緒方彰一投手

入れ替え戦

3S9A7409

3S9A7858

3S9A7763

3S9A1398



ブログの書き方忘れました…。

リーグ戦、ドラフト、愛知・東海・北陸三連盟王座戦も終わり(愛知代表の名城大は初戦敗退でした)、残すところは入れ替え戦のみです。

2部3部の入れ替え戦は名古屋経済大学-愛知淑徳大学の組み合わせで、1部2部の入れ替え戦は愛知大学-愛知工業大学の組み合わせです。 3部の愛知淑徳大学の試合は2年ぐらい見ていないので2部3部の方の展開予想は不可能です。
1部2部の方の展開予想としましては、「わからない」というのが率直なところです。 春季の1部2部入れ替え戦の時は至学館大学の昇格濃厚と予想しましたが、これは見事に外れました。(至学館大学の敗因は"井村投手の疲れ"&"逆方向狙いの打撃が出来ないのを見破られて外角低めに集められての打線沈黙"だったと思っています) 昨秋の入れ替え戦も1部リーグの愛知大学が名古屋商科大学を連勝で退けていますし、なんだかんだで絶対値は1部の方が上だと思われます。

ただ、今季の愛知工業大学はチーム単位で取り組んできた質の高い打撃が機能しており(詳しくは書かないので現地で確認してください)、リーグ戦~プレーオフにかけて相手投手に完投されて負けた事が一度しかありません(星城大学戦で横手投げの左腕に封じられました)。エース・緒方投手で2勝を狙う算段だと思われる愛知大学にとっては、この点が不利に働くのではないでしょうか。仮に初戦を落とした場合、三戦目までもつれても中一日で起用されるであろう緒方投手が序盤から攻略される可能性が高いのかもしれません。又、愛知工業大学の正捕手である土居竜丸捕手は試合を経る毎にインサイドワークが冴えわたるようになり、プレーオフの愛知東邦大戦では相手の仕掛けをことごとく潰して主導権を握らせませんでした。かなり良いイメージを持って入れ替え戦に臨んでくるのではないでしょうか。

対する愛知大学は投手陣にやや不安を残しているものの、野手のタレントは揃っており、リーグ戦最下位だったにも関わらずベストナインに3名が選出されました(中村外野手、長谷部遊撃手、観音寺捕手)。捉えた時の飛距離は中央球界級の安田捕手もスタメンに名を連ねており攻撃力には期待が出来るような気がします。打ち勝つ展開に持ち込めば1部残留を果たせるのではないかと思います。昨春の入れ替え戦(東海学園大学-愛知産業大学)のような好ゲームになる事を期待したいですね。

 

4月15日、4月16日の試合結果

4月15日の1部リーグ
中部大学11-4愛知大学
名城大学9-5愛知学院大学


4月16日の1部リーグ
愛知大学3-1中部大学

3S9A3595

3S9A3640

同一カードで2勝を挙げた緒方投手の活躍等が有り、愛知大学が勝ち点を得ました。緒方投手はスタミナを起因とした完投能力に課題を残しますが、球種は豊富で実戦力の高い投手です。ギアを上げた際に抜け気味になるストレートの制球を磨けば一段上の投手へと成長できるような気がします。左半身の反作用をより生かす意識を持つと力みが消えてストレートに抑えが効くのかもしれません。ゼロポジションのフェーズを見る限りは上体が一塁側に逸れておらず、制球が破綻しにくいタイプだと思われます。愛知を代表するような本格派右腕へと成長を遂げてくれる事に期待しております。
 



第18回東海社会人・愛知大学野球対抗戦

3S9A0537
緒方彰一投手(愛知大学)

3S9A0142
片塩響介投手(中部大学)

 
という感じでした。所感は後日。


オープニングゲーム

3S9A1782

愛工大Gへ行くつもりでしたが天候不良の為に2部リーグは順延という事で瑞穂へ行ってきました。緒方投手を目当て(?)にNPBのスカウト陣が大勢スタンドに姿を見せておりました。敗戦投手になったものの持ち味は割と出せていたのでは無いでしょうか。ストレートが荒れていても変化球でカウントを整えられる事が緒方投手の強みだと思います。又、左打者の内角への攻め方が上手いのでクロスの対になる変化球(シュート系チェンジアップ系)を習得すると対左打者ではかなり優位なピッチングができるようになるのかもしれません。投球動作面で言うとステップで脚が捕手方向へ伸びてくるようになると文句のつけどころが無くなる感じがしますが、そんなに全てが完璧なピッチャーなんて普通はいませんからね。勝手な事を言うのは簡単・・(苦笑)

中京大学-愛知大学(2017-04-08)←カメラとPCを変えた事もあって仕上げ方で迷走中。色が出ない。

緒方彰一投手(愛知大学 1年)

732A4379

732A4593

732A2916

732A2917

732A3101

732A4735


今年度の1年生世代はここ数年の愛知では一番人材の層が厚く、恐らく黄金世代なのでは無いかと思われるのですが、その中でも一際存在感を放っているのが愛知大学の1年生右腕・緒方彰一投手(静清高校卒)。MAX145lm/h超で、肉付きの良い体格という事もあり、荒削りなパワーピッチャーなのかと思っていましたが、実際のところは制球力で試合を作っていく感じの投手のように見えました。1年生の秋からエース格に抜擢され、1部リーグ復帰の立役者になったという事もあり、マウンド度胸は抜群。愛知の速球派右腕というと栗林良吏投手の名が一番に挙がってきますが、それに次ぐような存在になっていくのではないでしょうか。(ボールバック時にプレートの一塁側で行われる"謎の垂直跳びのルーティーン"がこの投手の目印です)

このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ