至学館大学

井村勇介投手(至学館大学)

3S9A0108
井村勇介投手(至学館大学)
高蔵寺高校卒 172cm67kg

高校時代はチームを夏の県大会ベスト8へ導いた三刀流選手(投手・遊撃手・三塁手)として、その名を轟かせていました。(※2年生時には投手として関根大気とも対戦)在籍する至学館大学では入学直後から主戦投手としての活躍見せ、当時のドラフト候補生・夏目旭投手(現ジェイプロジェクト)を差し置いてまでエース格を任されていた時期もあった程で、チームからの厚い信頼を勝ち得ています。高校時代は制球力に優れる技巧派投手でしたが大学3年生となった現在は技巧派と本格派の両面を併せ持つ、総合力の高い投手へと変貌を遂げました。(最速143km/h前後)先発投手としては幅のある投球で試合を作り(序盤は球種を温存するタイプ)、リリーフ投手としては厚みのあるストレートと切れ味鋭い変化球(恐らくスラッター系、チェンジアップ系)で空振りを量産する"絶対的なクローザー"としての役割を果たします。腕の位置はやや横手のスリークォーターですがマウンドプレートの一塁側を踏んでいる為、ストライクゾーンの中へと球を収めやすく、トップを早く作っている事からしても、制球に対して強い意識を持っている投手だと思われます。それらの取り組みがピッチングワークにも活かされており、ランナーを背負った場面では併殺狙いの投球に切り替えて、きっちり仕留めて来ます。ここまで読めばお気づきだと思われますが、プレースタイルの全てにクレバーな下地を感じさせる投手であり、それらの要素を踏まえると"菅野智之投手(読売巨人軍)のコンパクト版"という印象を受けます。

---------------------------

この選手のここを見ろ→『出所を隠す三重構造のメカニクス』

ストライクカウントを取りやすい工夫をしている事は上記した通りですがメカニクスの細かい部分に目を向けると、その"野球脳"の高さを窺い知る事が出来ます。

732A0201

3S9A0017

3S9A1162

まず目につくのが三塁方向へ突き出した左腕の使い方で、これによって打者との正対を避け、左肩の開きを押さえる事が出来ます。又、トップを作るのがかなり早い為、左足の接地反力を利用した"高速リリース"へと繋げやすく、球の出所が視認されにくくなります。(※ボクサーで言うフリッカージャブの理屈)更には"頚反射"の作用(※顔を一塁方向へ振る事で上体の動きを引っ張る作用)も取り入れており、これら全ての動きが連動すると三重構造による『出所を隠すメカニクス』が実現し、"いきなり飛んでくる球"への対応を迫られる打者はバットを出すタイミングを失います。意識的な取り組みなのか自然と辿り着いたのかは不明ですが打者に組みにくい印象を与えていることは間違いないところです。

---------------------------


3S9A0230

一説によると大学進学時は1部リーグの強豪校へ進む選択肢もあったそうです。輩出している人材の質は中央球界に勝るとも劣らない愛知の2部リーグですが、その道を自ら進んで選択する選手はまだそんなに多くはありません。出場機会を貪欲に求め、期待値を超える活躍を見せ始めた辺りからしても『東海クオリティ』の新星と言えるのではないでしょうか。見る度にピッチングの質が向上している投手で大学入学後のアップデート力で言えば栗林良吏投手(名城大)を凌いでいる印象すら受けます。今後の課題を挙げるとすれば"球数を減らしてテンポで圧倒する事"でしょうか。最終学年での更なる進化を経て、上のステージ(社会人野球・NPB)への扉をこじ開けられるのか?新シーズンでの登板試合が非常に待ち遠しいです。




高蔵寺の星

732A0201

732A0276

732A0281

732A0208
井村勇介投手(至学館大 3年)
今季はまだ一度も至学館大の試合を観に行ってないので(至学館大Gは駅から遠すぎて余程の事が無いと行けない)昨年度のカットで恐縮ですが、 1、2部含む愛知の大学生投手の中では屈指のピッチングフォームなのではないでしょうか。この点に関しては右の井村、左の木原(東海学園大)だと個人的には思っています。 打者との正対を避けつつコンパクトに腕を引き上げ、素早くトップを作っているのですが、トップを作る速さが尋常じゃなくて左足が着地する前に腕が完全に引きあがっています。 プロの投手で言うと岡田俊哉(中日)がこのぐらいの速さでトップを作っているんですけど、制球力と連動性に優れ、球速以上に差し込む効果のある機能的なフォームと言えるのではないでしょうか。 入学当初から登板機会に恵まれていた投手ですが今年は更に良くなっているという話なので、近いうちに登板している姿を見にいきたいなと思っています。 高校時代は遊撃手、三塁手を兼任していたのですが打者としての素質も素晴らしく井端弘和のようなしぶとい打撃を見せていました。センスの高さに加えて技術を習得する向上心も持ち合わせている投手なので社会人野球なんかにフィットしそうな気がします。 本人が望めば1部リーグの大学で野球を継続する選択肢もあったのでは無いかと思われますが、2部リーグの大学を選んだことは間違いでは無かったはずです。今季は最終戦の結果次第ではプレーオフ進出の可能性も残しています。 久保田淳希投手(同朋大)との投げ合い予想で好ゲームになる事は必至です。どんな結果になるのか楽しみですね。

陽光を浴びて

732A0135

半袖王子※仮題

732A0066

732A9912


732A0139

732A0183

732A0071

732A0021

732A0189

732A9946

愛知2部ビッグスリーの一角、夏目旭投手をシーズン最終週にもう一度見ることができました。
愛知学院大を相手に7回途中までで1失点の内容。
今永昇太の投球フォームからバネと柔軟性を引いて重量感を足したような感じの本格派左腕で、
繊細な部分があるのか試合中にフォームの一部を変えて投げている事があるような気がします。
最速140km/h強のストレートに加えて、武田翔太や森唯斗が武器としている真っスラ系統の球も操るようです。
なんとなく今季はベストコンディションでないようにも見えますが、
将来性の高い投手なので来季そして、それ以降の活躍にも期待したいですね。

OPENING GAME

732A3172

732A3360れ


732A3516

732A3416


C73A3460


732A3333


732A364わ

732A3363


いやー凄かった。愛知2部リーグの真髄を見た一日でした。
何から書けば良いのかわからないぐらい内容が濃かったのですが、
とりあえずBIG3という括りは止めてBIG5にした方が良いんじゃないですかね?
そのぐらい眞野投手(名古屋経済大学)と小林投手(愛知東邦大)が素晴らしかった。

しかし、この日一番のディープインパクトは中尾投手(名古屋経済大)でしょう。
リリーフで8回途中からマウンドに上がりましたが、「え!?誰??」と思うぐらいに別人の体格になっていました。
細身の体から捻り出すように全力投球していたかつての姿は消え、
ボアアップに成功したがっしりとした体格から常時140km/h超のストレートを連発。
スピンの効いた重量感あるストレートはリリースと同時にミットを叩くえげつないスピードでした。
この日登場したドラフト候補の4投手は全員140km/h超をマーク。
その中でも中尾投手のストレートは球速以上のキレを感じるものでまさしく別格と言った感じを受けました。
恐らく明日の先発マウンドを任されると思うので、一試合を通じてどのぐらいのパフォーマンスを見せるのか注目したいと思います。
ドラフト1、2位で消えるレベルの投手は居ないものの、これだけ逸材が分布してる2部というのもこれまでに無かった気がします。
のっけから激戦の様相を呈しており今後の行方が楽しみなところです。

ビーアイジースリー

C73A7592

C73A7621


C73A8253


C73A8481


C73A7683


C73A8218


C73A8702


C73A7682


C73A8464


3月8日付の中日スポーツ紙面に愛知2部のドラフト候補ビッグ3としてデカデカと掲載されていましたね。
でも、これって元はと言えば野球太郎(カルト系野球雑誌)で紹介された3人ですよね。あの雑誌も業界内での影響力がかなり強くなってきたな…

以前にそれぞれの投手について書いた事がありますが補足ついでにまとめを。

近藤凌太投手(愛知工業大学)
187cm87kgの本格派右腕。MAX150km/h。
長身から角度のあるストレートを繰り出すパワーピッチャー。
リリースの打点が高い割には頭の上下動が少なく、投げ終わりに一塁方向へ体を流す感じのフォームで、
一連の投球動作は岩隈久志や前田健太に似ています。もう少し横回転が強いフォームになったら
現在のNPBで成功している190cm級の投手達(武田翔太等)に近い投げ方になるような気がします。
まとまっている時は寄せ付けないピッチングをする反面、崩れると制御不能に陥るような危うさを内包するタイプですが、
球の力は文句無しでパワー系のストレートと言う事なら愛知の大学生では七原優介投手以来の存在でしょう。

夏目旭投手(至学館大学)
183cm84kgの本格派左腕。MAX144km/h。
制球難でブレイクが遅れたという事もあってか、全体的に動きを押さえた投球フォームで、
グラブを大きく突き出さない右腕の動きや、頭の上下動を抑えようとするフィニッシュの仕方等に工夫が見えます。
投球全般としては齋藤弘志投手(中部学院大学→日本新薬)に近い感じですが、
試合の中で速球主体の時間帯と変化球主体の時間帯とを使い分けられる投球幅が最大の持ち味です。
何か一つ絶対的な球種をマスターすれば一気に評価が上がるのかも。

中尾輝投手(名古屋経済大学)
179cm79kgの本格派左腕。MAX147km/h。
スラリと長く伸びた脚を上手く使って豪快に投げ込む投球フォームは往年の川口和久を彷彿させるものがあります。
頭の上下動が激しい投げ方な為か帽子が宙に舞う事がしばしばあり、そのシーンがトレードマークと化しています。
強い腕の振りから繰り出すストレートの威力はシーズン毎に増していくので、最終学年でのパフォーマンスが非常に楽しみな存在です。
上の世界でも通用する変化球をマスターできるかどうかが最終学年の課題になりそうです。
(この3投手の中では一番注目度が高いような感じを受けますね。)

…というような主観ですが、これらの投手が気になるという方は現地へ行ってご自分の目で確認してください。
(今春は2部リーグが熱い!、と言っても部外者の観客なんてせいぜい10人前後でしょうね今年も)

この3人以外にも1部昇格、そしてNPB入りを目指している投手は当然いる訳で、
中日スポーツ紙面に自分の名前が挙がっていないことに反骨心が芽生えているのではないかと思います。
それに加えて、1部から降格してきた大型戦力の愛知学院大にとっても逆襲のシーズンになります。

と言うことで、チームの1部昇格と自身のプロ入りをかけた熱戦が各地で繰り広げられる事になるでしょう。
何時にも増して球春の到来が待ち遠しく思えます。

夏目旭投手(至学館大学)

C73A7623

C73A7669

C73A7656


昨年度から存在を知っていた投手ですが、しばらく姿を見なかったのでどうしているのだろう?と思っていたら今秋復活。
本格派左腕として急成長を見せ、ドラフト候補生として名前が上がるまでになりました。
最速144km/hのクロスファイアを主体としてスライダー、カーブ、チェンジアップ等を操り、緩急も使ってきます。
今季リーグ戦で愛工大と対戦した際(9月19日)にはストレートに的を絞られ
序盤に試合を決められる形の4失点を喫して敗戦投手となりましたが、
指にかかった時のストレートの軌道は「濱田達郎、高2秋」を彷彿させます。
若干合わせやすくなる時があるのかもしれませんが、
重心移動時の腰の落とし込みや右脚の着地までの粘りはまずまずで変化球を腕だけで投げていると言った感じはありません。
又、左足の甲をしっかり押さえつけており、深いストライドと相まって、球に抑えを効かせることができています。

そのような感じで力がある投手なのは間違いのないところなので、
来年度の愛知2部リーグを沸かせてくれる存在になるでしょう。
 勝手に「共和のライジングサン」と命名していたのですが、「アサヒ」では無く「アキラ」と読むみたいですね。

愛知産業大学-至学館大学@愛産大グラウンド(4/26)

あまり良い写真がありませんが、せっかくなので。
選手名を間違えていないか心配ですが・・

愛産大ナイン

櫻本尚大投手(2年 愛産大工)
以下2枚
732A9706

732A9702

杉谷啓介内野手(1年 愛知黎明)
昨夏の高校野球愛知県大会で打率.600をマークした好打者。
以下3枚
732A9792

732A9797

732A9801

児島諒太投手(2年 海星)であってるはず
以下2枚
732A9762

732A9760


至学館大ナイン

村田進悟投手(2年 小坂井)であってるはず
732A9687

白井勇佑投手(2年 新城東)であってるはず
732A9712

小関康之捕手(3年 至学館)
甲子園に出てる選手です。
以下2枚
732A9720

732A9714

荒浪和弥外野手(1年 至学館)
至学館高校でクリンアップを打っていた選手。
以下2枚
732A9724

732A9740

岡大樹二塁手(3年 至学館)
これまた甲子園に出ていた選手。
以下2枚
732A9754

732A9757

このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ