第74回東京スポニチ大会

第74回東京スポニチ大会①

3S9A0008

3S9A0147

3S9A9950

3S9A0140

3S9A0066

3S9A0210

3S9A0089

スポニチ大会写真ギャラリー、パナソニック編。
横浜スタジアムで初めて撮影いたしましたが、この球場は色乗りが良すぎて彩度が強くなりますね。
神宮球場もそうなんですけど金網じゃなくて黒のネット(ひも状のネット)なので写真がかなり撮りやすいですね。




大学生の進路⑤

3S9A0920

3S9A0919

3S9A0918

3S9A0917


3S9A0933




御覧の通り鷹羽信貴投手(日本福祉大学)はトヨタ自動車東日本にてプレーするそうです。

ニップクの二枚看板

153km/hを本当に計測した事があるのかは不明ですが、大学時代からストレートの球速は140km/h超をマークし、スポニチ大会初日(3月11日)の登板では142km/hをマークしていました(全球のガン表示を見ていた訳では無いので最速はもっと出ていたかもしれません)。チーム事情もあってスポニチ大会は全試合で登板、主戦投手としてチームを都市対抗野球へと導くような存在になって欲しいですね。 ちなみに大学時代のチームメイトだった千代投手はジェイプロジェクト入りしたとかなんとか。




第74回東京スポニチ大会の日程と2019年度JABA公式大会日程





社会人野球は門外漢なのですが、出来る限り東海圏のドラフト候補はチェックしたいと思っております
(実際にはほとんど見れずに終わるのですが)。この大会で言うなら東海理化の立野和明投手ですね。
181cm77kgの体格から最速152km/hのストレートを繰り出す本格派でドラフト1位候補だそうです。


東海理化・立野に阪神スカウト「上位候補になる」(日刊スポーツ)






昨年の日本選手権と台湾ウインターリーグの動画を上げてくださっている方が居るのでチェックしてみましたが、低めに集めて横のスライダーで交わすようなタイプでは無く、ゾーンの四隅に散らしつつピッチトンネルを通すようなカットボール~スライダーでストライクをどんどん取りに来るタイプの投手ですね。サイドステップする際に骨盤が後傾していますので(尻が落ちている)、ドロップカーブやフォークのような球種にもトライ出来そうですし、ストレートの威力が増すようですとドラフト1位の可能性も出て来そうです。今のプロ野球にマッチするタイプだと思われますし、文句のつけようが有りません。まだ一度も投げているところを見たことが無いので、近いうちにお目にかかりたいです。

 


RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード