黒野諒太郎選手

slugger

732A4983

732A4985

732A4988

春季入れ替え戦前夜

3S9A0986

732A0908

3S9A6695

3S9A1977

3S9A0440

3S9A0460
今季は1部も2部も大体一通り見れましたが、個でインパクトが強かったのが木原(東海学園大)と濱元(愛産大)の二人。 奇しくもこの二人が1部昇格と残留を賭けて対決する事になりました。 東学の二枚看板、木下投手と木原投手は今をときめく則本昂大を彷彿させるピッチングフォームの右腕と左腕。 本家の則本同様、制球力とスピード能力に優れています。 また、打者ではトップバッターのリードオフマン、松田内野手の打撃に本格化の兆候が見られ、リーグ戦ではマルチや猛打賞を当たり前のように記録し手が付けられない状態でした。 対する愛産大は打力に優れ、3番黒野外野手と4番濱元内野手の二人で計9本塁打を放ちました。 打力に優れる反面、投手層と守備面に不安を抱えています。 絶対値の差がそれほど無いのであれば、東学に分がある対戦カードなのかな…という気はしますが、結局のところはやってみないとわからないです。東学としては両先発が終盤まで持ちこたえて試合を作れるかどうかがキーポイントになるのでは。 どのような結果になるにせよ、好ゲームになる事に期待したいです。

入れ替え戦第1ラウンド

732A5693

732A5763

732A5834


732A5724


732A5863


C73A3347


概ね、思っていたような内容になりましたが、やっぱり入れ替え戦は残酷ですね。

1年の秋にして四番へ抜擢されて、ここで満塁弾を打てる黒野君は凄い。
その後の打席は不発に終わりましたが、この一発が最大最強のインパクトだったのは間違いないところ。
全体的な野球の質は愛知学院大の方が上に見えましたし、
思ってたいたよりも1部と2部との差を感じた内容でしたが、
文句無しに勝利したのは愛産大です。
愛知学院大は苦しくなりましたが、愛産大も大黒柱の古田投手が9回7失点の内容と、
3戦目までもつれた場合の展開に若干の不安を残しました。
正攻法で打ち崩す愛産大と幅のある攻めで加点していく愛知学院大という図式に見えましたが、
チーム状態の良し悪しが結果に反映されやすい状況になっている感がありますね。

明日以降の試合を観戦する予定は無いのですが、
直で結末を見るのはちょっときついなぁ、という感じもあり、
惜しいと思う気持ちと半々です。
盟主・愛知学院の2部転落、なんて事になったら悲しいなぁ。
2部が面白くなると言えばそうなんですけども。

黒野諒太郎外野手(愛知産業大学)

732A7888

732A5245

C73A8747


高校通算53本塁打のスラッガーで、1年生の秋にして早くも四番に抜擢される程の逸材。
グリップに指がかかるぐらい長めに持つバットが強打者としての自信の表れ。
ヘッドスピードの速さとインパクト音の強さに非凡なものを感じます。
秋季リーグ戦では打率3割超、11打点という事で、今後が楽しみな存在。
(1年 吉良)
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ