンジアップで打ち取るコツを知っているように見える。投げっぷりと精密なコントロールと緩急のメリハリ……先発の6イニング、7イニングを任せたくなる投手だ。  だからと言って、4年先輩の岡田明丈(広島)に勝るとも劣らない、なんて絶対に言わない。  岡田のストレートはうなっていた。真ん中からちょっと内に寄っただけで、打者が飛びのくようにしてひるんでいた。残念ながら、そこまでの迫力は望んでも届かないだろう。“路線”が違うからだ。最初から投手のタイプが違っている。大西広樹は大西広樹で、「大西流」を追求していけばよい。

安倍昌彦さん
による寸表です。「え?ドラフト1位!?」と驚いたのですが中日の米村チーフスカウトもドラフト1位に入って来るというコメントを残しているそうですね。

以前見た時の感想を過去に書きましたが
、印象としては特に変わっていません。高めに集まるストレートとゾーン内に散らして行く縦変化で組み立てるタイプです。今後はこのタイプがプロ野球界でも増えていくと思われますが、その先駆者の一人という事になるのだと思います。気になるのはストレートにそこまでの威力を感じない事です。リリースで上体を深く倒し込めておらず、左脚がつっかえ棒のような状態になっている為、指先に力を伝えられないのだと思われます。カットボール、スライダー、フォーク等の変化球は実戦的ですが、ドラフト1位と言われるとピンと来ないところが有ります。所謂、「立ち投げ」なので出力が落ちて来ると合わされやすくなるのも気になります。この投球スタイルに磨きをかけて行くのか、それともスタイルを変えて行くのか、プロの関係者が描いている完成形はどちらなのでしょうか。

3S9A3150

3S9A3068

3S9A3069

3S9A3070

3S9A3072

縦に細長く、捕手方向へ真っすぐ体を入れて行ける事が大西投手の強みです。
骨盤も縦に使えており横振りになる要素を消せています。





第68回全日本大学野球選手権大会初日の結果

第1試合 ×大阪工業大学1-6創価大学〇





第2試合 〇佛教大学4-3八戸学院大学×



第3試合 ×東日本国際大学3-7愛知工業大学〇


第4試合 ×日本文理大学1-2大阪商業大学〇



今日の球速 


それぞれの試合についての所感も書きたいんですけど時間が無いのでツイートの切り貼りだけで。

とりあえず愛工大勝ちましたね。このカードに関して言えば昨日書いた展望に近い内容でしたね。リーグ戦の規定打席に乗っていなかった田中選手(リーグ戦打数15打率.267本塁打1打点2)、矢野選手(リーグ戦打数3打率.667打点1)をここで抜擢し、田中選手が1HR含む猛打賞の3打点でマンオブザマッチの働きを見せました。投手起用も主戦級を全員登板させる形の継投になりましたが先発のマウンドに中村投手を持って来たところにも平井監督らしさが伺えました。6回裏の3失点は次戦以降の良い教訓になったのではないかと思われます。ベスト8、ベスト4とまだ上を狙っていけると思うので一戦必勝で臨んで欲しいです。







第68回全日本大学野球選手権初日(東京ドーム)の展望

・東京ドーム
JR「水道橋駅」西口
都営地下鉄三田線「水道橋駅」A2出口
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」
2番出口 都営地下鉄大江戸線「春日駅」6番出口


関連記事
・第68回全日本大学野球選手権の展望
・第68回全日本大学野球選手権初日(神宮球場)の展望


前回の神宮球場初日編で力尽きそうなので、ここからは巻きで行きます。



近畿学生野球連盟からは大阪工業大学が選手権に出場します。「奈良学園大学(旧奈良産業大学)vs近畿地区の公立大学」という感じで構成された連盟なので大阪工業大も公立の大学なのかと思っていたら、ここは私立の大学なんですね(そういえばラグビー部の常翔啓光学園高校がここの系列か)。数年前から奈良学園大の強さに陰りが見られるようになって最近は群雄割拠の様相を呈している感があります。大阪工業大も、その波に乗って初となる全国大会の切符を掴みました(リーグ制覇自体は66年ぶりだそうです)。

対する創価大は選手権ではおなじみの大学。伝統的に投手育成力が優れている大学ですが今年の投手陣も強力です。今秋のドラフト会議で上位指名が有力視される杉山晃基投手(4年 盛岡大付属※最速154km/h)を筆頭に望月大希投手(4年 市立船橋※最速146km/h)、小孫竜二(4年 遊学館※最速150km/h)ら本格派タイプの投手を複数擁しています。昨年は初出場の宮崎産業経営大学に金星を献上する等、全国の舞台であまり奮わなくなったのが気になりますが、試合当日は投手陣が計測するスピードガンの数字に注目したいですね。


第2試合(6月10日時11時30分試合開始)
佛教大学(京滋大学野球連盟)-八戸学院大学(北東北大学野球連盟)





京滋大学野球連盟からは佛教大が5年ぶりの選手権出場となりました。注目視されているのは中山怜央投手(4年 奈良大付※最速148km/h)、福森建投手(4年 水口※最速149km/h)の二人。4年生という事もあり、選手権での好投が卒業後の進路にも影響してくると思われます。気合の入った投球を見せてくれるのではないでしょうか。

対する八戸学院大(北東北大学野球連盟)は投手育成力に定評のあるチームです。監督の正村公弘氏が高校時代の吉田輝星投手(金足農業→日本ハム)に投球動作を指導していたという話を耳にした事がある人も多いと思います。北畠栞人外野手(4年 弘前学院聖愛)、 大道温貴投手(3年 春日部共栄)、中道佑哉投手(3年 八戸学院野辺地西)らが中心選手。溜めの効いたフォームから快速球を投げ込む大道投手は来年度のドラフトで指名が有力視されている投手です。

両チーム共にプロ注目級の投手を擁しているだけに熾烈な投手戦になる事が予想されます。勝敗予想の難しい対戦カードです。







南東北大学野球連盟代表の東日本国際大学は昨春の選手権でベスト8へ進出した実力校で昨秋の明治神宮大会へも出場しています。昨春の選手権では神奈川大、京都学園大を退けており、明治神宮大会出場を賭けた東北地区代表決定戦では東北福祉大にも勝利しています。注目選手は片岡奨人中堅手(4年 札幌日大) 、佐々木大輔投手(3年 山村学園)等。

対する愛知工業大学(愛知大学野球連盟)は昨秋までは2部リーグに在籍していたチームです。1部リーグ復帰(2018年秋)と選手権出場(今季)という二つの悲願を短期間で成し遂げられたのは平井光親監督の手腕によるものも大きいと思われます。1部リーグ昇格に貢献した当時の主戦野手が抜けた影響も有り、突出した選手は居ないものの日替わりで打順を組んでも攻撃力が落ちない厚みのある選手層がこのチームの強みだと思います。リーグ戦で先発投手を務めた新村将斗投手(3年 桜丘※最速143km/h)、中村光汰投手(4年 九州国際大付属)、室田祥吾投手(1年 愛工大名電)らで形成する"3本の矢"による投手リレーが決まれば全国レベルの相手とも五分に渡り合えると思われます。又、それらの投手とバッテリーを組む尾濱徹捕手(3年 浜松商業)は守備力、リード面に優れておりチーム躍進の鍵を握る存在だと思います。

直近の状況であれば東日本国際大が優勢と思われる対戦カードです。愛工大に強みがあるとすれば平井監督の存在でしょう。東日本国際大に関する映像は出回っていますが愛工大に関する映像はほぼ存在しておらず情報も出回っていません。"平井マジック発動"の条件が揃っているような気がしてなりません。愛知の大学野球を見続けている身としては最注目カードなので明日は純粋に楽しみたいですね。


以下、参照記事
大西広樹投手(大阪商業大学)

大阪商業大は大西投手だけでは無く左腕の橋本侑樹投手(4年 大柿日大)、笹治健汰左翼手(4年 近江)もプロ注目の選手です。毎年のようにドラフト指名選手を輩出しているだけにドラフトマニアは必見のチームです。日本文理大は打の中軸にタレントが揃っています。城島健司氏の甥っ子も在籍しています。





このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード