豊橋工業高校

豊橋工業高校野球部

豊橋工業 ついに夢の舞台 ( 東日新聞)

森奎真投手
732A0779


732A0972
ストライド幅が狭く、縦回転を意識したような投球フォーム。
球威や切れで押し切るタイプではなく、飯塚悟史(日本文理→DeNA)のようなピッチングワークで抑える投手。
試合中の修正力にも長けています。

攻守共に中心選手はバッテリーの二人。
中軸を務めるのは森投手と彦坂捕手。
732A0992

彦坂拓真捕手
東邦戦でもホームランを記録した強打者。
732A0993

732A0966

732A9505

不安視されている二番手以降の投手ですが、
球に力があるタイプの榎本外野手兼投手とキレ系の江川遊撃手兼投手が控えており、それなりに充実したラインナップです。
個人的な感覚では関、工藤、桜本を揃えていた頃の愛産大工に近いぐらいの駒は揃っている気がします。
ただ、秋から冬にかけてはあまり実戦経験を積めないので、夏にこそ真価を発揮するのではと見ており
選抜で全国レベルの相手にとなると、なんとも言い難いところではあります。

名電の中軸打者を相手に力でねじ伏せるシーンもあり、今後の可能性を感じさせた榎本将吾外野手兼投手。
732A9492

切れのあるストレートと変化球を操る江川清太郎遊撃手兼投手
732A9684

以前の記事でも触れましたが、打席に入った直後に全ての打者が胸元を掴む謎の仕草を見せます。
PL学園みたいにお守りでも入れているのでしょうかね。
732A0932

公式戦で東邦高校を二度追い詰めたことで有名になったチームですが、
事情があったとは言え、秋季県大会でも愛工大名電にコールド負けを喫しており、
格上と言えるチームを下した経験が無いというところがひっかかります。
投手力と機動力に加えたプラスアルファの武器が必要になってくるかもしれませんね。
晴れの舞台で一皮剥けた豊橋工業ナインの姿を見れる事に期待したいです。

732A1061

礼儀作法が徹底されている事が話題に上がることの多いチームでもあり、グラウンドキーパーの方々にナイン全員でお礼を言うところや、
Twitter上で選手同士が「○○投手」「○○捕手」と呼び合っているところなんかは豊橋工業独特の文化のような気がします。
21世紀枠に選考された理由はいくつかあるとは思いますが、そういった取り組みが評価された部分もあるでしょう。
チームスタッフの教育方針に特色があった事が良い方向に作用したのは間違いないと思われます。

732A9732

ややマニアックな視点として、シートノック時のキャッチャーフライは見所の一つとして有名です。
林監督のキャッチャーフライはプロの2軍コーチよりも断然上手いので甲子園でもスタンドの観衆を沸かせるのでは。

豊橋工業高校-栄徳高校(9/14)

9/14 豊田球場

森奎真投手(2年)
プロ5球団のスカウトを集結させた逸材です。
732A0785

732A0853

鈴木統偉右翼手(1年)
732A1022

732A1023

村上滉一捕手(2年)
732A1028

732A1043

江川清太郎遊撃手(2年)
732A0986

732A0989

彦坂拓馬捕手(2年)
732A0996
この胸元を握るしぐさ、PL学園みたいな感じのやつでしょうか。

今夏、県準Vの栄徳と、東邦を春夏と二度苦しめたことで一躍有名になった豊橋工業による一戦。
豊橋工業はエースの森投手が立ち上がりに捉えられて先制を許したものの、
以降の回ではきっちり修正し、丁寧な投球で栄徳打線を散発に封じました。
故障中という事でストレート、変化球共に絶対的なものは無かったのですが、
要所で見せたストレートは切れ味がありました。腕のしなりと落ち着いた投球の組立てに非凡なものを感じます。

一方の栄徳は投手陣が乱調。
徹底的に走ってくる豊橋工業の仕掛けを止められない苦しい展開で主導権を握られ続けました。
この敗戦で春の選抜への出場は絶たれましたが、来年度の躍動に期待します。

この試合の画像まとめ→豊橋工業高校-栄徳高校(9/14)google+
豊田球場はフレアとホワイトピクセルが出るので編集が大変。
キリがないから何枚かしか修正してないけど。

秋季愛知県大会準決勝@小牧球場(9/21)

誉と愛工大名電が東海大会進出を決めました。

誉・内田大貴投手
東邦を完封しているだけに素晴らしいピッチングでした。
その投球内容について具体的に書きたいんですけど東海大会が終わってからにしておきます。
とりあえず見事な投球術で、これを見れただけでも小牧へ行った甲斐があったなと思いました。
732A9428

愛工大名電・櫻木健次郎投手
二番手投手ですが、エース級の投球内容で豊橋工業打線を2安打に封じました。
732A9485

力で押すアバウトなタイプに見えるフォームですが中身のある投球を見せました。
732A9626

23日に行われる3位決定戦で東海大会へ進出する3校が出揃います。
次回の選抜高校野球にも愛知から出場できるように頑張ってきて欲しいですね。

今日の写真をまとめました→「秋季愛知県大会準決勝@小牧球場(9/21)
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ