近藤凌太投手

プロ志望届提出選手(愛知大学野球連盟)

C73A9824
中尾輝投手(名古屋経済大学)
MAX151km/h。いまだ底を見せない本格派左腕。コーナーワーク主体ですがカーブ、スプリット系の習得にも意欲的に取り組む。
先発としては二桁勝利、セットアッパーとしては勝利の方程式入りが見込める大物。 

732A9400
眞野聖也投手(名古屋経済大学)
溜めのあるモーションから角度のあるストレートと曲がり落ちるスライダーを繰り出す本格派。


732A9592
小林弘郁投手(愛知東邦大学)
抑えの効いた快速球をコーナーに投げ分けるサウスポー。
メンタル面の振れ方に課題を残すも好調時は攻撃的なテンポで相手打線を自分の土俵に引きずり上げる。

C73A7577
近藤凌太投手(愛知工業大学)
縦回転のカーブを操る武田翔太に瓜二つの本格派右腕。
球のパワー、スピードは名経大・中尾投手と肩を並べる。MAX150km/h。 


732A4980
田中優佑投手(名古屋商科大学)
ムチのようにしなる長いリーチから繰り出す快速球で三振を奪う本格派右腕。
縦振りの長所を生かした逆クロスへの制球力が高く、右打者のインコース胸元を突く。
独立リーグ入りという事なら安江嘉純(愛知学泉大→金沢ミリオンスターズ)クラスの活躍も見込める存在。


732A2297
西川拓馬投手(愛知大学)
大府高校時代からプロにマークされていた本格派寄りの右腕。
 

732A0061
安藤優作外野手(愛知大学)
追い込まれてからのノーステップ打法を取り入れる等、意欲的な打撃スタイルに取り組むスラッガー。
今季リーグ戦では盗塁王争いに加わり俊足ぶりをアピール。
 

732A0004
中島佑斗投手(愛知学泉大学)
筒香嘉智を意識した打撃スタイルの見極め系スラッガー。上の世界では投手に再転向という噂。

独立リーグ(BCリーグ)入り有力。 

732A9990
伊藤弘夢外野手(愛知学泉大学)
昨秋の3部リーグ優勝決定戦では試合を決めるスリーランをかっ飛ばし、号泣しながらダイヤモンドを一周した姿が印象的でした。
今季の愛知大学戦(二戦目)では3打点をマークし勝利に貢献。横浜高校出身。

732A8724
山口隆投手(東海学園大学)
僚友、竹中大智と共に二枚看板を形成していた事もある技巧派サイドスロー。独立リーグ志望。

C73A9965
大藏彰人投手(愛知学院大学)
困難を乗り越えて今秋復活。全国大会での登板経験もある長身右腕。
打者の胸元へ緩い変化球を果敢に投げ込む度胸満点の投球を見せることも。

後藤庸輔投手(名古屋経済大)の登板試合も観戦した事があるのですが不覚にも写真を撮り忘れていました。独立リーグ(BCリーグ)志望との事です。

直接対決

732A5227

732A5292


732A5259


732A5654


732A5295


732A5296


732A5656


732A5651


732A5753


732A5873


732A5506


732A5505


732A5522


732A5233


732A5524

732A5468

732A5231


732A5177


序盤の山場とも言える対戦カードの2戦目。前日に敗戦した愛工大は一ヶ月ぶりの実戦となる近藤凌太が緊急登板。対する名経大はローテーション通りに中尾輝が先発登板となり、「愛知2部リーグのBIG3」同士の対決が実現。 話題のドラフト候補生同士の対決という事もあり、愛工大グラウンドのスタンドにはNPB8球団のスカウトが集結。中でもソフトバンクは3人体制、日本ハムは木田GM補佐が自ら出向く等、プロ側からの注目度の高さを伺わせる一戦となった。

結果としては3-1で愛工大が勝利。愛工大先発の近藤は5回を投げ被安打3失点1奪三振5という内容で勝利投手に。最速146km/hを計測したストレートと曲がりの小さい縦の変化球とのコンビネーションで4者連続三振を奪うシーンもあった。降板直前に制球を乱しかけたが、久々の実戦登板という事を考慮すれば上々の出来だったと言える内容。開幕週に中尾が最速148km/hをマークした事が耳に入っていたからなのか、はたまた1部昇格の為にも絶対負けられない一戦だったからなのか、かなり気合が入っていたような感じを受けた。 惜しくも敗戦投手となった名経大先発の中尾は9回を投げ切り、被安打6失点3奪三振11という内容。ギアを上げながら投球幅を広げていく試合の作り方である為、序盤を凌ぎきれるかどうかが焦点だったが結果としては3回に許した3失点が響いた形となった。他のイニングでは概ね隙の無い投球を見せただけに残りのリーグ戦での登板においてもギアの使い方が大きなウエイトを締めてくるように思われる。また、敗戦投手にこそなったが見方によっては前週の星城大戦以上と言えるような内容で、シーズン前に懸念されていた変化球の質や制球面での不安を払拭するような、幅のある投球を見せた。ストレート主体ではあるものの変化球で三振を奪うシーンもいくつかあり、トップギアの状態でも抜け球がほとんど無く決め球のほとんどがコースに決まる事を考えると、上の世界に進んでも早い段階から台頭してくるのではなかろうか。


単にドラフト候補生対決というだけで無く共に1部昇格を現実的なところで争う立場の両校。伝統校としての意地を見せた愛工大、敗れたものの1部昇格への可能性を感じさせられる名経大、共にリーグ成績を3勝1敗とし残りのリーグ戦に臨む。首位の東海学園大を含めて3強の構図になりつつあるが、今後の行方が全く読めない。果たしてどのチームがプレーオフへ進出できるのか、残り6戦から目が離せない。

ビーアイジースリー

C73A7592

C73A7621


C73A8253


C73A8481


C73A7683


C73A8218


C73A8702


C73A7682


C73A8464


3月8日付の中日スポーツ紙面に愛知2部のドラフト候補ビッグ3としてデカデカと掲載されていましたね。
でも、これって元はと言えば野球太郎(カルト系野球雑誌)で紹介された3人ですよね。あの雑誌も業界内での影響力がかなり強くなってきたな…

以前にそれぞれの投手について書いた事がありますが補足ついでにまとめを。

近藤凌太投手(愛知工業大学)
187cm87kgの本格派右腕。MAX150km/h。
長身から角度のあるストレートを繰り出すパワーピッチャー。
リリースの打点が高い割には頭の上下動が少なく、投げ終わりに一塁方向へ体を流す感じのフォームで、
一連の投球動作は岩隈久志や前田健太に似ています。もう少し横回転が強いフォームになったら
現在のNPBで成功している190cm級の投手達(武田翔太等)に近い投げ方になるような気がします。
まとまっている時は寄せ付けないピッチングをする反面、崩れると制御不能に陥るような危うさを内包するタイプですが、
球の力は文句無しでパワー系のストレートと言う事なら愛知の大学生では七原優介投手以来の存在でしょう。

夏目旭投手(至学館大学)
183cm84kgの本格派左腕。MAX144km/h。
制球難でブレイクが遅れたという事もあってか、全体的に動きを押さえた投球フォームで、
グラブを大きく突き出さない右腕の動きや、頭の上下動を抑えようとするフィニッシュの仕方等に工夫が見えます。
投球全般としては齋藤弘志投手(中部学院大学→日本新薬)に近い感じですが、
試合の中で速球主体の時間帯と変化球主体の時間帯とを使い分けられる投球幅が最大の持ち味です。
何か一つ絶対的な球種をマスターすれば一気に評価が上がるのかも。

中尾輝投手(名古屋経済大学)
179cm79kgの本格派左腕。MAX147km/h。
スラリと長く伸びた脚を上手く使って豪快に投げ込む投球フォームは往年の川口和久を彷彿させるものがあります。
頭の上下動が激しい投げ方な為か帽子が宙に舞う事がしばしばあり、そのシーンがトレードマークと化しています。
強い腕の振りから繰り出すストレートの威力はシーズン毎に増していくので、最終学年でのパフォーマンスが非常に楽しみな存在です。
上の世界でも通用する変化球をマスターできるかどうかが最終学年の課題になりそうです。
(この3投手の中では一番注目度が高いような感じを受けますね。)

…というような主観ですが、これらの投手が気になるという方は現地へ行ってご自分の目で確認してください。
(今春は2部リーグが熱い!、と言っても部外者の観客なんてせいぜい10人前後でしょうね今年も)

この3人以外にも1部昇格、そしてNPB入りを目指している投手は当然いる訳で、
中日スポーツ紙面に自分の名前が挙がっていないことに反骨心が芽生えているのではないかと思います。
それに加えて、1部から降格してきた大型戦力の愛知学院大にとっても逆襲のシーズンになります。

と言うことで、チームの1部昇格と自身のプロ入りをかけた熱戦が各地で繰り広げられる事になるでしょう。
何時にも増して球春の到来が待ち遠しく思えます。

近藤凌太投手(愛知工業大学)

C73A7617

C73A8483


今秋のリーグ戦からエース格として急浮上し、ドラフト候補としても名前が上がるまでになりました。
187cmの長身から角度のあるストレートを繰り出すパワーピッチャー。
頭の上下動が少なくリリース時に右足をプレートに残せていますが、
フォームの重心は高く、グラブの胸への押し付けはやや甘め。
(最近気づいたのですが前田健太に割と似たフォームかも)
バラついて見切られると一人相撲、球威で押せてる時は難攻不落、と言った感じの投手です。

好調時のストレートには目を見張るようなものがあり、
同じく今秋に急浮上してきた至学館大のドラフト候補・夏目投手との投げ合いを制すなど、
時折、手がつけられないようなピッチングを見せます。
角度と重量感のあるストレートの球質は1部リーグのピッチャーをも凌ぐレベルで、
球威、平均球速は愛知の大学生投手の中ではナンバーワンかもしれません。
夏目(至学館大)中尾(名古屋経済大)ら2部他校のドラフト候補共々、最終学年でのピッチングを楽しみにしたいです。

このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ